フォト

おすすめ本

  • 月刊Will1月号
  • 月刊hanada1月号
  • 月刊正論1月号
  • ここまでわかった新型コロナ
  • 天皇家百五十年の戦い
  • 2021年世界の真実
  • 天皇の国史

« 日本の休業補償は欧州並み? | トップページ | 外国人旅行者より日本人旅行者 »

2020年4月14日 (火)

ワクチン9月にも実用化?

『英オックスフォード大学の研究チームは、
新型コロナウイルスへの感染を抑えるワクチンを、
早ければ9月にも実用化すると明らかにした。
候補となるワクチンは4月中に臨床試験を
始める予定としている。
11日付の英タイムズが伝えた。
研究チームを率いるサラ・ギルバート教授は
「8割の確率で新型コロナに効く」と語った。
世界保健機関(WHO)は2月時点で、
ワクチン準備までに最大18カ月程度かかるとの
見通しを示していた。(後略)』
(日本経済新聞 2020/4/13 17:04)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57982130T10C20A4910M00/

「早ければ」というのが気にかかるが、
武漢ウイルスのワクチンがあと5か月くらいで
実用化するというのはビッグニュースだ。

武漢ウイルスは、どれほど人的接触を減らしても、
結局のところワクチンでみんなが免疫をつけなければ
終息させることはできない。

緊急事態宣言を出して接触を8割減らしても、
一時的に感染者の増加は抑えられるだろうが、
通常の生活に戻せばまた増加する。

いまは感染爆発を抑えて、
医療崩壊を招かないようにしており、
武漢ウイルスを終息させようと
しているわけではない。

しかしながら、このワクチンのニュースは
なぜか日経新聞でしか報じられていない。

この記事でも「8割の確率で」
と書かれているように、
まだ確実に実用化するという話では
ないようだ。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 日本の休業補償は欧州並み? | トップページ | 外国人旅行者より日本人旅行者 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本の休業補償は欧州並み? | トップページ | 外国人旅行者より日本人旅行者 »