フォト

おすすめ本

  • 月刊will9月号
  • 月刊hanada9月号
  • 月刊正論9月号
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020
  • 地上最強の男
  • 習近平が隠蔽したコロナの正体

« 中国籍の女が児童を誘拐未遂 | トップページ | 新宿の劇場 37人集団感染 »

2020年7月13日 (月)

勝ち馬に乗り支持を失う

『鹿児島県知事選挙は、新人で、九州経済産業局の前の局長の塩田康一氏が、
自民・公明両党が推薦した現職らを破って初めての当選を果たしました。
新人の塩田氏が、自民・公明両党の推薦を受け2期目を目指した三反園氏や、
立憲民主党鹿児島県連が推薦した前の知事の伊藤氏らを破って、
初めての当選を果たしました。(後略)』
(NHK NEWS WEB 2020年7月13日 18時03分)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200712/k10012511701000.html

鹿児島県の三反園知事と言えば、
反日左翼政党に支持された反原発知事だと思っていたのだが、
「自民・公明両党の推薦を受け」という記事を見て、
「あれっ?」と思った。

要するに腰の据わらぬ反原発政策で、
反日野党からも見捨てられ、
それを自民・公明が拾ったということのようだ。

現職が圧倒的に有利といわれる知事選で、
自民・公明の推薦を受けながら落選したのだから、
地元での評判は相当悪かったのだろう。

当選した塩田氏は、自民・公明の推薦を
要請したが叶わなかったそうで、
このあたりにも自民党のセンスのなさが窺われる。

都知事選の小池支持でもそうだが、
安易に勝ち馬に乗ろうとして、
コアな自民支持者からは反発を買っている。

幹事長の二階が悪いのか、
選対委員長の下村がバカなのか分からないが、
早くこうした無能な幹部を一掃しないと、
自民党は完全に支持を失ってしまうだろう。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 中国籍の女が児童を誘拐未遂 | トップページ | 新宿の劇場 37人集団感染 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国籍の女が児童を誘拐未遂 | トップページ | 新宿の劇場 37人集団感染 »