フォト

おすすめ本

  • 月刊will9月号
  • 月刊hanada9月号
  • 月刊正論9月号
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020
  • 地上最強の男
  • 習近平が隠蔽したコロナの正体

« チャイナを監視せよ | トップページ | 代替品なしのレジ袋禁止条例 »

2020年7月 2日 (木)

盛り上がらぬ都知事選

『任期満了に伴う東京都知事選は7月5日の投開票に向け、終盤戦に入った。
29日までの情勢取材では、現職の小池百合子氏(67)がリードし、
元日弁連会長の宇都宮健児氏(73)、れいわ新選組代表の山本太郎氏(45)、
元熊本県副知事の小野泰輔氏(46)らが追う展開となっている。(後略)』
(JIJI.COM 2020年06月29日20時26分)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020062900622&g=pol

コロナ禍の影響もあるのだろうが、
ここまで盛り上がらない都知事選も珍しい。

過去の都知事のやってきたことに、
意味のない文句をつけ、
潤沢だった都の財政を干上がらせた現職知事。

愛とカネのバラマキを叫ぶ役者崩れと、
元日弁連会長の極左候補。

誰も知らない元熊本県副知事。

「NHKをぶっ壊す」と叫んでいたら、
自分自身がぶっ壊れてしまった元NHK職員。

彼らに何を期待すればいいのか、
都民の絶望はあまりに深い。

こんな奴らに比べたら
日本第一党の「桜井誠」が圧倒的に上
というのが僕の結論だ。

ところが、なぜかメディアからは
完全に無視されている。

2016年の都知事選では114,171票を
獲得して5位に入り、
27,241票の8位・立花孝志候補には
大差をつけているのに。

前回、緑の風が吹いて290万票を獲得した
現職知事に迫るのは難しいかもしれないが、
何とか2位、最低でも宇都宮・山本・小野の
一角は崩してもらいたい。

自由民主党が敵前逃亡してしまい、
残された唯一の保守系候補なのだから、
桜井誠氏にはぜひ頑張ってもらいたい
と思うのである。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« チャイナを監視せよ | トップページ | 代替品なしのレジ袋禁止条例 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チャイナを監視せよ | トップページ | 代替品なしのレジ袋禁止条例 »