フォト

おすすめ本

  • 疫病2020
  • 国難からの教訓
  • 中国アラート
  • 習近平帝国 目に見えぬ侵略
  • 地上最強の男
  • 習近平が隠蔽したコロナの正体

« 差別という魔法の言葉 | トップページ | 河野太郎の女系天皇論 »

2020年6月28日 (日)

都知事選のゆくえ

都知事選投票日まで1週間となりましたが、
コロナ騒動で街頭演説が控えられているためか、
あまり盛り上がっていないように感じます。

投票率はどうなるのでしょう?

今回の都知事選に関して、現職の小池知事については、
小池都政4年間の信任投票といえます。

豊洲移転の無意味な遅延行為に始まり、
東京五輪競技会場決定の混乱など、
マイナスからスタートした小池都政。

その後も、そうした失態を挽回するような政策は皆無で、
とりわけ日本国内にコロナ禍が襲来する直前に
都が備蓄していた防護服等を
大量にチャイナへ送ってしまったのには
驚愕させられました。

そもそも花粉症ゼロや満員電車ゼロといった、
実現不可能な公約を掲げたことを見ても、
この人の責任感のなさや都民を愚弄する態度は
一貫しています。

都職員からの評判も極めて悪いようですから、
小池知事を信任する理由は見当たりません。

山本太郎氏や宇都宮けんじ氏といった極左候補は、
僕にとって検討の対象になりません。

小野たいすけ候補に関しては、
よく分からないというのが実感ですが、
僕は日本維新の会を信用しておらず、
また彼の「同性パートナーシップ条例導入」という
公約にも賛成できません。

立花孝志候補については、
当初はNHK解体というワンイシューで
政治の世界に飛び込んだと思っていたのが、
最近では何をしたいのか分かりません。

東京都への緊急提言37項というのを見ても、
正気とは思えません。

以上のことから、
日本第一党党首である桜井誠候補しかいない
というのが実感です。

都民税ゼロ・固定資産税ゼロ・都知事給与ゼロ
という3つのゼロには疑問を感じますが、
外国人生活保護の即時撤廃、パチンコ規制については
ぜひ実現してもらいたいと思います。

彼のこれまでの言動から
その人間性や能力を不安視する方もおられるようですが、
それを考慮に入れても、
小池百合子・山本太郎・宇都宮けんじ・立花孝志
と比べれば、遥かにまともに思えます。

品のない言動や行政能力に疑問を持たれていたトランプ氏も、
超大国である米国の大統領を立派に務めています。

桜井氏に都知事が務まらないとは
まったく思いません。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 差別という魔法の言葉 | トップページ | 河野太郎の女系天皇論 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 差別という魔法の言葉 | トップページ | 河野太郎の女系天皇論 »