フォト

おすすめ本

  • 月刊Will1月号
  • 月刊hanada1月号
  • 月刊正論1月号
  • ここまでわかった新型コロナ
  • 天皇家百五十年の戦い
  • 2021年世界の真実
  • 天皇の国史

« 「不自由展」開会時の内容で再開 | トップページ | 中核派拠点で飛翔弾発見 »

2019年10月 1日 (火)

WTO日本勝訴、韓国認めず

『世界貿易機関(WTO)の紛争処理機関(DSB)は
30日の会合で、日本から輸入されたバルブに韓国が課した
反ダンピング(不当廉売)関税はWTO協定違反と認めた
上級委員会の判断を採択し、日本の勝訴が確定する。
日韓は今後、是正措置を巡り協議する予定だ。
ただ韓国は10日に上級委判断が示された後、主張の大半は
認められたとして「韓国が勝訴」と表明しており、
関税を維持する方針だ。(後略)』
(SANKEI NEWS 2019.9.30 18:47)
https://www.sankei.com/economy/news/190930/ecn1909300044-n1.html

国家間の条約や協定も反故にする国だから、
WTOの判断を無視することも
驚くにはあたらない。

韓国は最早、近代的な意味での
国家とは言えない。

普通の国家とは異なる
つき合い方が必要なのだ。

そういう意味で、
安倍政権の韓国に対する扱い方は
正しいと言えるだろう。

米国は今、韓国の対応があまりに酷いために
北朝鮮との交渉を優先しているようだが
これも極めて危険だと思う。

北も南も本質は変わらない。

話してわかる相手ではないし、
いつそれまでの約束を反故にするか
分からない。

トランプ大統領がそのことに気づくには
まだ時間がかかるようだ。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« 「不自由展」開会時の内容で再開 | トップページ | 中核派拠点で飛翔弾発見 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「不自由展」開会時の内容で再開 | トップページ | 中核派拠点で飛翔弾発見 »