フォト

おすすめ本

  • ここまでわかった新型コロナ
  • 天皇家百五十年の戦い
  • 2021年世界の真実
  • 天皇の国史

« 絞殺、死体遺棄で懲役7年 | トップページ | 石破先生は野党に人気 »

2019年12月15日 (日)

除夜の鐘がうるさいと

『(前略)年1度と聞けば、まもなく迎える
大晦日でも不寛容の声が鳴り響く。
東京・小金井市にある曹洞宗の寺院・千手院は、
除夜の鐘を5年前から止めたそうだ。
「近隣の方から苦情が来て裁判所で調停が
開かれたのですが、100万円かかる防音パネルを
設置しなくてはならなくなりました。
音が遠くまで聞こえなくなるし不自然なので、
今年も鳴らすことはありません」(後略)
(デイリー新潮 12/15(日) 5:57配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191215-00597535-shincho-soci

子供の頃から、
大晦日の夜に鳴り響く除夜の鐘を聴いて、
うるさいと思ったことなど一度もない。

こうしたことに文句をつける人は、
おそらく日本人ではないのだろう。

多少うるさく感じたとしても
年に一度のことだ。

運動会の始まりを告げる花火の音や
中には蛙の鳴き声がうるさいと
警察に通報する人までいるという。

そんなにうるさいと思うなら、
日本から出て行きなさいと言うと、
川崎あたりでは
ヘイトスピーチになるらしい。

罰金まで取られるそうだから、
クレームに文句をつけるのは
禁物である。

除夜の鐘は遠くまで聞こえるように
鳴らしているのだ。

防音パネルを設置するくらいなら、
確かに鳴らさない方がいい。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« 絞殺、死体遺棄で懲役7年 | トップページ | 石破先生は野党に人気 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 絞殺、死体遺棄で懲役7年 | トップページ | 石破先生は野党に人気 »