フォト

おすすめ本

  • 月刊will9月号
  • 月刊hanada9月号
  • 月刊正論9月号
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020
  • 地上最強の男
  • 習近平が隠蔽したコロナの正体

« 目黒女児虐待死懲役13年 | トップページ | 大村秀章に95%がNO! »

2019年10月16日 (水)

国民の命と暮らしを守る政治

ツイッターでは、
二子玉川をはじめとするスーパー堤防の建設を
仕分けする立憲民主党の蓮舫や、
「不要なスーパー堤防事業は中止せよ!」
という横断幕を掲げて税金の使い方を質す
共産党の吉良よし子の映像が晒されている。

反日野党が、
国民の命と暮らしを守るのではなく、
国民の命と暮らしを奪うために
活動していることがよく分かる。

問題なのは、こうした反日野党に投票する
無知な日本人が減らないことだ。

スーパー堤防が仕分けされていた当時、
東京都の石原慎太郎知事は、
「八ツ場ダムを早く完成させてほしい」
「東京ではスーパー堤防をやる」
と断言されていた。

民主党が事業仕分けで
喝采を浴びていた時に、
堂々とこの発言をしたのだから
凄味がある。

当時は国民の多数が
「コンクリートから人へ」という
民主党の政策を支持していたのだ。

いま、ようやく国土強靭化の機運が
高まってきているが、
それを邪魔しようとする勢力もある。

財務省・麻生太郎・反日マスコミ・反日野党の動きを
国民はしっかりと見張る必要がある。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« 目黒女児虐待死懲役13年 | トップページ | 大村秀章に95%がNO! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 目黒女児虐待死懲役13年 | トップページ | 大村秀章に95%がNO! »