フォト

おすすめ本

  • 月刊Will1月号
  • 月刊hanada1月号
  • 月刊正論1月号
  • ここまでわかった新型コロナ
  • 天皇家百五十年の戦い
  • 2021年世界の真実
  • 天皇の国史

« 日本が入国制限の対象に | トップページ | チャイナ・韓国・イランを入国制限 »

2020年3月 4日 (水)

米渡航規制強化に日本も

『トランプ米大統領は3日、ホワイトハウスで記者団に対し、
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて強化した渡航規制に関し、
一部地域についてすでに強化しているイタリア、韓国と同様に
「日本(の状況)についても注視している」と述べた。
トランプ氏が日本を渡航制限の対象として
名指ししたのは初めて。(後略)』
(SANKEI NEWS 2020.3.4 10:34)
https://www.sankei.com/world/news/200304/wor2003040013-n1.html

トランプ大統領が、
チャイナはもちろん、イランや韓国、イタリアとは
感染者数や死亡者数で差のある日本を
同様の扱いにすることを仄めかしたのは、
日本に対して米国と同様の渡航規制をするよう
求めているからではないか?

米国がチャイナや韓国からの渡航を規制しても、
日本経由で同地域から人が流入したら意味がない。

日本がチャイナや韓国からの渡航規制をしないと、
この3か国は同じような疫病国家として
扱われてしまう危険性がある。

実質的にいまチャイナからは800人程度しか
入ってきていないという人もいるが、
渡航規制をしている国は穴が開くことを
嫌うのだと思う。

疫病の感染拡大防止は、
国内でどのような手を打とうと、
外からの侵入に穴があれば、
その努力が水の泡になる。

日本は国際協調の面からも、
チャイナや韓国を渡航禁止にすべきで、
米国が日本を対象にしていない
今が最後のチャンスである。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« 日本が入国制限の対象に | トップページ | チャイナ・韓国・イランを入国制限 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本が入国制限の対象に | トップページ | チャイナ・韓国・イランを入国制限 »