フォト

おすすめ本

  • 新聞という病
  • この命、義に捧ぐ
  • 米中新冷戦の正体

« 国の防災対策を否定する日経 | トップページ | 国民の命と暮らしを守る政治 »

2019年10月15日 (火)

目黒女児虐待死懲役13年

『東京都目黒区で昨年3月、船戸結愛(ゆあ)ちゃん=当時(5)=
を虐待して死なせたとして、保護責任者遺棄致死などの罪に問われた
父親の雄大被告(34)の裁判員裁判の判決公判が15日、
東京地裁で開かれた。
守下実裁判長は懲役13年(求刑懲役18年)を言い渡した。(後略)』
(THE SANKEI NEWS 2019.10.15 15:13)
https://www.sankei.com/affairs/news/191015/afr1910150052-n1.html

家庭という保護されるべき場所で長期にわたる虐待を受け、
苦しみ、絶望しながら死んでいった結愛ちゃんを思えば、
懲役13年はあまりに軽い。

夫からのDVにより従わざるを得なかった
母親の優里被告の懲役8年と比較しても
バランスのとれた判決とは言えないだろう。

そもそも、なぜこの犯罪が殺人ではなく
「保護責任者遺棄致死」なのか?

「保護責任者遺棄致死」とは、保護する責任のある者が
対象者を遺棄し、又はその生存に必要な保護をしないで、
死に至らしめることであろうが、この犯人は「遺棄」した
だけではなく、長期間にわたり虐待・拷問しているのだ。

虐待を続ければ痩せ細った5歳の子供が
死んでしまうことは分かっており、
その上で虐待を続けたのだから、
なぜこれが拷問殺人にならないのだろう?

ナイフを胸に突き立て、一瞬にして殺害するのと、
虐待を続けて苦しみののちに絶命させるのと、
後者の方がはるかに残虐だと思うのだが…。

この国の法律は、常に加害者にやさしい。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« 国の防災対策を否定する日経 | トップページ | 国民の命と暮らしを守る政治 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国の防災対策を否定する日経 | トップページ | 国民の命と暮らしを守る政治 »