フォト

おすすめ本

  • 疫病2020
  • 国難からの教訓
  • 中国アラート
  • 習近平帝国 目に見えぬ侵略
  • 地上最強の男
  • 習近平が隠蔽したコロナの正体

« 中共の願望を共同が記事に | トップページ | 小池百合子で本当にいいのか? »

2020年5月26日 (火)

少年法引き下げに元裁判官反対

『過去に少年事件を担当した元裁判官177人が26日、
少年法の適用年齢を20歳未満から18歳未満に引き下げる改正に
反対するとした連名の意見書を、法制審議会(法相の諮問機関)
の担当部会に提出した。
家裁では少年に教育的措置を講じて非行性の除去に努めているとし、
「刑事事件として扱われると更生が難しくなり、
再犯や犯罪被害の再発の危険が高まる」と強調した。(後略)』
(SANKEI NEWS 2020.5.26 17:45)
https://www.sankei.com/affairs/news/200526/afr2005260016-n1.html

よく日弁連が「死刑廃止」を提言し、
現場の弁護士の多くが必ずしもそれに賛成して
いるわけではないというようなことが言われるが、
これも同様に一部の元裁判官が
騒いでいるだけなのだろうか?

それとも裁判官というのは常識のない
馬鹿ばかりということなのだろうか?

記事の後半に『18、19歳で事件を起こした場合に
懲役刑などの前科が付くこともあるため、
「就職が困難となって更生は難しくなる」』とあるが、
18、19歳で事件を起こして前科が付かない方が
僕は異常だと思う。

被害者は心や体に生涯消えない大きな傷を負い、
または死亡してしまったかもしれないのに。

大人顔負けの残虐な犯罪を
18~19歳の青年たちが平気で犯している事実と、
成人年齢が18歳に引き下げられるということから、
少年法の適用年齢を引き下げるのは当たり前のことで、
個人的には殺人などの凶悪犯罪に限れば
18歳以下でも少年法の適用は不要だと思う。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 中共の願望を共同が記事に | トップページ | 小池百合子で本当にいいのか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

私の大学の卒業式の日の夜に、実家の近くでおやじがりがありました。逮捕されたのは、15 、6歳の少年たちでした。そして被害者は、1年後も意識が戻らない状態で、その後どうなったのかは分かりませんが、もしかしたら私の両親が被害にあったかもしれないと思うと、ぞっとするような事件でした。こんな奴らに、少年法適用すること自体ありえないと思います。

少年法が制定された1947年当時は、第二次大戦後の混乱期であり、食料が不足する中、孤児などが生きていくために窃盗や強盗などをせざるを得なかったという背景があります。そうした時代背景のまったく異なる法律を、現代まで適用し続けているのは明らかにおかしなことだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中共の願望を共同が記事に | トップページ | 小池百合子で本当にいいのか? »