フォト

おすすめ本

  • GHQに廃止された
  • 中国の日本侵略
  • 21世紀の新しい戦争

« 厚労省はやる気なし | トップページ | 日本は第二の感染源 »

2020年2月 5日 (水)

厚労省は全くやる気なし

『新型コロナウイルスに感染していた香港の男性が乗船し、
横浜港沖に停泊していたクルーズ船で、
発熱の症状がある人などのウイルス検査が行われ、
これまでに31人の結果が判明し、
このうち10人がウイルスに感染していたことが確認されました。
10人のうち、乗客は9人で、日本国籍が3人、中国籍が3人、
オーストラリア国籍が2人、アメリカ国籍が1人となっています。
また、フィリピン国籍の乗務員1人も
含まれているということです。(後略)』
(NHK NEWS WEB 2020年2月5日 18時08分)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200205/k10012273171000.html

クルーズ船でのウイルス検査は、
乗員乗客3700人全員に対してではなく、
発熱や咳の症状があった人とその濃厚接触者
合わせて273人に行われたという。

現在31人の結果が判明し、
感染者はなんと10人。

割合だけで計算すれば
感染者は100人に達するかもしれない
恐るべき数字だ。

武漢からチャーター機で帰国した人には
全員ウイルス検査をし、
症状のない人からも多く感染者が見つかったのに
今回はなぜ全員の検査をしないのだろう?

対象者が多すぎて検査しきれない
ということだろうか?

いよいよ日本も、
手に負えなくなってきた
ということだろうか?

船内に残るおよそ3700人の乗客と乗員については
原則として14日間、船内にとどまり、
客室などで待機してもらう方針だという。

厚労省は国内では現在、
流行が認められている状況ではなく、
かぜやインフルエンザ対策と同様に、
手洗いやせきエチケットなどの感染症対策に
努めてほしいと呼びかけているらしい。

フェーズが変わったと言いながら
対策は以前と同じ。

こいつらに任せておいてはいけない
ということは僕にもわかる。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« 厚労省はやる気なし | トップページ | 日本は第二の感染源 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 厚労省はやる気なし | トップページ | 日本は第二の感染源 »