フォト

おすすめ本

  • 天皇の国史
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020

« 遅すぎた武漢封鎖 | トップページ | 国内外ツアー販売の一時停止 »

2020年1月24日 (金)

武漢に新型肺炎患者向け病院

『24日(金)早朝から建設地には整地作業用に
数十台の重機が入っており、建設作業は2月2日に終了予定。
敷地面積は2万5千平米で、新病院には最大千人の患者を
同時に収容することができる。
この病院は、2003年4月にSARS(重症急性呼吸器症候群)が
蔓延した際に多数の患者に対応するために7日間で建設を終えた、
北京「小湯山医院」モデルで建設される。
当時の収容数は1000人まで達し、
2ヶ月にわたって全国の患者の治療が行われた。(後略)』
(Suputnik 2020年01月24日 14:23)
https://jp.sputniknews.com/incidents/202001247043647/

このニュース、NHKでもやっていたけど、
1000人収容の病院が1週間でできるとは
さすがチャイナである。

本来なら、新型コロナウイルスの発生後
すぐに手を打っていれば良かったのだが、
いつもの癖で隠蔽に走ってしまい、
あっという間に世界的大問題に
発展してしまった。

チャイナでは今や18都市を封鎖しているのに、
なぜ日本はチャイナからの旅行客を
断ることができないのか?

どのくらいのスピードで感染が広がり、
どのくらいの致死率かもわからないのに、
武漢からの旅行者でさえ
無条件で受け入れている理由は何だろう?

新型コロナウイルスに感染し、
発熱しないまま死亡した人もいるという。

これはウイルスの変異を意味しないのか?

チャイナからの情報を見ていると、
もう手の付けられない状態になってしまったから、
次から次へと都市を封鎖しているように思える。

つまり、日本も手の付けられない状態になる
可能性があるのだ。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« 遅すぎた武漢封鎖 | トップページ | 国内外ツアー販売の一時停止 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 遅すぎた武漢封鎖 | トップページ | 国内外ツアー販売の一時停止 »