フォト

おすすめ本

  • 月刊will9月号
  • 月刊hanada9月号
  • 月刊正論9月号
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020
  • 地上最強の男
  • 習近平が隠蔽したコロナの正体

« 事実を無視する国 | トップページ | 共同通信嘘記事確定 »

2019年10月28日 (月)

日韓「徴用工合意」へ検討着手

『日韓両政府が元徴用工問題を巡り、事態収拾に向けた合意案の検討に
着手したことが28日、分かった。複数の日韓関係筋が明らかにした。
これまでの協議で、韓国の政府と企業が経済協力名目の基金を創設し、
日本企業も参加するとした案が浮上。
1965年の日韓請求権協定で賠償問題は解決済みだとする日本政府の
立場を踏まえた考え方とみられる。
元徴用工問題で安倍晋三首相は24日、来日した韓国の李洛淵首相との会談で
「問題解決へ外交当局間の意思疎通を続ける」と伝えており、
李氏も日韓協議に前向き姿勢を示している。』
(KYODO 2019/10/28 21:05)
https://this.kiji.is/561493460296647777

この記事のどこに事実があるのか?

「事態収拾に向けた合意案の検討に着手」って、
合意案ができたわけでもなく、
検討して合意に向かっているわけでもなく、
「検討に着手」ということは
何ら結論は得られていないということだろう。

なのに「韓国の政府と企業が経済協力名目の基金を創設し、
日本企業も参加するとした案が浮上。」って、
それは従来から韓国側が言っていたことに過ぎない。

それが、なぜ「1965年の日韓請求権協定で
賠償問題は解決済みだとする日本政府の立場を踏まえた考え方」
になるのだろう。

安倍総理が李首相との会談で、
「問題解決へ外交当局間の意思疎通を続ける」と伝えたらしいが、
意思疎通すらしないなんて言うわけがない。

全く支離滅裂。
韓国が言ってほしいことを記事にしようとすると、
こうなるのだろうか。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« 事実を無視する国 | トップページ | 共同通信嘘記事確定 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 事実を無視する国 | トップページ | 共同通信嘘記事確定 »