フォト

おすすめ本

  • 月刊正論11月号
  • 月刊hanada11月号
  • 月刊Will 11月号
  • 2021年世界の真実
  • 天皇の国史

« クルーズ船下船後陽性判明 | トップページ | 新型コロナ20代女性重体 »

2020年2月23日 (日)

チャイナの感謝と機関砲

『沖縄県・尖閣諸島周辺の領海外側にある接続水域で23日、
中国海警局の船4隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。
尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは5日連続。
第11管区海上保安本部(那覇)によると、1隻は機関砲のようなものを搭載。
領海に近づかないよう巡視船が警告した。』
(SANKEI NEWS 2020.2.23 16:12)
https://www.sankei.com/world/photos/200223/wor2002230012-p1.html

新型コロナウイルスの流行により、
世界各国がチャイナからの人の流入を止める中で、
日本だけが入国禁止の措置を取らないことを、
世界は不思議に思っているだろう。

チャイナはこの件で日本に感謝しているというが、
だからといって尖閣への侵略をやめるわけではない。

日本がチャイナへの配慮のために、
自国民を危険にさらすことを
理解する国は少ないだろう。

やはり日本人はどこか狂っている。

自国に侵略の意図を隠さず、
土地を買いあさり、技術を盗む敵国に対し、
入国禁止の措置を取らないばかりか、
困ったときはお互い様と、
自国民が不足して困っている
マスクまで大量に送る。

もちろん自民党や地方自治体がやっていることに、
すべての日本人が賛成しているわけではないが、
だからといって反対運動が盛り上がる訳でもない。

たぶん、そんな日本を外国から見たら、
かなり不気味に見えるのではないか。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« クルーズ船下船後陽性判明 | トップページ | 新型コロナ20代女性重体 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クルーズ船下船後陽性判明 | トップページ | 新型コロナ20代女性重体 »