フォト

おすすめ本

  • 月刊Will1月号
  • 月刊hanada1月号
  • 月刊正論1月号
  • ここまでわかった新型コロナ
  • 天皇家百五十年の戦い
  • 2021年世界の真実
  • 天皇の国史

« 石破先生は野党に人気 | トップページ | 合意のない性行為? »

2019年12月18日 (水)

立民議員、強制猥褻で書類送検

『立憲民主党の初鹿明博衆院議員(50)
=比例東京=は17日午前、国会内で記者団の取材に応じ、
平成27年5月にタクシーの車内で知人女性に
わいせつな行為をしたとして、
警視庁葛西署に強制わいせつ容疑で
書類送検された事実を認めた。(後略)』
(産経新聞 12/17(火) 11:02配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191217-00000523-san-pol

この初鹿明博という男は、
以前にも同種の事案で週刊誌に
載ったことがある。

今回は書類送検になったので、
逮捕はされなかったが、
警察の取り調べを受けて
検察に送られたわけだ。

自民党議員なら、
不倫というモラルの問題で
議員辞職にまで追い込まれるが、
立憲民主党の場合は、
犯罪の容疑者となっても
何の処分も受けない。
(不倫で議員辞職するのも
どうかと思うが…)

もし起訴されても、
有罪判決が下されるまで
議員を続けるのだろうか?
(鈴木宗男氏は最高裁で上告棄却
となるまで議員を続けたが…)

いずれにせよ、立法府なのに、
刑事事件にもならない
「もりかけ」や「さくら」を
延々と追求し、
自分たちの不祥事は
問題にさえしない
立憲民主党の政治姿勢が
問われているのだろう。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« 石破先生は野党に人気 | トップページ | 合意のない性行為? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 石破先生は野党に人気 | トップページ | 合意のない性行為? »