フォト

おすすめ本

  • 中国は2020年で終わる
  • フクシマフィフティ
  • 女性天皇と女系天皇はどう違うのか

« 妄想を煽り騒ぐ反日野党 | トップページ | 驚嘆すべき脇の甘さ »

2020年5月20日 (水)

アビガンにケチをつける人々

『新型コロナウイルス感染症の治療薬候補アビガンを巡り、
国の承認審査にデータを活用できると期待された臨床研究で、
明確な有効性が示されていないことが19日、分かった。
複数の関係者が共同通信に明らかにした。
感染した著名人がアビガンの投与後に回復したと公表し、
安倍晋三首相は「5月中の承認を目指す」とするが、現時点で
薬として十分な科学的根拠が得られていない状況だ。(後略)』
(KYODO 5/19(火) 23:56配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200519-00000217-kyodonews-soci

そもそもアビガンの新型コロナに対する有効性は、
最初にチャイナで認められ、
その後、その論文が取り下げられるという
不可解な経過をたどっている。

韓国も当初アビガンの提供を強く求めながら、
その後一転してアビガンを導入しない方針に転じ、
強く拒否反応を示すようになった。

この共同通信の記事も、そうした勢力の主張と
呼応したもののように思われる。

新型コロナに有効な治療薬を
日本に開発されては困る人々がいる
ということだろう。

ワクチンが開発されなくても、
インフルエンザにおけるタミフルのように、
数日で治癒できる薬があれば、
武漢肺炎は恐ろしいものではなくなる。

アビガンはインフルエンザ治療薬としての
承認は得ている薬である。

その薬が新型コロナにも有効であれば、
承認しない理由はない。

あらゆる薬に副作用はあるが、
アビガンの危険な副作用は
催奇形性だけである。

それ以外にさらに重篤な副作用があれば、
そもそもインフルエンザ治療薬として
承認されなかったはずだ。

妊婦や妊娠する、させる可能性のある人への投与を
控えればいいだけの話ではないのだろうか。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 妄想を煽り騒ぐ反日野党 | トップページ | 驚嘆すべき脇の甘さ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 妄想を煽り騒ぐ反日野党 | トップページ | 驚嘆すべき脇の甘さ »