フォト

おすすめ本

  • 新型肺炎の猛威と習近平独裁
  • 中国という禍
  • 武漢人狩りの冷血
  • フクシマフィフティ
  • 女性天皇と女系天皇はどう違うのか

« 国民を救わない麻生は国賊 | トップページ | 中国人民は全人類に貢献した? »

2020年3月21日 (土)

トランプの正論

『トランプ米大統領は19日の記者会見で、
中国政府が新型コロナウイルスの感染源となった湖北省武漢市で
「過去24時間に新たな感染者が確認されなかった」
と発表したことに関し「本当であることを望みたい。(真実かどうか)
誰がわかるというんだ」と述べ、懐疑的な見方を示した。
トランプ氏はまた、中国共産党体制が武漢市での感染発生を知りながら
何カ月も隠蔽していたことに関し、中国が適切な対応をしていれば
「感染を発生場所だけに封じ込めることができていたはずだ。
中国の情報隠蔽で世界は非常に大きな代償を支払っている」
と痛烈に批判した。
米国家安全保障会議(NSC)は18日、「中国共産党は中国ウイルス
(新型コロナの別称)に関する初期報告を握りつぶし、
(ウイルスの存在を指摘した)医者やジャーナリストらを処罰した。
そのせいで、中国および諸外国の専門家は地球規模のパンデミック
(世界的大流行)を食い止める重要な機会を喪失した」と非難した。』
(SANKEI NEWS 2020.3.20 12:51)
https://www.sankei.com/world/news/200320/wor2003200038-n1.html

第二次世界大戦の前なら、このトランプの発言は
日本こそが行っていたものだろう。

日本はそれほど正義感にあふれる国
だったのである。

たった一度の敗戦で、日本は考えられないほど
みすぼらしく、情けない国になった。

チャイナの虐殺や侵略、事実を上書きする捏造に対して、
批判しないばかりか、チャイナにすり寄る始末。

このままでは日本はチャイナの属国として、
世界から糾弾されかねない。

それにしても上記のトランプの発言は
ケチのつけようがない。

事実を淡々と述べながら、新型コロナのパンデミックの原因が、
すべてチャイナによる隠蔽と捏造にあることを論証している。

それに引き換え、我が国の外務大臣は、中韓とテレビ会議を行い、
日中韓で感染防止へ連携していくのだという。

茂木氏は「地域の平和と安定に責任を有する3か国の協力が
極めて重要だ」と述べたそうだ。

まあ、せいぜい頑張ってもらいたい。
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E6%96%B0%E5%9E%8B%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%81%A7%E6%97%A5%E4%B8%AD%E9%9F%93%E5%A4%96%E7%9B%B8%E3%81%8C%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E4%BC%9A%E8%AD%B0-%E4%BA%94%E8%BC%AA%E3%80%8C%E5%AE%8C%E5%85%A8%E3%81%AA%E5%BD%A2%E3%81%A7%E3%80%8D%E6%94%AF%E6%8C%81/ar-BB11rgSW

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 国民を救わない麻生は国賊 | トップページ | 中国人民は全人類に貢献した? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国民を救わない麻生は国賊 | トップページ | 中国人民は全人類に貢献した? »