フォト

おすすめ本

  • 月刊Will1月号
  • 月刊hanada1月号
  • 月刊正論1月号
  • ここまでわかった新型コロナ
  • 天皇家百五十年の戦い
  • 2021年世界の真実
  • 天皇の国史

« シャープのマスク販売停止 | トップページ | 三密からステイホームへ »

2020年4月23日 (木)

小学生性的暴行で不起訴

『SNSで知り合った小学生の女の子を誘い出し、
性的な暴行をしたとして逮捕された会社員について、
検察は不起訴にしました。
横浜市の47歳の会社員は、SNSで知り合った小学生の女の子を誘い出し、
埼玉県内のホテルで性的な暴行をしたとして先月、逮捕されました。
この会社員について、検察は21日までに不起訴にしました。
検察は処分の理由を明らかにしていません。』
(NHK NEWS WEB 2020年4月21日 18時09分)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200421/k10012399091000.html

ネットで過去の記事を調べると、
犯人はわいせつ行為をしたことを
認めているとある。
https://trendcubic.com/rorikonnokamasato/

それでもこの男を不起訴にする理由が、
僕にはどうしても思いつかない。

万一、合意の上だったとしても相手は小学生だし、
小学生には見えなかったとしても、
18歳未満は淫行に当たるので、
小学生が19歳以上に見えたという言い訳は
通りにくいだろう。

不起訴の決定は検察官が独断でするものだから、
恣意的な決定でないことを証明するためにも、
不起訴の理由を明らかにすべきだ。

小学生を性的暴行して罪に問われないなら、
日本は性犯罪やり放題の国になる。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« シャープのマスク販売停止 | トップページ | 三密からステイホームへ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シャープのマスク販売停止 | トップページ | 三密からステイホームへ »