フォト

おすすめ本

  • 月刊Will1月号
  • 月刊hanada1月号
  • 月刊正論1月号
  • ここまでわかった新型コロナ
  • 天皇家百五十年の戦い
  • 2021年世界の真実
  • 天皇の国史

« 国内の医療崩壊のなぜ? | トップページ | 都内の感染者4日連続で2桁 »

2020年5月 6日 (水)

コロナの危険性を隠した理由

『アメリカの国土安全保障省は、新型コロナウイルスの発生当初、中国政府がマスクなどの医療物資を海外から大量に買い占めるため、ウイルスの危険性を国際社会にあえて公表しなかった可能性が高いとする分析をまとめたとアメリカのメディアが伝えました。
アメリカのAP通信や政治専門サイト、ポリティコは、国土安全保障省が今月1日付けでまとめた内部文書を入手したとして、その内容を伝えました。
それによりますと、中国政府は新型コロナウイルスの危険性の詳細をことし1月にWHO=世界保健機関に報告する前に、国外から大量の医療用マスクや防護服などを輸入していたということです。
一方で、中国製の医療物資の輸出は大幅に減っていて、中国政府は、医療物資を確保する動きを隠すため、輸出の規制を否定し、貿易量の公表を遅らせたほか、ウイルスの重大な危険性も国際社会にあえて公表しなかった可能性が高いと結論付けています。(後略)
(NHK NEWS WEB 2020年5月4日 20時21分)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200504/k10012417641000.html

チャイナがコロナの危険性を早期に公表しなかったのは、
世界にコロナウイルスを容易に拡散させることと、
その後の医療物資による対外戦略があったのでしょう。

このあたりのことは、ネットで情報を得ている人にとっては
半ば常識になっていましたが、マスメディアはほとんど
報道しませんでした。

チャイナの要求に沿って自民党の二階幹事長を中心に、
小池都知事や地方自治体の首長がそろってチャイナに対し、
マスクや防護服などの医療物資を送りまくったのもこの頃です。

二階幹事長や小池都知事は何らの反省もなく、
とりわけ小池都知事はコロナ騒動に乗じて次の都知事選を有利に運ぼうと
はしゃぎ回っているというのが現在の日本の政治状況です。

もしもこんな過ちを、自民党の保守派の議員がやったら、
マスメディアからとことん追い回されていたと思われますが、
媚中派の自民党議員や野党議員は何をやっても追及されません。

それにしても殺人ウイルスを世界に拡散しながら、
その防御に不可欠な医療物資を買い占め、世界を混乱させるとは
チャイナというのはどこまで悪どいのでしょう。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 国内の医療崩壊のなぜ? | トップページ | 都内の感染者4日連続で2桁 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国内の医療崩壊のなぜ? | トップページ | 都内の感染者4日連続で2桁 »