フォト

おすすめ本

  • 月刊will9月号
  • 月刊hanada9月号
  • 月刊正論9月号
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020
  • 地上最強の男
  • 習近平が隠蔽したコロナの正体

« もう記者会見は不要 | トップページ | 「緊急事態宣言」について »

2020年4月 8日 (水)

小池都知事またゴネる

『新型コロナウイルスの感染拡大に備えて
安倍晋三首相が7日行った緊急事態宣言を受けて、
対象となる7都府県の幅広い業種で自粛・休業
の要請がなされる見込みだ。
東京都で調整中の対応案では、クラスター(感染者集団)が
確認されたライブハウスやスポーツクラブなどにとどまらず、
ゴルフ練習場などの遊戯施設や理容室、ホームセンター
などの業種の施設も対象に。
関係者は「対応するしかない」としつつも、
不安や戸惑いを隠せない。(後略)』
(産経新聞 4/7(火) 22:39配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200407-00000659-san-hlth

小池都知事は、混乱を起こすのが
お好きなようである。

過去には、
豊洲移転でゴネて大混乱。
五輪の競技開催場所でゴネて大混乱。

そして、今度は新型コロナで自粛・休業を
要請する対象施設でゴネて、
関係者に不安や戸惑いを
与えている。

もちろん休業要請をどの施設に出すかは、
都に決定権があるのではあるが、
国が決めた範囲で行うことに
特に問題があるとは思えない。

決定を先延ばしにするのは、
施設側にいらぬ負担を強いるだろう。

別に自分が決めたいなら
今すぐ決定すればいいわけで、
ぎりぎりまで先延ばしにして、
名案が浮かぶとも思えない。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« もう記者会見は不要 | トップページ | 「緊急事態宣言」について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もう記者会見は不要 | トップページ | 「緊急事態宣言」について »