フォト

おすすめ本

  • 新聞という病
  • この命、義に捧ぐ
  • 米中新冷戦の正体

« 何かおかしくないですか? | トップページ | 首里城の保険金最大70億円 »

2019年11月 6日 (水)

白川郷火災で実況見分

『岐阜県白川村の白川郷の駐車場で小屋2棟が全焼した火災で、
2棟のうち物置のために使っていた小屋の裏が
激しく燃えていたことが5日、同村への取材で分かった。
県警高山署と高山市消防本部は同日、実況見分した。
立ち会った同村関係者が明らかにした。
2棟は物置と配電設備の小屋。白川村によると、
物置小屋には軽トラックや除雪用具などがあり、
裏にはごみの集積ボックスが置いてあったという。(後略)』
(産経ニュース 2019.11.5 20:17)
https://www.sankei.com/affairs/news/191105/afr1911050051-n1.html

首里城の火災は、
連日電気系統のトラブルが原因であるかのような
報道がなされているが、
白川郷の小屋2棟の火災は、配電設備の小屋ではなく、
物置小屋の裏が激しく燃えていたようだ。

首里城火災においてマスメディアは、
火災の原因を決めつけるような報道を繰り返し、
沖縄県知事は責任の所在や謝罪には言及せず、
国に対して再建費用の要請をするばかりだ。

連続して世界文化遺産とその周辺が燃えたのに、
2つの火災の関連について疑う報道が
まったく出ないのはなぜだろう?

国内では、いくつもの神社に油が撒かれたり、
火災が続いたことが何度もある。

もし電気系統のトラブルが原因だとしても
県の管理責任は免れない。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« 何かおかしくないですか? | トップページ | 首里城の保険金最大70億円 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 何かおかしくないですか? | トップページ | 首里城の保険金最大70億円 »