フォト

おすすめ本

  • 天皇の国史
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020

« 驚嘆すべき脇の甘さ | トップページ | 黒川氏の後任に林眞琴氏 »

2020年5月22日 (金)

マスク、マスク、マスク

ここへきて湧いて出るほどマスクが
通常ルートの店頭に並びはじめた。

僕が利用するスーパーでは、
チャイナ製、日本製、不織布、布製といった
多種類のマスクが陳列されている。

値段はどれも信じられないほど高くて、
日本製のマスクは2枚入りで
500円くらいだっただろうか、
その他のマスクも1枚100円を切るものは
見当たらなかった。

しかも、ユニ・チャームや白元、興和、玉川衛材など、
コロナ騒動以前に並んでいたメーカーではなくて、
どれも見たことのないメーカーのものばかりだ。

おそらく通常ルート以外での高額販売が難しくなって、
マスクが入手できないスーパーやドラッグに
多少吹っ掛けた値段で仕入れさせたのだろう。

見慣れないメーカーのマスクは、
品質管理に信頼が置けず、
素手で袋詰めしているシーンを
ネット動画で見たこともあり、
どうにも手が出しづらい。

そんな思いでいたところ、
今日コンビニに行ったら
ユニ・チャームの日本製マスクを
カゴに入れている人を見かけた。

マスク売り場には置いてなかったので、
お店の人に尋ねてみたら、
ユニ・チャームの日本製ではなかったが
玉川衛材のチャイナ製を出してくれた。

7枚入りで418円だから1枚60円ほどで、
スーパーやドラッグで売られているものより安く、
しかも密封個包装になっている。

チャイナ製であっても日本メーカーであれば、
品質管理はそれなりにしっかりしていると思うので
比較的安心できる。

当分の間、マスクの購入は、
コンビニが狙い目かもしれない。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 驚嘆すべき脇の甘さ | トップページ | 黒川氏の後任に林眞琴氏 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 驚嘆すべき脇の甘さ | トップページ | 黒川氏の後任に林眞琴氏 »