フォト

おすすめ本

  • 新型肺炎の猛威と習近平独裁
  • 中国という禍
  • 武漢人狩りの冷血
  • フクシマフィフティ
  • 女性天皇と女系天皇はどう違うのか

« 2020年2月 | トップページ

2020年3月

2020年3月28日 (土)

思い切った額の現金給付?

『安倍晋三首相は28日の記者会見で、
感染が拡大している新型コロナウイルスに関する経済対策の一環として、
現金による給付を行う考えを示した。
「当面のキャッシュ(現金)がない人」など対象を限定する意向も示した。
その上で「今、額は申し上げられないが、与党とも深い議論をしていない」
と断ったうえで、「思い切った額を考えていきたい」と述べた。』
(SANKEI NEWS 2020.3.28 18:58)
https://www.sankei.com/politics/news/200328/plt2003280026-n1.html

安倍総理の会見を見た限りでは、
消費税減税には消極的で、
現金給付も対象を限定するようだ。

10%への消費税増税で日本経済がぐらりと傾き、
その最中に起こった新型コロナショックなのに、
そんなショボい対策で乗り越えられるわけがない。

財務省は日本経済の息の根を止めるために、
増税と緊縮財政をセットでやっているのだから、
政治家はその壁を打ち破るために
命がけで闘ってもらいたい。

このままでは疫病で人が死に、
経済恐慌でさらに多くの人が死ぬ。

 

応援のクリックをお願いします。

 

国内感染者初の100人越え

『新型コロナウイルスの感染者は、26日深夜から
27日午後9時半までに新たに109人が確認された。
1日の感染者が100人を超えたのは初めて。
東京都では40人が確認され、3日連続で40人台、
合計は299人となった。
大阪府でも20人増えた。(後略)』
(朝日新聞デジタル 3/27(金) 21:22配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200327-00000093-asahi-sctch

1日の感染者数が初めて100人を超えた。

新規感染者は
3月6日までは1日30人台以下で推移し、
それから25日までが60人台以下、
そして昨日26日に90人台に跳ね上がり、
今日初めて100人を超えた。

東京都が3日連続で40人台ということで
特に増え方が目立っており、
この週末の外出自粛要請となった。

まだまだ爆発的とは言えないが、
ジワジワ増えているのは確かで、
専門家会議が最も問題にしていた
感染源(リンク)の分からない患者も
増えているようだ。

世界の状況を見ていると、
なんとか日本では感染爆発を防ぎたいが、
そのためには一人ひとりが
感染しない、感染させない努力を
続けるしかない。

昨日、今日の増加は、
3連休の影響も囁かれているので、
この週末は一層の注意が必要だ。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年3月26日 (木)

お魚券とお肉券のおままご党

『自民党水産部会は26日の会合で、
新型コロナウイルスの感染拡大を受けた水産分野の経済対策として、
国産魚介類を対象とした商品券を発行する案を示した。
外食の自粛で高級品を中心に落ち込んでいる需要の喚起が狙いで、
自民党から政府への経済対策の提言に反映するよう調整を進める。
自民党農林部会も同日、国産牛肉を対象とした「お肉券」を
発行する案をまとめた。
ただ、対象品目を限定した商品券は異例で、コロナの影響を受けている
他の品目とのバランスを欠くなどの異論も出そうだ。
今後、政府、与党内での調整が難航する可能性がある。
商品券の額面や、配布する対象者などは今後詰める。
外食の自粛の広がりや訪日客の減少で、水産物ではクロマグロやウニ、
カニといった高級品の需要低迷が目立っている。』
(SANKEI NEWS 2020.3.26 12:18)
https://www.sankei.com/politics/news/200326/plt2003260010-n1.html

いまだに「モリカケ」やっている野党も野党だが、
自民党もひどいもんですな。

「お魚券」とか、「お肉券」とか、
「おままごと」でもやってるんですかね。

これでは官僚にやりたい放題やられるのも
仕方がありません。

いつの間にか政治家は、
完全に痴呆化してしまったようです。

これ、新型コロナウイルスの経済対策で、
自民党の部会で討議している内容ですからね。

本当に呆れます。

バカが余計なこと考えずに、
とりあえず消費税を0%にして、
ひとり10万円ずつ配って、
しばらく様子を見て、
それでも好転しなかったら、
経済が回復するまで
毎月10万ずつ配ったらどうでしょう。

で、それだけやって、
それでも落ち込んでいる業界があれば、
その時に○○券を好きなだけ配れば
いいんじゃないですか。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年3月25日 (水)

河野通信3

(3月25日12時)
国内感染者1194  
退院310  
入院中743   
軽中度478   
人工呼吸/ICU 57   
確認中203   
待機中5  
陽性無症状入院90  
症状有無確認中8  
死亡43
クルーズ船(3月24日18時)
陽性712  
帰国40  
退院597  
死亡10  
入院中65
(河野太郎防衛大臣のツイートより)
https://twitter.com/konotarogomame/status/1242785801617866752

(3月15日12時 )
国内感染者780  
退院157  
入院中537   
軽中度299   
人工呼吸/ICU36   
確認中190   
待機中12  
陽性無症状入院57  
症状有無確認中7  
死亡22
(クルーズ船)
陽性712
帰国40
退院458
死亡7
入院中207
(河野太郎防衛大臣のツイートより)
https://twitter.com/konotarogomame/status/1239155503080435712

今日の河野太郎防衛大臣のツイートによると、
新型コロナの国内感染者は1194名、
入院中は310名、
重症者の人工呼吸/ICUは 57名、
死者43名だった。

10日前と比べて
国内感染者は414名、
入院中は206名、
重症者の人工呼吸/ICUは 21名、
死者は21名増えた。

前回は6日前と比べて
国内感染者が292名、
死者が15名増えていたので
それと比べても
それほど感染が大きく広がった
という感じはしない。

しかしながら東京では、
今日一日で41名の感染者が出て、
不要不急の外出は自粛するようにと
都からの要請があった。

感染爆発の重大局面に
あるという。

日本ではプライバシーの問題があって、
入院中の切迫した状況が報道されないので、
今一つ実感がわかない。

感染が急速に広がる地域では、
順番を待つ患者が病院の床に横たわっていたり、
防護服姿の職員が、
街のいたるところを消毒していたりするが、
日本ではそれほど大掛かりな消毒なども
行われてはいないように見える。

普通に街を歩いている限り、
それほど重大な事態が進行しているように
思えないところが
求められているほどの行動変容を
起こしにくい原因だろう。

いずれにしても感染爆発が起これば、
家から出られなくなるなど
否応なく行動は制限されるのだから、
今が我慢のしどころなのだ。

都民のみなさん、
今週末は「密閉・密集・密接」に
気をつけて過ごしましょう。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年3月24日 (火)

麻生氏現金給付より商品券

『(前略)検討中の経済対策に関連し、現金給付について
「貯蓄に回らない保証はあるのか」と記者に質問。
リーマン・ショックと異なり、「カネはあるが、回す仕組みが重要」
として、「商品券は貯蓄に回らない」と指摘し、
相対的に望ましいとの見解を示した。』
(ロイター 3/24(火) 10:59配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200324-00000065-reut-bus_all

商品券とはまたチンケな発想である。

同じ10万円をもらうにしても、
商品券より現金でもらったほうが、
ずっと豊かな気分になれる。

また、10万円の現金と10万円の商品券があったとして、
日常的に必要なものを買うのに商品券を使い、
その分10万円を貯蓄に回せば同じことだ。

純粋にその月に使うべき費用が、
商品券の金額分上回っていなければ
貯蓄に回らなかったとは言えない。

「商品券は貯蓄に回らない」
というのは嘘である。

おそらく財務官僚が現金だと青天井だが、
商品券なら2~3万円で済ませられそうなので、
財務大臣にそう言わせたのだろう。

とにかく麻生氏は自分の頭で考えず、
財務官僚に言われたことを
そのまま喋っているに過ぎない。

大金持ちの家に生まれたから、
庶民感覚など全く持ち合わせては
いないのだろう。

新型コロナショックで
世界が異次元の経済政策を打ち出す中で、
日本だけが異様にショボいプランで済ませる
可能性すらある。

その時は、安倍政権が財務省の壁を
打ち破れなかったと考えて間違いない。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年3月23日 (月)

ムエタイ観戦で100人超感染

『タイの格闘技「ムエタイ」の競技場で、
新型コロナウイルスの集団感染が起きた。
感染者は23日時点で128人とタイ全体の約2割に上り、
新たな感染の火種となっている。
当局は首都の競技場やジム、
会議場などの閉鎖に踏み切った。(後略)』
(朝日新聞デジタル 3/23(月) 19:51配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200323-00000067-asahi-sctch

やはり屋内でのスポーツ観戦は
危険なようですね。

大相撲は無観客にして正解でした。

K1はかなりの観客を集めて実施されたようですが、
今後の集団感染が心配されます。

大きなイベントは中止すると
多額の損害が発生するので、
国や自治体が本気で中止させようと思えば
損害の補填が必要でしょう。

今のように中止を要請するだけでは
限界があります。

武漢肺炎の危機が
いつまで続くのかわかりませんが、
国はもっと情報とお金を
出す必要があります。

大阪と兵庫の移動自粛も
ちゃんと説明しないと意味が分からないし、
スポーツをはじめとするイベントも、
自粛を続ければ干上がってしまいます。

専門家会議の方々の必死さに比べて、
国の本気度が今一つ、
伝わってこないような気がします。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年3月22日 (日)

中国人民は全人類に貢献した?

『(前略)疫病に対し、中国人民は終始、必勝の信念を抱き、
強靱(きょうじん)な精神を示した。
国連(UN)のアントニオ・グテレス(Antonio Guterres)事務総長は
「中国人民は全人類に貢献した」と称賛した。
こうした貢献を支えたのは、困難に直面するとかえって奮い立つ
中国人民の特質だった。(後略)』
(AFP 2020年3月22日 18:00)
https://www.afpbb.com/articles/-/3273614

チャイナが武漢肺炎発生当初に情報を隠蔽したせいで、
「殺人ウイルスを全人類にばら撒いた」の間違いだろう。

国連の事務総長は正気だろうか?

殺人ウイルスをばら撒いた国を「全人類に貢献した」と
称賛するようでは国際機関の代表を務める資格はない。

それにしても国連関係はどの組織も
もはや救いようがない。

自由主義陣営は、チャイナに乗っ取られた国連を解体し、
新たな国際組織を立ち上げるべきだ。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年3月21日 (土)

トランプの正論

『トランプ米大統領は19日の記者会見で、
中国政府が新型コロナウイルスの感染源となった湖北省武漢市で
「過去24時間に新たな感染者が確認されなかった」
と発表したことに関し「本当であることを望みたい。(真実かどうか)
誰がわかるというんだ」と述べ、懐疑的な見方を示した。
トランプ氏はまた、中国共産党体制が武漢市での感染発生を知りながら
何カ月も隠蔽していたことに関し、中国が適切な対応をしていれば
「感染を発生場所だけに封じ込めることができていたはずだ。
中国の情報隠蔽で世界は非常に大きな代償を支払っている」
と痛烈に批判した。
米国家安全保障会議(NSC)は18日、「中国共産党は中国ウイルス
(新型コロナの別称)に関する初期報告を握りつぶし、
(ウイルスの存在を指摘した)医者やジャーナリストらを処罰した。
そのせいで、中国および諸外国の専門家は地球規模のパンデミック
(世界的大流行)を食い止める重要な機会を喪失した」と非難した。』
(SANKEI NEWS 2020.3.20 12:51)
https://www.sankei.com/world/news/200320/wor2003200038-n1.html

第二次世界大戦の前なら、このトランプの発言は
日本こそが行っていたものだろう。

日本はそれほど正義感にあふれる国
だったのである。

たった一度の敗戦で、日本は考えられないほど
みすぼらしく、情けない国になった。

チャイナの虐殺や侵略、事実を上書きする捏造に対して、
批判しないばかりか、チャイナにすり寄る始末。

このままでは日本はチャイナの属国として、
世界から糾弾されかねない。

それにしても上記のトランプの発言は
ケチのつけようがない。

事実を淡々と述べながら、新型コロナのパンデミックの原因が、
すべてチャイナによる隠蔽と捏造にあることを論証している。

それに引き換え、我が国の外務大臣は、中韓とテレビ会議を行い、
日中韓で感染防止へ連携していくのだという。

茂木氏は「地域の平和と安定に責任を有する3か国の協力が
極めて重要だ」と述べたそうだ。

まあ、せいぜい頑張ってもらいたい。
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E6%96%B0%E5%9E%8B%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%81%A7%E6%97%A5%E4%B8%AD%E9%9F%93%E5%A4%96%E7%9B%B8%E3%81%8C%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E4%BC%9A%E8%AD%B0-%E4%BA%94%E8%BC%AA%E3%80%8C%E5%AE%8C%E5%85%A8%E3%81%AA%E5%BD%A2%E3%81%A7%E3%80%8D%E6%94%AF%E6%8C%81/ar-BB11rgSW

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年3月20日 (金)

国民を救わない麻生は国賊

『麻生太郎財務相は18日午前の参議院財政金融委員会で、
新型コロナウイルスによる影響で収入が激減している家計への支援策として、
現金給付は現時点では検討していないと明らかにした。(後略)』
(ロイター 3/18(水) 11:31配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200318-00000077-reut-asia

国民の生命を脅かす、破滅的な経済危機を目前にして、
「現金給付は効果がない」「消費税減税は考えていない」
と我が国の財務大臣は言うが、それでは何をやるのか?

この財務大臣はこうも言っている。

経済対策の規模を聞かれ、「財政再建と景気対策という、
二律背反することを行わなければいけない。
今の段階で、どのぐらいのものを財政で出動するか
決めているわけではないが、赤字国債が増えることにも
なりかねないので、慎重に対応したい」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200319/k10012339661000.html

国民の命と暮らしを心配するのではなく、
「赤字国債」を気にしているのである。

いまは平時ではなく、国家の非常時なのだ。

国民を飢え死にさせてでも、
「財政再建」を成し遂げることが、
我が国の財務大臣の望みなのか?

財務省のスピーカーのような「国賊」に
日本の政治は任せられない。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

マスクはどこへ行った

『新型コロナウイルスの影響でマスク不足が続くなか、
神戸大学医学部付属病院でも調達ができなくなり、
医師や看護師などに支給するマスクを3日に1枚に
制限していることが分かりました。
病院では感染のリスクを懸念する声が
上がっています。(後略)』
(NHK NEWS WEB 3月18日7時07分)
https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20200318/2000026651.html

いくらマスクの国内生産が3割程度だと言っても、
ここまでマスク不足が続くのは異常ではないか?

兵庫県ではマスクが不足していたチャイナに
100万枚のマスクを送っていたというが、
県内の病院がマスク不足に陥っても、
何のサポートもしないのだろうか?

マスクが店頭から消えて1か月半ほど経つが、
メーカーが徹夜で増産を続けて、
マスク不足が全く解消されないのも不思議だ。

店頭からマスクが消えたばかりでなく、
もっとも優先されるべき病院でさえ
マスクが調達できなくなっている。

僕には流通のどこかに大きな穴が開いていて、
そこからマスクが大量に抜き取られているのではないか、
そして海外に送られているのではないかと疑っている。

マスクの転売は禁止されたようだが、
転売マスクの入手ルートは
潰されていないのではないだろうか。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

2020年3月19日 (木)

消費税率ゼロにする発想ない

『麻生太郎財務相は18日、参院財政金融委員会で、
消費税率を直ちにゼロ%にする発想はないと答弁した。
西田昌司(自民)委員の質問。
西田氏はコロナショックに対応するためには、
国内総生産の10%に相当する50兆-60兆円の経済対策と
消費税率のゼロ%への引き下げを求めた。
麻生氏は、一度消費税率を引き下げた場合、
再引き上げを繰り延べれば日本の財政が
もたなくなると反論した。(後略)』
(ロイター 3/18(水) 14:27配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200318-00000104-reut-bus_all

麻生氏は分かって言っているのだと思うが、
消費税を上げて経済が失速すれば
結局のところ税収は落ち込むのである。

この30年で世界の多くの国は
GDPが2倍以上に増えているが、
日本だけがほぼ1倍で増えていない。

もしGDPが2倍に増えていれば、
税収もそれに比例して
2倍程度になっていたはずだ。

麻生氏は「一度消費税率を引き下げた場合、
再引き上げを繰り延べれば日本の財政がもたなくなる」
と言うが、それは全く逆で、
消費税を引き下げ、経済が復活を遂げると
日本は財政的にも豊かになるのである。

もし、日本のGDPが他国並みに
2倍に増えていれば、
そもそも財政問題などなかったのだし、
消費税増税により経済を冷やし続けたことで
財政問題があるように見えるだけなのだ。

いま大幅な消費税減税をせず、
大規模な財政出動をしなければ、
日本経済は新型コロナ不況によって
壊滅的な打撃を受けるだろう。

その時こそ日本の財政は
もたなくなる。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

2020年3月18日 (水)

日本はどうでもいい二階

『新型コロナウイルスの感染拡大によって世界経済の減速が懸念される中、
自民党からも令和2年度補正予算案の編成、消費税を含めた減税、
期限付き商品券の配布、現金給付など、踏み込んだ景気浮揚策を政府に
求める声が相次いでいるが、消費税減税には慎重論も根強い。(中略)
二階氏は16日の記者会見で「仮に(消費税減税)した場合にいつ元に
戻すのか、責任は誰が負うのか」と反発。
岸田文雄政調会長も慎重な考えを示した上で、商品券配布、現金給付、
消費税以外の減税を実施する可能性に言及した。(後略)』
(SANKEI NEWS 2020.3.16 20:32)
https://www.sankei.com/life/news/200316/lif2003160078-n1.html

東京からだけでも防護服33万6,000着と、
日本からは大量のマスクや防護服をチャイナに送っているが、
わずか防護服5,000着、マスク10万枚を返されただけで
「お礼の訪中をしたい」と語ったのが二階俊博だ。

その二階俊博が、未曽有の経済不況に襲われている
日本にとって最も効果が高いと思われる消費税減税案に対して、
「仮に(消費税減税)した場合にいつ元に戻すのか、
責任は誰が負うのか」と反発しているという。

消費税減税が効果的かどうかではなく、
「いつ元に戻すのか?」「責任は誰が負うのか?」とは、
この男、いったい何を言っているのだろう?

中国様がご無事でありさえすれば良くて、
日本のことなどどうでもいいのだろうか?

元に戻すのは、(もしそれが必要であれば)
日本経済が成長軌道を取り戻したときに決まっているし、
責任はお前ら政治家が負うに決まっている。

大切なのは、この経済危機をいかにして
切り抜けるかなのだ。

二階にしても、岸田にしても、
いったい誰のために政治を行っているのか?

まあ、この発言を聞いただけでも、
日本人のために政治を行っているのではない
ことだけは確かなようだ。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

2020年3月17日 (火)

新型コロナ感染後の悪い事例

『大阪府は15日、庁舎管理課に所属する60代の男性職員=兵庫県
三田市在住=が新型コロナウイルスに感染したと発表した。(中略)
男性は2月20~29日に休暇を取り、フィリピンに渡航。
今月2日に発熱し、11日まで5日間出勤した。
発熱後は「寒気がする」などと周囲に話していた。
12日に38度の高熱が出て呼吸困難になり、医療機関を受診した。
翌13日に熱は下がったが、別の医療機関で検査を受けたところ、
陽性反応が出た。現在は自宅待機中という。
男性は、熱が出た後もマスクを着けなかった理由について、
府の聞き取りに「着用しても効果がないと思っていた」
と話したという。』
(SANKEI NEWS 2020.3.15.16:06)
https://www.sankei.com/affairs/photos/200315/afr2003150004-p1.html

大阪府知事は新型コロナの件で、
さかんにツイッターで発信しているようだが、
身内である府の職員が体調を崩して発熱したら
休暇を取らせるといった対策を
徹底できなかったのだろうか?

なんのために学校の休校や
イベントの自粛をやっていると
思っているのだ。

この時期、熱を出して
「寒気がする」などと言いながら
マスクもつけないで職場に来られたら、
同僚たちもたまらなかっただろう。

「12日に38度の高熱が出て
呼吸困難になり」とあるが、
38度くらいの熱で呼吸困難になるとは
新型コロナは初期症状でも
かなりひどいものだ。

「マスクを着用しても効果がないと
思っていた」というのは、
テレビなどで専門家と称する人たちが
さかんに吹聴していた「マスク不要論」の
影響だろう。

「マスクは予防の効果がない」
と言っていたのが、
「他人にうつさない効果もない」と
拡大解釈されたのだろうが、
いずれにしても効果がないなどと
いうことは絶対にない。

もし、全く効果がないとしたら、
マスクメーカーが嘘をついていることになるし、
いま世界中でマスクが品不足になっている
理由が分からない。

最近、「マスクは効果がない」という
意見を言う専門家をあまり見なくなったが、
マスクが不足している今こそ
「マスク不要論」を声高に
叫んでもらいたいものだ。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

2020年3月15日 (日)

河野通信2

(3月15日12時 )
国内感染者780  
退院157  
入院中537   
軽中度299   
人工呼吸/ICU36   
確認中190   
待機中12  
陽性無症状入院57  
症状有無確認中7  
死亡22
(クルーズ船)
陽性712
帰国40
退院458
死亡7
入院中207
(河野太郎防衛大臣のツイートより)
https://twitter.com/konotarogomame/status/1239155503080435712

(3月9日12時)
国内感染者 488名  
退院 101名  
入院中 346名  
軽中度 182名   
人工呼吸/ICU 33名   
確認中 121名   
待機中 10名  
陽性無症状入院 34名  
死亡 7名
(クルーズ船(3月8日))
陽性696名
帰国40
入院中?
人工呼吸又はICU 26名
退院245名
死亡7名
(河野太郎防衛大臣のツイートより)
https://twitter.com/konotarogomame/status/1236997589330878464

河野防衛大臣のツイートによると、
現時点の日本における武漢ウイルス感染者数は780名、
死者は22名と
6日前に比べて感染者は292名増え、
死者は15名増えた。

感染者数は、すべての人にウイルス検査を
しているわけではないため、
新たに感染が見つかった人ということになるが、
前回に比較した1週間での増加数と
ほとんど変わらない。

死者はほぼ3倍増となったが、
1日に換算すると2.5名で、
諸外国と比べるとずいぶん少ない。

日本時間14日午前2時からの24時間で、
イタリアでは175名、
イランでは97名、
スペインでは63名が新たに死亡している。

日本は発生国であるチャイナと地理的に近く、
春節の時期にはチャイナからの観光客が
世界一多かったにもかかわらず、
未だに感染爆発が起こっていないのは
不思議と言えば不思議である。

まだまだ油断できない状況ではあるが、
このまま最小限の被害で収束することを願うばかりだ。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

2020年3月14日 (土)

異常な国と異常な組織

『14日付の中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は、
欧米諸国の新型コロナウイルス感染症への対応が甘く、
感染拡大を許したとして「反省すべきだ」
と訴える社説を掲載した。(後略)』
(KYODO 3/14(土) 18:02配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200314-00000121-kyodonews-int

『WHO=世界保健機関は、新型コロナウイルスの世界的な大流行の
中心がヨーロッパになったという認識を示したうえで、
渡航を制限することではウイルスの感染拡大を食い止められないとして、
検査や隔離などの対策を強化する必要があると強調しました。(後略)』
(NHK NEWS WEB 2020年3月14日 4時50分)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200314/k10012331001000.html

これは妄想に過ぎないけれど、
武漢ウイルスの騒動が始まった頃、
僕は米国との経済戦争に行き詰ったチャイナが
世界を大混乱に陥らせるために
武漢ウイルスを撒き散らしたのではないか
と思ったものだ。

さすがに自国民を巻き添えにはしない
という考え方もあるだろうが、
人の命が藁ほどに軽いチャイナであれば
十分に考えられることかもしれない。

いつの間にかチャイナは
ウイルス発生の責任を他国に転嫁し、
欧米諸国が感染拡大を許した
と反省を強いている。

チャイナの広報官のようなWHOも、
大流行の中心地がヨーロッパに移ったことを
大々的に報じている。

さらにWHOはウイルス検査を
しきりに推奨している。

これは日本国内の反日メディアなどの
動きとも符合するが、
いま日本では広くウイルス検査をすることは
医療崩壊を招くとの考え方が一般的だ。

WHOは世界各国で医療崩壊を起こそうと
画策しているのだろうか?

チャイナとWHOの動きは
今後も注意深く見守っていく必要が
ありそうだ。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

2020年3月13日 (金)

おかしな発言をする人々

『中国による日本への支援の心は、
金銭に代えることはできないもの…
われわれだけでなく、
子々孫々に伝えていかなければならない』
By 二階俊博
http://gensen2ch.com/archives/81560106.html
チャイナの隠蔽によって、新型コロナの拡散を招き、
日本も世界もとんでもない迷惑をこうむったのに、
この爺は何を言っているのだろう?

『韓国の対応はあらゆる国にとって、
良い手本となる』
By 上昌広
http://gensen2ch.com/archives/81558278.html
日本ももっともっとウイルス検査をしなさいと。
そして医療崩壊を招きなさいと…。

『新コロナウイルスは、
ある意味で痛快な存在かもしれない。』
By 朝日新聞のアホ記者
https://hosyusokuhou.jp/archives/48873822.html
世界のマスメディアで、
「新型コロナを痛快な存在」と言っているのは、
朝日新聞くらいのものだろう。

『新型コロナウイルスを中国へと持ち込んだのは
米軍だと思われる』
By チャイナの報道官
https://hosyusokuhou.jp/archives/48873809.html
ある意味、勇気のある発言だと
思うけれど…。

それにしても日本国民は、
こうしたおかしな人たちのおかしな発言を、
本当におかしいと感じているのだろうか?

国会で反日野党が騒ぎ立てると
一瞬でも安倍政権の支持率が下がるのは、
朝日新聞をいまだに数百万人が
購読するのをやめないのは、
いつまでもテレビのワイドショーを
喜んで見ているのは、
こうしたおかしな発言を
おかしいと思っていないような
気もするのだ。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

2020年3月12日 (木)

イタリアの医療崩壊

『ミラノからの衝撃的な証言
「60代以上の人には挿管しなくなった。
状況は非常に深刻です。
若い人や他の病状のない人を選んで
挿管する人の選択を開始する必要があった。
多くの人が換気補助を必要としていますが
全ての人に機械的換気はできません」
(ないと死に至ります)』
(togetter 2020年3月11日)
https://togetter.com/li/1479734

上記記事がどこまで正確なのかはわかりませんが、
イタリアは大変なことになっているようですね。

日本で今、ウイルス検査をしつこく叫んでいる人たちは、
日本でもイタリアのように医療崩壊を起こそうと
画策しているのかもしれません。

初めて日本人の感染者が見つかった頃なら、
ウイルス検査の網を広くかけ、感染者を見つけ出し、隔離して
感染拡大を抑え込むことができたかもしれませんが、
ここまで広がってしまったら、それは不可能です。

最初の頃、厚労省が検査の対象を
湖北省に関係のある人に絞ってしまったために、
その最も大切な機会は失われました。

空港に勤務している人が肺炎になっても、
検査してもらえなかったのです。

まあ、日本は発生国である中国からの人の流入を
止めていませんでしたから、
いずれにしても初期段階で感染を封じ込めることは
しなかったし、できなかったわけです。

今は、検査をして感染者を見つけ出すよりも、
重症者の治療に集中すべき時です。

PCR検査の精度は40%程度と言われ、
万一陽性が出ても治療法はないのだから、
検査をする意味はほとんどありません。

軽い風邪程度の症状なら外出せず、
家で養生するのが最も良い対処法で、
4日程度が経過して検査対象となったら
「帰国者・接触者相談センター」に
連絡すればいいでしょう。

上記記事のようになってしまったら、
取り返しがつかないので、
今は落ち着いて行動すべきです。

そして、みんなが感染しないように、
感染させないように気を配り、
この疫病を克服しなければなりません。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

2020年3月11日 (水)

日本WHOに46億円を拠出

『テドロス事務局長
「I am grateful to Japan(日本に感謝します)」』
(Share News Japan 2020-03-11)
https://snjpn.net/archives/184731

日本が先日の10億円に続いて、
WHOに46億円を拠出したというのは
事実なんだろうか?

チャイナの下部組織のようなWHOに
なぜ日本ばかりが大金を出さなければ
ならないのだろう?

それほど豊かでもなくなったのに
キャッシュディスペンサーのように
金を引き出される無力な国。

昨日の記事で引用した、
「日本が新型コロナの封じ込めに成功した」
という日本に対する一変した態度も、
このことが影響しているのだろうか。

だとしたら、
ますますバカである。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

日本は封じ込めていない

『(前略)WHOは日本やシンガポールなどは
封じ込めに成功しているとし、「勇気づけられている」
(緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏)
と対策の成果を評価した。(後略)』
(日本経済新聞 2020/3/10 2:30)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56596050Q0A310C2000000/

WHOは一貫して頓珍漢な発言をしているが、
日本が新型コロナ感染を封じ込めているというのも
早計であり、実態を分かっていない。

日本政府が学校の休校措置やイベントの自粛要請、
チャイナや韓国からの入国制限などの対策を
矢継ぎ早に実施したのはつい最近のことで
それまでは対策らしい対策は
ほとんど何も打ってこなかった。

日本で新型コロナの感染爆発が
早期に起こらなかったのは、
日本人が握手やハグなど日常生活で
濃厚な接触をしない傾向にあることと、
手洗いやマスクなどの衛生習慣が
徹底していることによるものだ。

これまで屋形船やライブハウス、
スポーツジムなどでクラスターが発生しており、
日本で感染爆発が起こるのはこれからで、
政府の対策が効果を発揮するかは、
ここ数週間の状況を見なければ分からない。

WHOは、日本が韓国・イラン・イタリアと並んで
最も危険な状態にあると懸念を示したり、
コロナ感染を封じ込めていると言ったり、
不正確な情報を発信し続けている。

世界の保健問題を統括しているとは
とても信じがたいクズ組織である。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

2020年3月 9日 (月)

河野通信

3月9日12時
国内感染者 488名  
退院 101名  
入院中 346名  
軽中度 182名   
人工呼吸/ICU 33名   
確認中 121名   
待機中 10名  
陽性無症状入院 34名  
死亡 7名
(河野太郎防衛大臣のツイートより)
https://twitter.com/konotarogomame/status/1236997589330878464

3月2日正午
国内感染者 254名
退院 43名
入院中 192名
軽中度 99名
人工呼吸/ICU 23名
確認中 65名
待機中 5名
陽性で症状なし 13名  
死亡 6名
(河野太郎防衛大臣のツイートより)
https://twitter.com/konotarogomame/status/1234448441092136962

河野太郎防衛大臣のツイッターでの報告によると、
新型コロナによる日本国内での感染者数は488名、
入院者数は346名と、いずれも1週間前に比べて
約2倍に増加している。

イランや韓国、欧米での劇的な増加に比べると
かなり抑えられているともいえるが、
今後の増加率の上昇には注意が必要だ。

もちろん検査体制の不備もあり、
ウイルス感染者数と検査で陽性になった人の数には
相当の乖離があると考えられ、
実際の感染者数ははるかに多いと想像されるが、
それでも死者がほとんど増えていない
ところが救いではある。

いずれにしても、ここ数週間が
日本で感染爆発が起こるかどうかの
瀬戸際であることに変わりはなく、
当分の間、国民一人一人の感染予防が
重要となりそうだ。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

イタリアでなぜ感染が拡大したか?

『欧州での新型コロナウイルス流行の中心地となっているイタリアで、
映画館、劇場、博物館といった娯楽施設が同国全土で閉鎖された。
同国のジュセッペ・コンテ(Giuseppe Conte)首相が8日、政令に署名した。
イタリアでは同国北部の広範囲にわたる、約1500万人が暮らす地域が
4月3日まで封鎖されるほか、政府のウェブサイトに掲載された政令に
よると、政府が全国各地の学校やナイトクラブ、カジノを閉鎖したという。
イタリアでは、新型ウイルスによる死者が200人を超え、
中国本土以外では死者数が最多を記録している。』
(JIJI.COM 3/8(日) 14:47配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200308-00000024-jij_afp-int

チャイナ以外で新型コロナの感染者数が多いのは、
韓国・イタリア・イランの3か国だ。

韓国では新興宗教団体からの感染拡大が原因とされ、
イランでは当初の感染隠ぺいが拡大を招いたとされる。

では、イタリアはなぜこんなに酷いことに
なってしまったのだろう?

イタリアで最初の感染者が発見されたのは1月末で、
中国人観光客がイタリア旅行中に発症したのだという。
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/03/post-92612.php

この時イタリア政府は、さらなる感染を防止するために
他の欧州諸国に先駆けて、チャイナとの直行便について
発着を含め、すべて禁止したようだ。

ところが2月21日、
チャイナへの渡航歴のない38歳の男性が
ウイルス検査で陽性と診断される。

そして、それから1週間以内に888人の感染が確認され、
そのうち21人が死亡したのだという。

この感染拡大が、38歳の男性がウイルス検査で
陽性と診断される前に他の多くの人々に感染させたのか、
それとも全く別の無症状の感染者が
ウイルスを拡散させたのかは判っていない。

しかしながらイタリアでは、ウイルス感染が疑われる
患者に対する検査のガイドラインが、
最初の頃の日本と同様にチャイナとの関連がある患者に
限られていたのだという。

それが1月末の最初の中国人観光客の感染判明から
2月21日のイタリア人第1号の感染者まで
新たな感染者が見つからなかった理由だろう。

つまり、ウイルス検査による感染者が
見つからなかっただけで、
イタリア国内で新型コロナの感染は
静かに広がり続けていたのである。

いまイタリアでは、
学校やナイトクラブの閉鎖だけでなく、
1,500万人の人々が暮らす北部地域が、
4月3日まで封鎖されるという。

日本は、ここ2週間が感染拡大の瀬戸際だとして、
学校の休校措置やイベントの自粛などを実施しているが、
これが奏功せず、感染が急拡大すれば、
イタリア同様の徹底した封鎖を行う必要が
生じるかも知れない。

日本はまだ何となくのんびりした雰囲気だが、
いまが感染拡大か、収束へ向かうかの
まさに剣が峰なのだ。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

2020年3月 7日 (土)

生産拠点を国内回帰へ

『新型コロナウイルスの感染拡大で
中国からの電子部品などのサプライチェーンへの影響が懸念される中、
安倍総理大臣は会合で1つの国への生産依存度が高い製品は
生産拠点の国内回帰を後押しする考えを示しました。(後略)』
(NHK NEWS WEB 2020年3月5日 )
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200305/k10012315931000.html

これは当然やるべき政策だが、
チャイナの泥沼に首までズッポリと
嵌まり込んでいる日本の経済界が、
そこから抜け出せるかという話。

米国があれほど厳しく警告していたのに、
まったく聞く耳を持たず、
日本の経済界は、さらに深くチャイナに
入り込もうとしているのだ。

付加価値の高い製品は国内で、
付加価値の高くない製品についても
生産拠点の多元化を図るべきというのは、
まさにその通りなんですがね。

まあ今は、長年にわたる緊縮財政と、
10%への消費税増税で、
青息吐息になってしまった日本経済が
新型コロナショックによって
とどめを刺されないように
支えるのが先決だろう。

かなり思い切った手を打たないと、
数か月後には死屍累々たる有様になるのでは
ないかと、まじめに心配しています。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

2020年3月 6日 (金)

日本に対するビザ免除停止

『新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、
日本政府が韓国からの入国者に指定場所での2週間の待機を要請する
ことなどを決めたのを受け、韓国政府は、今月9日午前0時をもって、
日本に対するビザの免除措置と、すでに発行済みのビザの効力を
停止するなどとした新たな措置を発表しました。
今回の発表は、事実上の対抗措置と受け止められています。(後略)』
(NHK NEWS WEB 2020年3月6日 20時12分)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200306/k10012318101000.html?utm_int=news_contents_news-main_003

今回の韓国の措置は、
日本からの「この時期、日韓の往来を制限しよう」
という呼びかけに、韓国側からも強調してくれたと
好意的に捉えるべきでしょう。

いずれにしても、その目的は、
新型コロナウイルスの拡散を防止する
ということで一致しています。

チャイナとも、お互いに入国制限することになったし、
これで日本とチャイナ、韓国の往来は、
かなり減少することでしょう。

日本は、学校の休校措置という、
思い切った対策を取ったことでもあるし、
この3月に新型コロナウイルスの拡散を抑制し、
武漢肺炎による重症者を回復させることができれば、
収束の可能性が見えてくるかもしれません。

早く精度の高い検査方法と確実な治療方法が
見つかってくれればいいのですが…。

そういえば、政治家等からの批判を受けて、
NHKが日本の感染者数にクルーズ船の感染者を加えて
カウントするのをやめたようです。

海外に出た日本人が差別に合うケースも増えているので、
日本がことさら流行地域であるというような
間違った情報提供は控えてもらいたいものです。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

2020年3月 5日 (木)

チャイナ・韓国・イランを入国制限

『政府は5日、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染を
防ぐ水際対策として、中国と韓国に所在する日本大使館で発行した
査証(ビザ)の効力を停止する方針を固めた。
香港・マカオ・韓国はビザなし入国の特例も停止する。
中国と韓国には、観光客の来日を自粛するよう要請する。
これにより、事実上中国人と韓国人の入国を制限することになる。(中略)
中国と韓国からの入国者は、検疫法に基づく「停留」措置を取り、
政府指定の施設などで2週間隔離したうえで、
入国許可を出す。(後略)』
(SANKEI NEWS 2020.3.5 15:00)
https://www.sankei.com/politics/news/200305/plt2003050015-n1.html

最初にやるべきチャイナからの入国制限を
最も遅いタイミングでようやく実施した。

昨日のブログで
「チャイナからの渡航を禁止する最後のチャンス」
と書いたが、米国が日本を渡航禁止にしていない
今のタイミングを逃したら、
もう入国を制限する機会はなかっただろう。

それにしても「習近平の国賓来日」にはじまり、
「武漢肺炎によるチャイナからの入国の扱い」まで、
安倍政権の対応は異様だった。

二階幹事長をはじめとする媚中派議員の発言は、
対等の国家間の関係とは思えない、
まさに隷属する奴隷国家のそれであった。

これからは日本国民が納得できるような
まともな政策をお願いしたい。

いまは新型コロナ感染拡大抑止も大切だが、
経済政策も待ったなしで、
消費税をゼロにするくらいのインパクトが
求められている。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

2020年3月 4日 (水)

米渡航規制強化に日本も

『トランプ米大統領は3日、ホワイトハウスで記者団に対し、
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて強化した渡航規制に関し、
一部地域についてすでに強化しているイタリア、韓国と同様に
「日本(の状況)についても注視している」と述べた。
トランプ氏が日本を渡航制限の対象として
名指ししたのは初めて。(後略)』
(SANKEI NEWS 2020.3.4 10:34)
https://www.sankei.com/world/news/200304/wor2003040013-n1.html

トランプ大統領が、
チャイナはもちろん、イランや韓国、イタリアとは
感染者数や死亡者数で差のある日本を
同様の扱いにすることを仄めかしたのは、
日本に対して米国と同様の渡航規制をするよう
求めているからではないか?

米国がチャイナや韓国からの渡航を規制しても、
日本経由で同地域から人が流入したら意味がない。

日本がチャイナや韓国からの渡航規制をしないと、
この3か国は同じような疫病国家として
扱われてしまう危険性がある。

実質的にいまチャイナからは800人程度しか
入ってきていないという人もいるが、
渡航規制をしている国は穴が開くことを
嫌うのだと思う。

疫病の感染拡大防止は、
国内でどのような手を打とうと、
外からの侵入に穴があれば、
その努力が水の泡になる。

日本は国際協調の面からも、
チャイナや韓国を渡航禁止にすべきで、
米国が日本を対象にしていない
今が最後のチャンスである。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

2020年3月 3日 (火)

日本が入国制限の対象に

『中国の上海市や北京市は3日、
新型コロナウイルスの感染が逆流するのを防ぐため、
日本から入国した駐在員や旅行者らに14日間の自宅待機や
外出制限などの隔離を求めることを決めた。
インドも未入国の日本人などに事前発給したビザを無効にし、
渡航を一時停止すると発表した。
日本企業の海外事業運営に大きな支障が出そうだ。(後略)』
(日本経済新聞 2020/3/3 18:58)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56334300T00C20A3MM8000/

ここまでの新型コロナウイルスに対する
日本政府の対応を見ていると、あまりにも愚鈍で
国家の体をなしていないように感じる。

米国もその誤りを厳しく批判している。

日本政府は、なぜチャイナからの入国を禁止せず、
そして逆にチャイナから入国を制限されるという
お粗末な事態を招いたのか。

これをチャイナの工作という視点で見ると、
様々な動きがつながってくる。

最初に武漢肺炎の騒動が起こったとき、
チャイナは日本に「大事にしない」よう要請し、
日本が入国制限するのを牽制。

日本国内では専門家と称する人たちが、
「武漢肺炎はインフルエンザと変わらない」
「入国制限をしてもピークを遅らせるだけ」など、
武漢肺炎を過度に心配するなという情報を流し、
日本国民を洗脳する。

春節を迎え、武漢をはじめチャイナ全土から
大量の観光客が来日。

おそらくこの時、新型コロナウイルスが、
多くの日本人に感染したと思われる。

この時期に専門家から「マスクは防御的な効果が
ほとんどない」ということが
まるで医師の間の常識のように喧伝される。

そして、店頭からマスクが消え、
マスクを買えなくなった日本国民が
ウイルス感染の危険にさらされる。

厚労省がウイルス検査に「武漢との濃厚な関係」
という異常に厳しい制限を設けたため感染者が一時的に隠され、
新たな感染者と感染源との繋がりが分からなくなる。

「これからは感染拡大防止よりも重症者の治療に注力する」と、
厚労省は早くも感染の拡大防止をあきらめる。

そして、東京五輪等への影響を考えてか、
安倍総理が唐突に「学校の臨時休校」といった
ウイルス感染の拡大防止策を打ち出す。

反日野党・反日マスコミが一斉に批判。←いまここ

これら一連の流れがチャイナの工作と考えると、
なんとなく腑に落ちるのではないか。

チャイナは今の日本が、
危機に際しては何もできないことを
よく学んだだろう。

チャイナの工作船が尖閣に上陸したとき、
北朝鮮のミサイルが日本本土に着弾したとき、
日本政府はどうするだろう?

僕には日本政府が痴呆のように、
「断固として許すことができず、遺憾であります」
などと言うだけなのではないかと想像する。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

分かりやすい感染状況報告

新型コロナウイルス感染事例
チャーター便、クルーズ船を除く
3月2日 12 時時点
全国 221名 北海道71 宮城県1 栃木県1 千葉県13 東京都37 神奈川県24 新潟県1 石川県4 長野県1 岐阜県2 静岡県1 愛知県32 三重県1 京都府2 大阪府4 兵庫県1 奈良県1 和歌山県11 高知県2 福岡県3 熊本県5 沖縄3
https://twitter.com/konotarogomame/status/1234455112883376130

3月2日正午。
国内感染者 254名
退院 43名
入院中 192名
軽中度 99名
人工呼吸/ICU 23名
確認中 65名
待機中 5名
陽性で症状なし 13名  
死亡 6名
(河野太郎防衛大臣ツイートより)
https://twitter.com/konotarogomame/status/1234448441092136962

河野太郎防衛大臣の日本での新型コロナウイルス感染
に関する現状報告は簡潔にして分かりやすい。

こうしたことをマスメディアは
報道しているのだろうか?

感染者が北海道で多く、九州・沖縄地区で少ないのが、
気温差によるものなら、
今後インフルエンザのように収束していくことも
期待できる気がするのだが、どうなんだろう?

でも、東北で少なく、東京・神奈川・愛知で多く、
大阪では少ないところを見ると
今のところ、人口の多さや気温差での傾向を
読み取ることは難しそうだ。

退院43名、陽性で症状なしが13名と意外に少なく、
人工呼吸/ICU治療中の重症患者が23名もいる
というのが気にかかるところだ。

感染するのはイヤなので、僕もここ2週間は
スポーツジムに行くことなどを控えようと思うが、
新型コロナとの戦いが2週間で終わるとも思えない。

こうした人込みを避ける自粛生活は
いつまで続くのだろう?

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

2020年3月 1日 (日)

中国女性マスク転売で2000万円

『(前略)〈マスク完売しました〉
今、日本中のドラッグストアの店頭にそんな告知が張り出されている。
新型コロナウイルスが猛威を振るう中、マスクの品薄状態は当面続く見込みだ。
このマスク不足に拍車をかけているのが、混乱に乗じてひと儲けする
ことを企む人間による転売行為だ。
彼らに買い占められたマスクは、フリマアプリなどに
定価の5〜10倍で出品されている。(後略)』
(FRIDAI DIGITAL 2020年03月01日)
https://friday.kodansha.co.jp/article/98260

僕はマスクが店頭から消える直前に、
残っていた最後の男性用マスク(7枚入り)
を買うことができた。

家にも少し予備があったので、
特にマスクに困ることはなかったのだが、
ここ1か月ほどの間、
近所のドラッグやスーパーに
マスクが置かれているのを
見たことがない。

入荷の予定を聞いても
「ない」とか「わからない」という返答で、
すぐに売れてしまうというより、
入荷そのものがないようなのだ。

マスクはほとんどチャイナで作られているから
と思っている人も多いかもしれないが、
僕はいつもMADE IN JAPANのマスクを買っており、
日本でも結構マスクは作られている。

政府がメーカーに増産を要請している状況で、
1か月もの長期間、店頭からマスクが消えてしまうのは
明らかに異常だと思う。

要するにこの記事にも書かれているように、
流通の途中で不正に手に入れている人間が
いるわけだ。

日本で買って、
チャイナで高く売り捌いているのかと思ったら、
フリマアプリなどで日本人にも
売っているという。

フリマで定価の数倍で売り捌こうと思えば、
店頭で手に入れられないようにしなければならず、
要するにこういう連中は国内の流通業者と
繋がっているのだろう。

そもそもインフルエンザから
花粉症のシーズンに至るこの時期は、
一年のうちでも最も多くマスクが
流通する時期なのである。

商品を流しているのも、販売しているのも、
チャイナ系か、その協力者かと思われ、
日本はつくづく乗っ取られているなあと
思えてくる。

テイッシュやトイレットペーパーで
もう一儲けをと企んだのだろうが、
さすがに日本中の店頭から
数週間の間、紙製品を消えさせるのは
無理なようである。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« 2020年2月 | トップページ