フォト

おすすめ本

  • 月刊will9月号
  • 月刊hanada9月号
  • 月刊正論9月号
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020
  • 地上最強の男
  • 習近平が隠蔽したコロナの正体

« 教え子7人に猥褻、懲役14年 | トップページ | 安倍が~から自民が~へ »

2019年12月24日 (火)

習近平に聞く耳なし

『安倍晋三首相は23日午後(日本時間同)、
北京の人民大会堂で中国の習近平国家主席と会談し、
来年4月で調整している習氏の国賓来日に向け
準備を進めることで一致した。(中略)
首相は、習氏の国賓来日への反対論が日本国内に
あることを念頭に、懸案にも言及した。
「東シナ海の安定なくして真の日中関係の改善なし」
との立場から尖閣諸島周辺での中国公船の
活動の自制を強く要求。
東京電力福島第1原発事故後の日本産食品輸入規制の
早期解除や拘束されている日本人の早期帰国を求めた。
新疆(しんきょう)ウイグル自治区を含む中国の
人権状況も取り上げ、透明性のある説明を要求。
香港情勢について「大変憂慮している」と伝えた。
習氏は「中国の内政問題だ」との認識を示した。』
(SANKEI NEWS 2019.12.23 18:23)
https://www.sankei.com/politics/news/191223/plt1912230014-n1.html

習近平に意見するだけでは
何の意味もない。

習近平が安倍総理の言うことを
「はい分かりました」と聞くことなど
有り得ない。

そもそも習近平は、
日本を利用することしか
考えていない。

日中間の懸案事項解決はもとより、
ウイグルや香港問題に言及して、
「中国の内政問題だ」と突き放された段階で、
それでは「国賓来日は難しい」
くらいのことは言うべきなのだ。

「今のままでは国民が黙っていない」
と言ってやればいい。

それは事実なのだし、
このまま習近平を国賓として歓待すれば、
日本国民からも、世界の親日国からも
安倍政権は見放されるだろう。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« 教え子7人に猥褻、懲役14年 | トップページ | 安倍が~から自民が~へ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 教え子7人に猥褻、懲役14年 | トップページ | 安倍が~から自民が~へ »