フォト

おすすめ本

  • 月刊Will1月号
  • 月刊hanada1月号
  • 月刊正論1月号
  • ここまでわかった新型コロナ
  • 天皇家百五十年の戦い
  • 2021年世界の真実
  • 天皇の国史

« 日本企業が韓国から続々撤退 | トップページ | 拡大G7で韓国に踏み絵 »

2020年6月 2日 (火)

クルド人が国家賠償訴訟

『東日本入国管理センター(茨城県牛久市)収容中に
職員から暴行を受けたとして、国家賠償訴訟を起こしている
トルコ国籍のクルド人男性、デニズさん(41)が26日、
参院議員会館で記者会見した。
デニズさんは、健康上の理由などで一時的に拘束を解かれる
仮放免措置を受け、24日に同センターから解放されたばかり。
デニズさんは2007年に来日、11年に日本人女性と結婚したが、
在留資格を得られず、国外退去処分を受けて16年に収容された。
現在も難民認定を求め、母国の親族が迫害を受ける恐れが
あるとして姓は公表していない。(後略)』
(毎日新聞2020年3月27日)
https://mainichi.jp/articles/20200327/k00/00m/040/139000c

国外退去処分を受けても帰国しない。

収容中に言うことを聞かないから
取り押さえたら暴行を受けたと騒ぎ、
国家賠償訴訟を起こす。

同時に難民認定も求め、
何があっても帰国しない態勢だ。

先日も警察に逆らい、
取り押さえられて差別だとデモを起こした
トルコ国籍のクルド人がいたが
こういうのが増えると日本の治安が乱れる。

不良外国人は国外退去処分が決まったら、
強制的に帰国させることはできないのだろうか?

差別だと騒げば日本人が優しくなると
思ったら大間違いだ。

差別だと騒ぐ輩は、
それで自分の立場を有利にしようと
思っている悪党なのだ。

そういえば先日のクルド人デモと同様、
今回も積極的に報道しているのは
「毎日新聞」ですね。
(今回とデモのクルド人は同一人物でした。
時間的には前後が逆ですね)

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 日本企業が韓国から続々撤退 | トップページ | 拡大G7で韓国に踏み絵 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本企業が韓国から続々撤退 | トップページ | 拡大G7で韓国に踏み絵 »