フォト

おすすめ本

  • 天皇の国史
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020

« 維新が国民民主に接近 | トップページ | 新型コロナの適切な対応策 »

2020年6月 7日 (日)

共同通信の嘘記事を世界へ配信

『香港への国家安全法制の導入を巡り、
中国を厳しく批判する米国や英国などの共同声明に日本政府も
参加を打診されたが、拒否していたことが6日分かった。
複数の関係国当局者が明らかにした。
中国と関係改善を目指す日本側は欧米諸国に
追随しないことで配慮を示したが、
米国など関係国の間では日本の対応に失望の声が出ている。(後略)』
(KYODO 6/7(日) 6:00配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/e1dfcf36d1bbd64a8d7ba8a47eb7cd7b35292aa1?fbclid=IwAR0Z6rbeTOepki8_tiXgjt0tBo49HmJ_MtfY2JrvEUqzWQjBpGEAQ5JbBXM

上記の共同通信の記事が捏造であることは
複数の自民党議員が明らかにしている。
https://twitter.com/katayama_s/status/1269516108836376577
https://twitter.com/yamazogaikuzo/status/1269517537986801665

またこの捏造記事は、ロイターやブルームバーグによって
世界に配信されているという。
https://twitter.com/RibbonChieko/status/1269606515859550208
https://twitter.com/yamazogaikuzo/status/1269560044321832962

日本発の捏造記事が海外に拡散されるのは、
南京大虐殺や従軍慰安婦を持ち出すまでもなく
いつものパターンである。

米欧と日本の分断はチャイナの望むところ。

それに黒人に対する差別反対デモの広がりで、
「香港への国家安全法制の導入」という大問題も
かき消されてしまった感がある。

裏で糸を引いているのが誰であるかは
明らかだろう。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 維新が国民民主に接近 | トップページ | 新型コロナの適切な対応策 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 維新が国民民主に接近 | トップページ | 新型コロナの適切な対応策 »