フォト

おすすめ本

  • 月刊will9月号
  • 月刊hanada9月号
  • 月刊正論9月号
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020
  • 地上最強の男
  • 習近平が隠蔽したコロナの正体

« 危機管理能力ゼロの日本政府 | トップページ | 湖北省滞在外国人の入国拒否 »

2020年1月30日 (木)

ウイルス検査受けぬ自由?

『安倍首相は帰国した2人が
ウイルス検査を拒否したことに関し
「法的な拘束力はない。人権の問題もあり、
踏み込めないところもある」と説明した。』
(KYODO 2020/1/30 10:08)
https://this.kiji.is/595420821589984353?c=39550187727945729

武漢からの帰国者ということで、
新型コロナウイルスに感染している
可能性があるのだから、
他人に感染させないためにも
ウイルス検査は受けなければならない。

これは法律や人権の問題ではなく、
防疫上の危機管理の問題であり、
常識的に国民の義務として
受け入れるべきだろう。

どのような理由なのか
よくわからないが、
どうしてもウイルス検査を
受けられないなら、
この2人は少なくとも2週間、
隔離しなければならない。

にもかかわらず、政府はこの2人を
ウイルス検査をしないまま
自宅に送り届けたという。

しかしながら一方で、
日本は武漢からの旅行者を
無条件で受け入れており、
この2人の日本人が
自力で武漢から帰国していたら、
ウイルス検査を求められることも
なかったわけである。

こうした一貫性のなさが、
未知の新型肺炎に対する防疫体制を
グダグダにしている。

いま最も大切なことは、
法律や人権を制限してでも
新型肺炎を日本国内に
拡散しないことなのだ。

そうした決断を日本政府がしないところに
国民はいらだっているのである。

などと書いていたら、
ウイルス検査を拒否した2人の帰国者が、
「検査を受けたい」と
申し出ているようだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200130-00000065-asahi-soci

面倒な人間というのは
どこにでもいるものだが、
それにしても、ねえ。

家族に感染させていないことを
祈るばかりである。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« 危機管理能力ゼロの日本政府 | トップページ | 湖北省滞在外国人の入国拒否 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 危機管理能力ゼロの日本政府 | トップページ | 湖北省滞在外国人の入国拒否 »