フォト

おすすめ本

  • 天皇の国史
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020

« ほんにお前は空気のような | トップページ | 自民党は河村建夫を処分すべき »

2020年1月16日 (木)

新型肺炎を持ち込んだのは中国人

『厚生労働省は16日、中国湖北省武漢市に滞在歴がある神奈川県居住の30代
の男性が、新型のウイルス性肺炎に感染したのを確認したと発表した。
男性は症状が回復し、既に退院した。日本国内での患者の確認は初めて。
現地で感染者と接触するなどした可能性があるとみている。
政府関係者によると、男性は中国人。
政府は、首相官邸の危機管理センターに15日付で情報連絡室を設置した。
神奈川県で同居する家族や接触した医師を含め国内で二次感染が疑われる
患者は出ておらず、厚労省は「感染拡大の可能性は低い」とした。
男性は武漢に渡航中の今月3日に発熱し、6日に日本に帰国。10日に入院した。』
(KYODO 2020/1/16 12:54 )
https://this.kiji.is/590331733524235361

驚くべきことにこの中国人は、
「武漢に渡航中の今月3日に発熱し、
6日に日本に帰国。10日に入院した」というから、
発熱していたにもかかわらず空港を素通りし、
6日から10日まで家族らと濃厚に接触した後、
ようやく入院したわけである。

もし感染力の強い新型肺炎であったなら、
首都圏はパンデミックの可能性もあったのだ。

この新型肺炎の話は、
最初の間は「中国人」の部分が伏せられていて、
みんな日本人が武漢へ行って
感染してきたと思ったことと思う。

なぜ第一報で、こうした大切な部分が
伏せられてしまうのか?

もしこの中国人が帰化していたら、
恐らく日本人としか報じられない。

一緒にしてはまずいかもしれないが、
こうしたことは殺人事件や性犯罪でも
同様である。

誰がこの得体のしれない
新型肺炎を日本に持ち込んだかというのは
極めて重要な話だと思う。

もし帰化していたとしても、
純粋な日本人か、チャイナ系日本人かで
ニュースの印象は大きく変わるだろう。

別に差別がどうのという話ではなく、
僕は一人の日本人として
真実が知りたいと思う。

日本に豚コレラが広がっているのも、
誰かが持ち込んだはずなのだ。

イノシシが原因などということになっているが、
ではそのイノシシはどうして感染したのか?

何もかも曖昧にして、大量の豚が殺処分され、
危険な新型肺炎が日本に持ち込まれる。

いつも根本原因は明らかにされないが、
もっと深刻な事態も起こり得たのである。

政府はもっと真剣に日本の安全保障について考え、
対策を講じてもらいたいと思う。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« ほんにお前は空気のような | トップページ | 自民党は河村建夫を処分すべき »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ほんにお前は空気のような | トップページ | 自民党は河村建夫を処分すべき »