フォト

おすすめ本

  • 月刊正論11月号
  • 月刊hanada11月号
  • 月刊Will 11月号
  • 2021年世界の真実
  • 天皇の国史

« 湖北省滞在外国人の入国拒否 | トップページ | 保健所も役立たず? »

2020年2月 1日 (土)

チャイナ滞在者を米入国禁止

『トランプ米政権は1月31日、肺炎を引き起こす
新型コロナウイルスへの感染が世界的に拡大している問題で、
世界保健機関(WHO)に追随し、
米国での「公衆衛生上の緊急事態」を宣言した。
過去14日以内に中国に滞在したことがある外国人について、
米国民の直接の親族と永住者を除き入国禁止とするほか、
過去14日以内に湖北省を訪れていた米国民も
帰国後最長で14日間、強制的に隔離するとした。
2月2日から実施するとしている。』
(産経新聞 2/1(土) 9:33配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200201-00000521-san-n_ame

さすがはトランプ大統領だ。

ここまでやらなければ、
自国民を守ることはできない。

タイミングとしては、
やや遅かったような気もするが、
やはりWHOが緊急事態を宣言するまで、
チャイナに滞在したことがあるすべての外国人を
入国禁止にするのは難しかったのだろうか。

そういう意味では、
チャイナの息のかかったWHOが
緊急事態宣言を出し渋ったことの
責任は大きい。

日本も一刻も早くチャイナ滞在者の入国を
禁止してもらいたい。

春節を利用して
どれだけの中国人が日本に入国し、
まだどれだけの中国人が
日本に留まっているのかはわからないが、
早急に帰国を促し、
新たな旅行者を入国禁止にすることで、
感染拡大を抑止できるだろう。

あとは感染した日本人を
必要な期間隔離することで、
新型肺炎を収束に向かわせることが
できるかもしれない。

感染の可能性がある人を
入国させ続ける限り、
終わりのないイタチごっことなる。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« 湖北省滞在外国人の入国拒否 | トップページ | 保健所も役立たず? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 湖北省滞在外国人の入国拒否 | トップページ | 保健所も役立たず? »