フォト

おすすめ本

  • ここまでわかった新型コロナ
  • 天皇家百五十年の戦い
  • 2021年世界の真実
  • 天皇の国史

« 無限責任論 | トップページ | 日韓「徴用工合意」へ検討着手 »

2019年10月27日 (日)

事実を無視する国

『李洛淵(イ・ナギョン)首相は24日、安倍晋三総理との会談で
「日本のように韓国も1965年、韓日基本関係条約と請求権協定を尊重して
遵守してきたし今後もそのようにするだろう」と言った。
韓国政府が「韓国は請求権協定を守ってきた」と発言したのは異例で、
イ総理は日本の主張をひっくり返そうとする「意図」を発言に込めたという。
イ総理の日本訪問日程を終え帰国した趙世暎(チョ・セヨン)外交部
第1次官は25日、CBSラジオ「キム・ヒョンジョンのニュースショー」
に出演して「日本が『韓国は約束を守らない国』というメッセージを発信して
フレームを形成してきた面があるが、そのフレームを絶たねばならない、
と考えた。『私たちが約束を守らないことはない』ことを強調しようとした」
とイ総理発言の背景を説明した。(後略)』
(韓国時事ニュース 2019年10月27日)
http://gensen2ch.com/archives/80500396.html

この記事を読めば、韓国の日本に対する
対話姿勢がよく分かる。

今回、「韓国は請求権協定を守ってきた」
と主張しているのは、
日本が「韓国は約束を守らない国」
という事実を指摘したからなのだ。

「慰安婦合意」でも、「日韓請求権協定」でも、
韓国が国際的な約束を一切守らないと
証拠を示して発信したことで、
それをひっくり返すために、お得意の嘘を
吐いているだけなのである。

後は「嘘も100回言えば真実になる」
とでもいうように、
強引に嘘を吐き通そうとするだろう。

そして、お得意のロビー活動で、
マネートラップやハニートラップを駆使して、
諸外国を味方に付け、
日本にプレッシャーをかける。

だから、彼らとの話し合いでは、
日本が嘘を飲み込む以外に
合意に至ることはない。

彼の国には
「嘘もうまくつけば稲田千坪にもまさる」
という諺があるそうだが、
彼らにとって嘘は罪悪ではなく、
都合の良い武器なのである。

話し合いの成立する
相手ではないのだ。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« 無限責任論 | トップページ | 日韓「徴用工合意」へ検討着手 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無限責任論 | トップページ | 日韓「徴用工合意」へ検討着手 »