フォト

おすすめ本

  • 天皇の国史
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020

« 裁判官の判断能力を問うべき | トップページ | 危機管理能力ゼロの日本政府 »

2020年1月28日 (火)

日本でもヒトヒト感染

『厚生労働省は28日、奈良県在住の60代男性が
新型コロナウイルスに感染したと発表した。
中国武漢市への渡航歴はなかった。
国内で感染者からうつされた可能性がある。
確認されれば、国内で人から人に感染した
初めての事例となる。(後略)』
(毎日新聞 1/28(火) 17:50配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200128-00000047-mai-soci

感染した60代の男性は、
1月8~11日と12~16日に東京都内で、
武漢からのツアー客を乗せた
バスの運転手だったという。

14日に咳や関節痛の症状が出始め、
17日に奈良県内の医療機関を受診したが異常はなく、
25日に再び受診し、入院したそうだ。

日本で最初に感染者が公表されたのが
1月16日だから、
そのすぐ後ということになる。

不気味なのは、
バスに乗せたツアー客の中に
肺炎患者が見つかっていないことと、
感染した運転手が、
それらしい乗客を記憶して
いないことだ。

運転手の後ろで咳き込む人がいた、
というなら感染理由になるが、
そうした人がおらず、
バスの中という同じ空間にいただけで
感染したというなら
話は変わってくる。

しかも運転手に感染させた
武漢からのツアー客は、
まだ日本にいるかもしれないのだ。
帰国済みでした

感染症の専門医や厚労省の役人は、
パニックにならずに
咳エチケットや手洗いなどの
感染症対策に努めろと繰り返すが、
そもそも「過剰に心配するな」という理由が、
わが国では「ヒトヒト感染」が起こっていない
ということだったのである。

「ヒトヒト感染」が明らかになった今、
政府は対応のレベルを数段階上げる
必要があるのではないか?

チャイナの例を引くと、
これからは抵抗力の弱い人が
死ぬ可能性がある。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« 裁判官の判断能力を問うべき | トップページ | 危機管理能力ゼロの日本政府 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 裁判官の判断能力を問うべき | トップページ | 危機管理能力ゼロの日本政府 »