フォト

おすすめ本

  • 月刊Will1月号
  • 月刊hanada1月号
  • 月刊正論1月号
  • ここまでわかった新型コロナ
  • 天皇家百五十年の戦い
  • 2021年世界の真実
  • 天皇の国史

« 戦場のゼロリスクを嗤う | トップページ | 韓国産赤貝からまひ性貝毒 »

2020年6月19日 (金)

世論調査デタラメでした

『FNN(フジニュースネットワーク)と産経新聞が
実施していた世論調査で、委託先の社員が一部のデータを
不正に入力していたことが明らかになった。
データを不正に入力していたのは、調査業務を委託された
株式会社アダムスコミュニケーションが、
実務のおよそ半分を再委託していた、日本テレネット株式会社
のコールセンターに勤務していた社員。(中略)
私どもがデータを検証したところ、実際には電話をしていない
にもかかわらず「電話をした」として架空のアンケート結果が
一部入力されていることがわかった。
架空のアンケートが入力されていたのは、14回の調査の
すべてのサンプル数のうち、およそ17%分だった。(後略)』
(FNNプライムオンライン 2020年6月19日)
https://www.fnn.jp/articles/-/54282

メディアの世論調査など誰も信じてはいないと思うが
メディアの検証によって世論調査の不正が明らかになった
という珍妙な話。

14回の調査の内すべてで架空のアンケート結果が
含まれていたという。

アダムスコミュニケーションというのは
電話調査会社では大手のようだが、
そこから再委託された日本テレネットで
不正があったという。

そもそも世論調査というのは、
メディアや官僚がばら撒いた与党の問題を
国会で野党が追及し、安倍政権が危機的状況にあると
騒ぎ立てるためのツールとして利用されてきた。

モリカケサクラといったどうでもよい問題が
国会でさも重大事のように取り上げられ、
その後に世論調査結果を発表。

各社横並びの政権に対する低支持率に、
「安倍やめろ~」の大合唱。

いまさら調査会社の不正発覚と言われても、
僕らは調査員による不正ではなく、
メディアの捏造を疑っているのである。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 戦場のゼロリスクを嗤う | トップページ | 韓国産赤貝からまひ性貝毒 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 戦場のゼロリスクを嗤う | トップページ | 韓国産赤貝からまひ性貝毒 »