フォト

おすすめ本

  • 月刊will9月号
  • 月刊hanada9月号
  • 月刊正論9月号
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020
  • 地上最強の男
  • 習近平が隠蔽したコロナの正体

« 立憲民主の枝野は正気か? | トップページ | 女児殺害犯の嘘八百 »

2019年11月18日 (月)

日韓合同でりゅうぐう観測?

『探査機はやぶさ2が着陸、調査した小惑星りゅうぐうについて、
日韓合同チームが地上からの観測を
来年秋にも新たに始めることが18日、分かった。
北海道大付属天文台(北海道名寄市)が持つ特殊な望遠鏡で、
はやぶさ2のカメラでは見えないほど微細な砂粒の有無を調べる。
観測データの解析に韓国側が加わる予定で、小惑星の形成過程を
知る手掛かりが得られると期待される。
チームの取りまとめ役でもあり、
韓国の学生と共にデータ解析に当たる石黒正晃ソウル大教授
(太陽系天文学)は「はやぶさ2が調べきれなかった謎を
解明したい」と意気込んでいる。(ソウル共同)』
(KYODO 11/18(月) 10:00配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191118-00000029-kyodonews-soci

ザッと読むと「JAXAはやぶさ2プロジェクト」
と関係のある話かと思ってしまうが、
よく読むと何の関係もないようだ。

北海道大付属天文台の望遠鏡で、
日韓合同チームが「小惑星りゅうぐう」を
観測するという話らしい。

日本チームに関する記述は何もなく、
石黒正晃というソウル大教授が、
「はやぶさ2が調べきれなかった謎を解明したい」
と意気込んでいるようだ。

フェイクでおなじみの共同通信の記事だけど、
これって事実なんだろうか?

そもそも(ソウル共同)という時点で怪しげだが、
日韓合同チームというのに、
日本側に何の取材もしていないというのも
記事として不完全なのではないか?

ネットで検索するとロイターや多くの地方紙が
同記事を報じているようだが、
国内の全国紙は追随していないようだ。

まあ、これから周りの様子を見て、
朝日や毎日あたりが掲載するのかもしれないが、
「小惑星を望遠鏡で観測する」ということに、
ニュースとしての価値があるのだろうか?

何か発見があってからにしたら、
と思うのだが…。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« 立憲民主の枝野は正気か? | トップページ | 女児殺害犯の嘘八百 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 立憲民主の枝野は正気か? | トップページ | 女児殺害犯の嘘八百 »