フォト

おすすめ本

  • 天皇の国史
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020

« 「陰性証明」には意味がない | トップページ | 嘘つき新聞が生き残る不思議 »

2020年5月15日 (金)

終わりなきマスク問題

今日、近所のドラッグストアへ行ったら、
本当に久しぶりにマスクが
置かれているのを見かけた。

手に取るとMADE IN CHINAの文字が目に入り、
販売元も見たことのない企業名で、
少し悩んだ末、カゴに放り込んだ。

3枚入りが328円なので、おそらく高いのだろうが
以前マスクをいくらで売っていたかも忘れてしまった。

手持ちの国産不織布マスクは数日前に使い切り、
政府支給の布製マスクを洗いながら使っていたので、
とりあえず買っておこうと思ったのである。

帰宅してよく見ると
全国マスク工業会の会員マークも入っていないし、
チャイナメーカーの粗悪品のようだ。

ユニ・チャームの国産マスクは、
アマゾンや楽天で100枚入りが1万円ほどで売られているが、
単価は同じでもマスクに1万円を使う気にはならない。

ドラッグなどで国産マスクが売られる日は
いつになるのだろう?

政府支給の布製マスクを
擦り切れるまで使うしかないようだが、
外出中に同じマスクをしている人は
あまり見かけませんね。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 「陰性証明」には意味がない | トップページ | 嘘つき新聞が生き残る不思議 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「陰性証明」には意味がない | トップページ | 嘘つき新聞が生き残る不思議 »