フォト

おすすめ本

  • 月刊will9月号
  • 月刊hanada9月号
  • 月刊正論9月号
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020
  • 地上最強の男
  • 習近平が隠蔽したコロナの正体

« 立憲・枝野的素晴らしい質疑 | トップページ | NHKをぶっ壊すために »

2019年11月11日 (月)

裁判官が犯罪構成員である可能性

『大阪府東大阪市で、大阪地検が収容し護送中だった
大植(おおうえ)良太郎被告(42)が逃走し、
11日午後に大阪市内で確保された事件で、
同被告の保釈許可をした裁判官が、
10月末に地検岸和田支部から逃走した女(49)の保釈も
許可していたことが11日、分かった。(後略)』
(産経WEST 2019.11.11 18:12 )
https://www.sankei.com/west/news/191111/wst1911110020-n1.html

もう裁判官や検事を信じては
いけないのではないか?

僕は裁判官や検事が
犯罪組織と繋がっている可能性が
極めて高いと思う。

覚せい剤取締法違反罪などで
起訴された人間が
なぜ保釈されてしまうのか?

そして判決公判に3回続けて
出廷しなかったとして、
大阪地検が収容し護送中に
逃走されてしまうという失態。

もうみんな仲間なんじゃないか
と思われても仕方がないだろう。

検事や裁判官が犯罪組織と
繋がってしまえば、
日本は無法地帯となる。

沖縄や北海道、川崎、神戸、大阪
などを見ていると、
もう日本は無法地帯と言って
かまわないのではないか。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« 立憲・枝野的素晴らしい質疑 | トップページ | NHKをぶっ壊すために »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 立憲・枝野的素晴らしい質疑 | トップページ | NHKをぶっ壊すために »