フォト

おすすめ本

  • 月刊will9月号
  • 月刊hanada9月号
  • 月刊正論9月号
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020
  • 地上最強の男
  • 習近平が隠蔽したコロナの正体

« 代替品なしのレジ袋禁止条例 | トップページ | 桜井誠氏たぶん5位 »

2020年7月 4日 (土)

早くも都民に移動制限

『東京都の小池百合子知事は4日、
都内で新型コロナウイルスの感染者が新たに131人報告されたことを受け
「他県への不要不急な移動は遠慮してほしい」と都民に対して呼び掛けた。
都内で記者団の取材に応じた。』
(KYODO 7/4(土) 16:34配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/b776d8d873559884463d4c2ae0078d5e5659f24b

新型コロナウイルスの流行には、
それぞれ原因がある。

最初は、流行地域であるチャイナからの人の流入を
止めなかったこと。

次は、卒業旅行などで欧米を旅行した人々が、
欧米型の変異ウイルスを持ち帰ったこと。

そして、今回は接待を伴う飲食店に対して
厳しい規制なく営業を認めていることである。

僕は6月15日「マスクとソーシャルディスタンス」
のエントリーの中で、
『最近は接待を伴う飲食店で、
ウイルス感染者が増加しているようだが、
こうした店は濃厚接触を目的としているので、
感染者がいたら高い確率で感染してしまう。
接待を伴う飲食店では、
感染者を排除するような対策が
取られるようになるまでは、
店を開けてはいけないのだろう。』
と書いた。

つまり、接待を伴う飲食店は、
ある意味で濃厚接触するために客は来店するので、
一人でも感染者がいれば、
感染はアッという間に広がってしまう。

僕が見る限り、一般の都内の生活者は、
感染しないように、させないように、
かなり気を使っていると思う。

にもかかわらず、毎日のように
「接待を伴う飲食店で感染者が大量に出た」
というニュースを聞かされ、
100人を超えるようになったから、
「他県への不要不急な移動は遠慮してほしい」
とはどういうことか。

新型コロナの対策にはいつも大きな穴が開いていて、
その穴を埋めるための対策の遅れが、
感染拡大につながっている。

根本的な問題に蓋をせずに、
簡単に移動制限とか、外出自粛とか言うのは
やめてもらいたい。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 代替品なしのレジ袋禁止条例 | トップページ | 桜井誠氏たぶん5位 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 代替品なしのレジ袋禁止条例 | トップページ | 桜井誠氏たぶん5位 »