フォト

おすすめ本

  • 月刊will9月号
  • 月刊hanada9月号
  • 月刊正論9月号
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020
  • 地上最強の男
  • 習近平が隠蔽したコロナの正体

« 成田到着の外国籍15人感染 | トップページ | ロシア「アビガン」暫定承認 »

2020年6月11日 (木)

性犯罪者にGPS装着も検討

『性犯罪や性暴力対策を強化するため、
政府が性犯罪の有罪確定者への衛星利用測位システム(GPS)
端末装着の義務化も含めた検討や、
わいせつ行為をした教員の処分厳格化を盛り込んだ方針案を
まとめたことが10日、分かった。』
(KYODO 2020年6月10日 13時12分)
https://news.livedoor.com/article/detail/18394506/

これはぜひとも実現してもらいたい。

性犯罪者は犯罪を繰り返す傾向があり、
野放しにするのは非常に危険だし、
訴えた被害者に報復する可能性もある。

それから最近は大きく報道された性犯罪が
理由も説明されず不起訴になるケースが多い。

世間の注目度も高いわけだから、
どういう事情で不起訴になったのか、
その理由は明らかにすべきだと思う。

とりわけ検察官は、NO2の東京高検検事長が
マスコミの接待マージャンに興じるほどに
程度が低いわけだから、
現場の検察官も相当に腐敗しているのだろうと
疑われても仕方がない。

そんな検察官が理由も明らかにせず
不起訴にするなどということが
許されていいのだろうか。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 成田到着の外国籍15人感染 | トップページ | ロシア「アビガン」暫定承認 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 成田到着の外国籍15人感染 | トップページ | ロシア「アビガン」暫定承認 »