フォト

おすすめ本

  • 天皇は『元首」である
  • 新国体論
  • 日米開戦陸軍の勝算

« 馬鹿げた日本海の呼称問題 | トップページ | 消費税増税「評価する」約4割 »

2019年10月20日 (日)

日当1万円で240日間の合宿

『「日本代表は100ドル(約1万円)の日当でやっている」
ラグビー日本代表のジェイミー・ジョセフ・
ヘッドコーチ(HC)の発言が注目を集めている。
10月11日、スコットランド戦を前にした記者会見で、
ジョセフHCはこう述べた。
「(3連勝は)まぐれでもなく、ハードワークの成果だ。
今年だけでも240日間の合宿をしてきた。
ほとんどの選手が所属企業ではプロでやっているが、
代表では日当100ドル(約1万円)でやっているので
アマチュアと言える。
他のチームと比較して、どのくらい報酬を得ているか
調べてほしい」(後略)』
(PRESIDENT Online 2019/10/19 22:30)
https://president.jp/articles/-/30390

この記事によると、強豪のイングランド代表は
1試合当たり2万5000ポンド(約350万円)の
報酬が支払われるという。

感動的なゲームを見た後で、
お金の話は野暮だと言われるかもしれないが、
試合会場はどこも満員で、テレビの放映権料など
それなりの収入があるように思えるのだが
なぜ選手たちの報酬はここまで少ないのだろう。

インタビューを受ける選手が一様に
「犠牲」という言葉を使っていたが、
もちろんそれは、年間240日に及ぶ合宿で、
家族との生活などプライベートな時間を
ラグビーに注ぎ込んできたことを意味するのだろうが、
好きなことを仕事にしているプロ選手が
「犠牲」という言葉を使っていたことには
違和感もあった。

一つ間違えば大けがをする激しいスポーツで、
ワールドカップの自国開催というプレッシャーの中、
生活を犠牲にし、厳しい練習を積んで徹底的に鍛え上げ、
ついに世界8強の座を掴み取った。

そんな彼らに与えられる報酬は、
日本代表としての誇りだけ
ということなのだろうか。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« 馬鹿げた日本海の呼称問題 | トップページ | 消費税増税「評価する」約4割 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 馬鹿げた日本海の呼称問題 | トップページ | 消費税増税「評価する」約4割 »