フォト

おすすめ本

  • 新型肺炎の猛威と習近平独裁
  • 中国という禍
  • 武漢人狩りの冷血
  • フクシマフィフティ
  • 女性天皇と女系天皇はどう違うのか

« 広がる日本人の入国拒否 | トップページ | クルーズ船下船後陽性判明 »

2020年2月21日 (金)

新型コロナ日本中に拡散

『道は21日、道内で新たに3人の新型コロナウイルス
への感染者を確認したと発表した。
2人は上川管内中富良野町在住で、中富良野小に通う
10歳未満と10代の日本人男児の兄弟。
発熱の症状が出ているが、ともに回復傾向にあるという。
10歳未満の感染者が確認されたのは国内初で、
未成年者の感染確認は道内初。
もう1人は千歳市在住の40代の日本人女性で、
小樽検疫所千歳空港検疫所支所で働く検疫官。
道内での感染確認は計8人となった。(後略)』
(北海道新聞 02/21 14:15)
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/395398

日本政府が、新型コロナウイルスを
国内に入れない対策を採らなかったために、
このウイルスが自然に収束することを
願う以外になくなった。

もうすぐ、いつ自分が感染しても、
おかしくない状況になるだろう。

イベントを自粛しても、
会社や学校へ行くのに満員電車を
利用しなければならない人は、
たくさんいる。

学校でも職場でも、
ほとんどの人は密閉された空間で
時を過ごすのだ。

感染者を隔離するのが唯一の対策だが、
このウイルスの検査では
感染者を見逃すケースが多いという。

ある学者の話では、チャイナの例では
10人の感染者のうち4人しか陽性に
ならなかったという。
http://www.youtube.com/watch?v=OMA81hVNDAQ(7:30~)

つまり、6割もの感染者を
見逃すらしい。

だから、チャイナでは途中から
肺炎になった段階で新型コロナウイルス感染者と
カウントするようになったという。

さらに感染しても無症状な人もいる。

感染者を見つけ出して隔離することも、
現実的には難しいのだ。

記事中の中富良野小は、
今日から学校閉鎖になったらしいが、
ほかの児童に感染が広がっていないことを
願うばかりである。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« 広がる日本人の入国拒否 | トップページ | クルーズ船下船後陽性判明 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 広がる日本人の入国拒否 | トップページ | クルーズ船下船後陽性判明 »