フォト

おすすめ本

  • 天皇は『元首」である
  • 新国体論
  • 日米開戦陸軍の勝算

« 石炭火力のクリーンさを訴えよ | トップページ | COP25で日本2度目の化石賞 »

2019年12月12日 (木)

英首相BBC受信料廃止検討表明

『ジョンソン英首相(保守党党首)は12日投開票の総選挙を前に、
公共放送BBCの受信料制度の廃止を検討すると表明した。
視聴する分だけお金を払う有料放送型の課金制への移行が軸となる。
総選挙で保守党が勝利すれば、見直しを加速させる。
日本でも今年7月の参院選で「NHKから国民を守る党」が議席を
獲得するなど、NHKの受信料制度の在り方が議論となっている。
世界の公共放送のモデルとなったBBCをめぐる動きは、
日本の議論にも大きな影響を与えそうだ。』
(JIJI.COM 2019年12月11日06時24分)
https://www.jiji.com/sp/article?k=2019121100204

英首相が公共放送BBCの受信料制度廃止を
検討すると表明するくらいだから、
安倍総理もNHKのスクランブル化に
言及できないのだろうか?

技術的に問題はないのだし、
NHKの放送姿勢は公共放送を
大きく逸脱している。

NHKは法外な受信料を取って
職員が高額な報酬を得ているだけでなく、
一流タレントを湯水のように使い、
民放を圧迫。

子会社を作って本来禁じられている
営利事業を行うばかりか、
番組内で中国や韓国企業の
宣伝活動までしている。

職員の性犯罪の多さにはあきれるばかりで、
綱紀粛正の空気は全く感じられず、
もはやNHKに公共放送の資格を与えることは
犯罪的ですらある。

これを変えることができるのは
政治家だけなのだから、
いまもなおNHKが公共放送であることは
政治の不作為以外の何物でもない。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« 石炭火力のクリーンさを訴えよ | トップページ | COP25で日本2度目の化石賞 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 石炭火力のクリーンさを訴えよ | トップページ | COP25で日本2度目の化石賞 »