フォト

おすすめ本

  • 月刊will9月号
  • 月刊hanada9月号
  • 月刊正論9月号
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020
  • 地上最強の男
  • 習近平が隠蔽したコロナの正体

« 中韓12カ国との往来再開協議へ | トップページ | 世論調査という名の政治活動 »

2020年7月23日 (木)

新型コロナに自粛不要論

『国内では23日、午後8時現在で924人の
新型コロナウイルス感染者が確認された。  
1日当たりの感染者は前日の795人を大幅に上回り、
2日連続で過去最多を更新した。
このうち、東京都は366人と最多を大幅に更新。
愛知県(96人)、埼玉県(64人)などでも
最多の感染者が確認された。(後略)』
(JIJI.COM 7/23(木) 14:06配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/081122b7badaae5815981a0008eadf83c2178361

コロナの第二波は、第一波のピークを
大きく超え始めた。

第一波が収束するころ、
新型コロナの流行を抑えるのに、
緊急事態宣言はもちろん自粛すら必要なかった
という意見が叫ばれ始めた。

「後出しじゃんけんでいい加減なことを言うな」
と非難されるのかと思いきや、
最近ではそちらが主流派となってきており、
「人との接触8割削減」と言っていた
旧専門家会議の対策が攻撃されている。

生来の怠け癖で、
それら意見の詳細を調べてはいないのだが、
「日本国民はすでに集団免疫を獲得している」とか、
「直近1週間の感染者数を総感染者数で割るK値」
という値で説明している専門家もいる。

もし、自粛することなく第二波が収束するなら
これほど有り難いことはないわけだが、
京大の宮沢先生によると、
予断を許さないとは言いながら
8月の初旬あたりから下降に転じるのではないか
と予想しておられる。

https://www.youtube.com/watch?v=TEKcOJi44QA&t=414s https://www.youtube.com/watch?v=P_60Emw32uI

酒場で大声を出してバカ騒ぎをすることなどは
戒めておられるのだが、普通に生活をしている限り、
特別な対策をしなくても収束していく
ということのようだ。

国民の大多数が感染していない状態で、
特別な対策をすることなく
感染症が自然にピークアウトしていくということが
僕にはイマイチ想像できないのだが、
僕は専門家ではないので、
反論する材料を持ち合わせていない。

新型コロナの発生以来、
我々は多くの専門家に騙されてきたわけだが、
特別な自粛をすることなく第二波がどうなっていくかを見れば、
誰の言っていることが正しいかがわかるだろう。

6月以降は死者数も極めて少なくなっているので、
マスク・手洗い・大声を出さない程度のことで
乗り切っていくことが経済的な側面から見ても
いいのではないかと思う。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 中韓12カ国との往来再開協議へ | トップページ | 世論調査という名の政治活動 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中韓12カ国との往来再開協議へ | トップページ | 世論調査という名の政治活動 »