フォト

おすすめ本

  • 中学歴史不合格
  • 米中新冷戦の正体
  • 日本人のルーツ

« 日本のメディアって何様なの? | トップページ | 不自由展、8日午後から再開へ »

2019年10月 6日 (日)

元助役、警察署幹部にも多額商品券

『関西電力の役員らに金品を渡していた
福井県高浜町の元助役森山栄治氏(故人)が1990年代、
高浜町を管轄する福井県警小浜署の複数幹部に多額の商品券を
贈るなどしていたことが10月4日、関係者への取材で分かった。
関電役員らのほか、福祉行政や嶺南振興担当の福井県幹部にも
贈答品を渡していた森山氏が、県当局に加え警察との関係性を
深めようとしていたとみられる。
多額の商品券を贈られた元幹部は「そのまま送り返した」としている。
別の元幹部は取材に対し「(森山氏は)警察にも顔が利く
ということを誇示したかったのではないか。
警察が何らかの便宜を図ることはありえない」と話した。
関係者によると、中元や歳暮、餞別(せんべつ)などを
贈られた幹部も多数いたという。
助役退任後も教育委員などとして町と関係を持ち続けていた
森山氏に、同町役場で餞別を受け取ったある元幹部は
「常識の範囲内だったと記憶している」と話した。
京都府舞鶴市で酒席を共にした幹部もいるという。』
(福井新聞 2019/10/5 07:20 (JST))
https://this.kiji.is/552981930813572193

これは単に関西電力の問題ではなく、
福井県警の問題でもなく、
日本を腐敗させてきた闇の世界を
白日の下にさらした事件
といえるだろう。

個人や個々の企業レベルで
こうした恫喝やマネーの罠を
跳ね返すことは難しい。

関電の会見で、どこかの記者が、
なぜ警察に相談しなかったのか
というようなことを聞いていたが、
警察に相談したかもしれないし、
相談しても何もしてくれなかった
のかもしれない。

パチンコ産業が警察の天下り先に
なっていることからも、
警察が必ずしも私たちを
守ってくれるとは限らない。

立憲民主党をはじめとする野党は、
この事件を追求するそうだから、
頑張ってもらいたい。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« 日本のメディアって何様なの? | トップページ | 不自由展、8日午後から再開へ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本のメディアって何様なの? | トップページ | 不自由展、8日午後から再開へ »