フォト

おすすめ本

  • GHQに廃止された
  • 中国の日本侵略
  • 21世紀の新しい戦争

« 自民党は河村建夫を処分すべき | トップページ | ヘイト条例の人権侵害 »

2020年1月18日 (土)

新型肺炎感染者は1700人以上?

『中国で2人が死亡した重症急性呼吸器症候群(SARS)
に似た正体不明のウイルスの感染者は、
公式発表より千数百人多い1700人以上に上っている可能性がある
という見方を、英国の研究者らが17日、明らかにした。
中国当局は、同国中部・武漢(Wuhan)市にある鮮魚市場付近を
中心に流行した肺炎の原因とされるウイルスに、
中国国内で少なくとも41人が感染したと発表している。
しかし、国連の世界保健機関(WHO)などにも助言を行っている
英インペリアル・カレッジ・ロンドン(Imperial College London)
の感染症に関する研究センターの研究者らは、17日に発表した論文で、
武漢市では1月12日時点で「合計1723人の患者」が感染している
とみていると明らかにした。(後略)』
(AFP 2020年1月18日 14:14)
https://www.afpbb.com/articles/-/3264079

武漢に渡航して感染した日本在住の中国人のケースでも、
新型肺炎は人から人への感染が疑われており、
チャイナ当局が発表している41人程度の感染者で
あるわけがないと思う。

英国の研究者が発表した武漢で1723人の感染者
という見立てが正しいとすれば、
感染者はすでに武漢以外のチャイナ全土に広がっており、
今後、数万人規模に増える可能性がある。

感染者の数が疑わしいとすれば、
死者の数が2人というのも
信用するに値しない。

日本はチャイナからの来訪者を
厳重にチェックすべきだろう。

いま日本は中国人だらけなのだ。

もし飛沫感染するようなことがあれば、
日本にもあっという間に広がる可能性がある。

今後、空港での検疫には
万全を期してもらいたい。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« 自民党は河村建夫を処分すべき | トップページ | ヘイト条例の人権侵害 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自民党は河村建夫を処分すべき | トップページ | ヘイト条例の人権侵害 »