フォト

おすすめ本

  • ここまでわかった新型コロナ
  • 天皇家百五十年の戦い
  • 2021年世界の真実
  • 天皇の国史

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月31日 (月)

菅官房長官で決まりか?

『(前略)菅氏は二階氏と29日に東京都内で会談、
出馬の考えを示した。
竹下派(54人)は幹部が菅氏支持で既に動いており、
麻生派(54人)も会長の麻生太郎副総理兼財務相が
菅氏支持をにじませている。
最大派閥の細田派(98人)は、同派出身の首相が
「菅氏が望ましい」との立場を関係者に漏らしている。
菅氏に近い議員グループ(約20人)は31日に会合を開き、
菅氏支援を確認する。(後略)』
(JIJI.COM 2020年08月30日23時16分)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020083000243&g=pol

時事通信の記事なので、
フェイクニュースの可能性がないとは言えないが、
記事の内容が事実とすれば
菅官房長官で決まりだろう。

麻生派の河野氏、細田派の下村氏・稲田氏も
出馬を見送るようだし、
細田派・麻生派・竹下派・二階派・菅グループ
の両院議員を合わせると全体の約2/3を占めるので、
岸田氏や石破氏に勝ち目はないだろう。

現在の状況を見ると、
安倍総理と麻生副総理の間では
最初から菅氏への支持が固まっており、
竹下派と二階派が勝ち馬に乗った
ということになるだろうか。

菅氏の評判はあまりよろしくないようだが、
安倍総理と麻生副総理が目を光らせていれば、
勝手なことはできないだろう。

安倍政治の継承には
最も適任かもしれない。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年8月30日 (日)

次の首相に石破氏1位34%

『安倍晋三首相の退陣表明を受け、共同通信社が29、30両日に実施した
全国緊急電話世論調査で、次期首相に「誰がふさわしいか」と聞いたところ、
石破茂自民党元幹事長が34.3%でトップとなった。
菅義偉官房長官が14.3%、河野太郎防衛相が13.6%と続いた。(後略)』
(KYODO 8/30(日) 18:42配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/d90f538064fa79a23b2fe5b5eaf8c8c464b39428

これは世論調査というよりも、
反日メディアのお奨め順位
といったところだろう。

万一、石破氏が総理大臣になったら、
どんな政権ができるか想像がつく。

ここでは2位の管官房長官は、
二階派が支持に回るという報道もあり、
世間のイメージダウンは避けられないだろう。

チャンネル桜で水島氏が何度も指摘していた
菅・二階・公明党ラインというのは、
やはり事実だったのだろうか?

岸田文雄政調会長は5位の7.5%と
相変わらず影が薄い。

党員による選挙は行われないようなので
候補者が出そろい、派閥の支持が固まれば
大勢は決するだろう。

〈自民党派閥勢力〉
細田派98人
麻生派55人
竹下派54人
二階派47人
岸田派47人
石破派19人
石原派11人
谷垣グループ15人
菅グループ9人
無派閥41人
http://home.a07.itscom.net/kazoo/seizi/jimin/habatsu_giinmei.htm

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年8月29日 (土)

ポスト安倍は誰か?

『安倍晋三首相が28日に辞意を表明したことを受け、
自民党の「ポスト安倍」と目される議員らから、
首相の後継を選ぶ党総裁選への出馬に意欲を示す声が相次いだ。
石破茂元幹事長は、国会内で記者団に「20人の推薦があれば、
やらねばならない。そう遅くない時期に判断したい」と述べた。
岸田文雄政調会長は、訪問先の新潟市内で、総裁選に立候補する意向を
記者団に問われ、「変わりない」と語った。
野田聖子元総務相も国会内で記者団に「考えは変わらない」と述べ、
立候補する意向を改めて示した。
首相の出身派閥の細田派に所属する下村博文選対委員長は
「推薦人が20人いれば出られる。仲間と相談したい」
と都内で記者団に語った。』
(SANKEI NEWS 2020.8.28 19:00)
https://www.sankei.com/smp/politics/news/200828/plt2008280111-s1.html

今回のポスト安倍に求められるのは、
「安倍政治を無難に継承できる人」
ということになると思う。

そうなると麻生氏・岸田氏・菅氏のいずれか
だと僕は思う。

名前の挙がっている石破茂氏や野田聖子氏では、
これまでの安倍政治の真逆を行く可能性がある。

河野太郎氏は女系天皇で馬脚を露したし、
下村博文氏ではお話にもならない。

心情的には麻生太郎氏が最適だと思うが、
就任早々からマスコミの集中砲火を浴びるのは確実で、
次の選挙への悪影響も考えられる。

無難に乗り切ろうと思えば、
存在感は薄いが失言等のミスも少ない
岸田文雄氏か、菅義偉氏のいずれか
ということになるだろう。

岸田氏はムニャムニャと何を言っているのか
よくわからないが、
あの大平正芳氏にも総理は務まったのだし、
菅氏はアイヌ問題で評価を下げたが、
あの問題を管氏一人に負わせるのは
無理があると思う。

安倍政権で、岸田氏は外相・党の政調会長を、
菅氏は一貫して官房長官を務めてきたことから、
安倍政治の継承には適役である。

ボロが出ない早いうちに総選挙を行えば、
なんとか勝てるのではないか。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年8月28日 (金)

歴史に残る偉大な総理

『安倍総理は、冷え切った日米関係を立て直し、
集団的自衛権行使を可能にした他、特定秘密保護法を成立させて
ファイブアイズ加入の前提を整えただけでなく、
難題だった上皇陛下の譲位への道筋をつけた。
中韓への毅然とした対応も立派だった。
憲法改正は進まなかったが歴史に残る偉大な総理大臣だった。』
(竹田恒泰氏のツイートより)
https://hosyusokuhou.jp/archives/48885533.html

10%への消費税増税、習近平の国賓来日、
新型コロナに対する初期対応の失敗など、
最近の政策判断の誤りが
健康に与えた影響は大きかっただろう。

党内に媚中・親韓議員を多数抱え、
公明党との連立という政権運営の中で、
思うに任せなかったことは
数多かったのではないか。

そんな困難な状況の中で、とても安定感のある、
信頼できる総理大臣だった。

できれば「プーチン・メドベージェフ方式」で、
さらに長く政権を担ってもらいたかったが、
安倍総理の足を引っ張ることだけが目的の
反日野党や反日メディアを相手に
よく頑張られたと思う。

今後も大所高所から自民党政権を
指導してもらいたい。

竹田恒泰氏がツイートされた通り、
僕も歴史に残る
偉大な総理大臣だったと思います。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年8月27日 (木)

都23区で時短営業要請延長

『東京都の小池百合子知事は27日午後、臨時の記者会見を開き、
都が新型コロナウイルス対策として酒類を提供する飲食店やカラオケ店に
要請している午後10時までの時短営業に関し、
23区内は今月31日の期限を9月15日に延長すると表明した。
応じた事業者には、協力金として15万円を支払う。
専門家による都内の感染状況の分析を基に対応を検討し、
感染者が多い23区内では警戒の継続が必要と判断した。(後略)』
(SANKEI NEWS 2020.8.27 19:55)
https://www.sankei.com/life/news/200827/lif2008270043-n1.html

そもそも時短営業でコロナの感染拡大が抑制される
と考えている人などほとんどいないのではないか?

緊急事態宣言を出して、
「人の接触を最低6割、極力8割削減」
と言っていた時も、
6割ではほとんど感染抑制にはならないと
専門家は主張していたくらいだから、
多少の時短営業を要請したくらいでは、
ほとんど効果はないだろう。

近所の日本料理屋のおかみさんが、
「1日3組(1組2名まで)顔なじみの予約のみ」
という利用条件を、時短要請解除に合わせて
少し緩和しようかなとおっしゃっていたのだが、
その目論見も変更せざるを得ない。

東京も、大阪も、愛知も、沖縄も、
北海道も、静岡も、愛媛も、熊本も、
地方自治体の首長というのは○○ばかりですね。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年8月26日 (水)

愛知県知事リコール署名開始

『去年開かれた国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」で「表現の不自由」をテーマにしたコーナーが設けられたことの責任を問うなどとして、愛知県の大村知事のリコール・解職請求を行いたいとしている団体が、署名活動を始めました。
美容整形外科「高須クリニック」の高須克弥院長らは、去年の「あいちトリエンナーレ」で「表現の不自由」をテーマに、慰安婦問題を象徴する少女像や昭和天皇をコラージュした映像作品などを展示するコーナーが設けられたことの責任を問いたいなどとして、大村知事のリコール・解職請求のための準備を進めてきました。
高須院長らは、25日、愛知県選挙管理委員会を訪れ、リコールに向けた署名活動を行うための書類を受け取りました。そして、午後6時すぎから名古屋市内で署名活動を始めました。(後略)』
(NHK NEWS WEB 2020年8月25日 20時49分)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200825/k10012583601000.html

史上初の県知事リコールに向けての署名活動が
昨日から始まったが、
地元の愛知県ではあまり報じられていないという。

愛知県内に知人がお住まいの方はぜひ知らせていただき、
昭和天皇のご真影を燃やして足で踏みつける動画を、
公金を使って行われる芸術祭に出品させた
最高責任者の愛知県知事・大村秀章のリコールを
ぜひ実現しましょう。

リコールに必要な署名の数は86万5700人、
期間は10月25日までとされているが、
こういう署名は一気に実現させて、
県民の怒りの大きさを示すべきだと思う。

この問題には多くの日本国民が関心を寄せており、
そうした日本国民の怒りも受けとめて、
愛知県民の皆さんにはぜひ頑張ってもらいたい。

詳しくはこちらのサイトへ。
https://aichi-recall.site/

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年8月25日 (火)

気味の悪い万博ロゴマーク

『公益社団法人2025年日本国際博覧会協会は25日、
2025年日本国際博覧会(以下、大阪・関西万博)
のロゴマーク「最優秀作品」を発表。
アートディレクター・シマダタモツ氏が代表を務める
「TEAM INARI」の作品に決定した。
最優秀作品は、2019年11月29日~12月15日の間に
応募のあった5894作品の中から選ばれた。
「いのちの輝き」をテーマに、1970年大阪万博の
DNAを受け継いだ「セル(細胞)」を意識した
赤い球体をつなげた作品となっている。
ロゴは万博の周知と、さらなる機運の醸成に
活用される。(後略)』
(ORICON NEWS 8/25(火) 14:40配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/b9a12c79442c535cff6c3228c3b86f5ced14cf1f

なぜこんな気味の悪いロゴマークが
選ばれたのだろう?

人間の内臓のようなものの上に
くり抜いた眼球を載せたようなデザイン。

ロゴマークはそのテーマやオリジナリティなど
さまざまなファクターにより評価されるのだろうが
最もやってはならないのが
不快な印象を与えることではないか。

しかも最終選考に残った他の4作品にも
碌なものがなく、
とても5894作品から選ばれたとは思えない。

東京五輪のロゴマークも
最初に決まった案が厳しい批判にさらされたが、
日本のデザインレベルというのは
ここまで酷かったのだろうか?

この気味の悪いロゴマークが、
万博終了まで様々なところに登場するかと思うと、
とても憂鬱な気分になる。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年8月24日 (月)

河野太郎の理解力のなさ

『将来の首相候補の一人に数えられる河野太郎防衛相は23日夜、インターネット動画サイトのライブ配信で皇位継承のあり方について「1000年以上続く男系が続くなら男系がいい」と断った上で、女系天皇の容認も検討すべきだとの考えを示した。
河野氏は、現在の皇室の状況に言及し「男子のお世継ぎがいなくなったときにどうするのか、考えておく必要はある」と強調。かつては側室制度があったが「この21世紀になってそうはいかない」とも述べた。
その上で、国民は「毎日国民のことを考え、災害が起きれば(被災者を)勇気づける」といった皇室の姿を支持しているとの見解を示し、「とすると、その皇室のメンバーである(天皇、皇后両陛下の長女の敬宮=としのみや)愛子さまをはじめ内親王のお子さまを素直に次の天皇として受け入れることもあるのではないか」と自説を述べた。
男系を維持するための旧宮家復帰に関しては、旧宮家は1400年代に今の天皇家から男系が分かれたと説明し、「600年前に分かれた人が戻ってきても『本当の万世一系といえるの?』『遺伝子を調べて微妙に違いがあったらどうなの?』というところも考えていかなければならない」と慎重論を唱えた。また、今後首相を目指す可能性について「初当選の時から言っている」と改めて意欲を示した。』
(SANKEI NEWS 2020.8.23 23:24)
https://www.sankei.com/smp/politics/photos/200823/plt2008230015-p1.html

かなり以前の河野太郎氏のブログに同様の記述があって、
それに対しても同様の批判をしたのだが、
彼の理解力のなさは変わっていないようだ。
http://otto-kanata.cocolog-nifty.com/blog/2020/06/post-52989f.html

今回の記事でも彼は
「1000年以上続く男系が続くなら男系がいい」と語っているが、
初代神武天皇以来、男系男子で継承してきたのが「天皇」であって、
それ以外の「天皇」は存在しえないということが、
なぜ分からないのだろう。

「天皇」になれるのは男系継承者のみであって、
「女系天皇」というのは天皇ではないのである。

何やら「女系天皇」という言葉が独り歩きして、
そのようなものが存在するかのように語られているが、
それは新たな王朝の誕生を意味し、
その王朝が支配する国はもはや日本とも呼べない。

新たな王朝が生まれ、日本は別の国になる。
それが「女系天皇」の意味である。

「男系」であることが重要なのだから、
どこまで遡っても見つけてくることが必要であり、
「旧宮家」はそのために存在してきたのだから、
河野氏の抱く『本当の万世一系といえるの?』
という疑問は無知以外の何物でもない。

こんな無知な人間を「総理候補」などと呼ぶのは、
世界の物笑いの種になるからやめてもらいたい。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年8月23日 (日)

報じられぬ実行再生産数

『22日に国内で新たに確認された
新型コロナウイルスの感染者は37都道府県と空港検疫で
983人で、4日ぶりに1000人を下回った。
死者は愛知県2人、埼玉県、富山県、大阪府、福岡県で
各1人の計6人だった。(後略)』
(読売新聞 8/22(土) 21:25配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/b686b8716df1a4205693a7e81d9aaf40553cc808

マスメディアは新型コロナで日本人を脅すために、
新規PCR陽性者数を報じ続けている。

PCR陽性者数が意味のない数字であることがバレ始めると、
重症者が増えたとか、死者が増えたとか、
その日の状況に合わせて恐怖ネタをプラスする。

しかしながら8月11日以降、
実行再生産数が1を下回り続けていることは
一向に報じない。

実行再生産数とは、
1人の感染者が平均して何人に感染させるかを表す指標で、
1を下回れば感染者は減る。

つまり、仮にPCR陽性者数が意味のある数字だとしても、
8月11日以降は減少傾向にあることが明らかなのだ。

今後心配になるのは、上記記事にもある空港検疫や、
昨日のブログでお知らせした外国籍のコロナ陽性者の存在で、
海外から新たな変異型のコロナウイルスが
持ち込まれる危険性だと思う。

まあ一般的に、ウイルスは宿主と共生するために
弱毒化するといわれているので、
心配するほどのことは起こらないかもしれない。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年8月22日 (土)

三重の感染者半数が外国籍

『三重県と四日市市は21日、10歳未満から70代の
男女13人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。
県内の感染確認は計327人になった。
鈴木英敬知事は記者会見し、19~21日の3日間に
県内で発表された新規感染者計42人のうち、
約半数が外国籍の住民だと明らかにした。(後略)』
(産経WEST 2020.8.21 18:10)
https://www.sankei.com/west/news/200821/wst2008210020-n1.html

日本国内のコロナ感染者のうち、
その多くが外国籍ではないかということが
以前から言われていたが、
知事によって明らかにされたのは
初めてのケースではないか?

19~21日の3日間とはいえ、
三重県内の新規感染者42人のうち
半数が外国籍というのは
人口比からいって異常に高い。

こうしたコロナと外国籍の関係は、
重要な研究対象にも
なるのではないだろうか。

なぜ日本ではこのような事実が
隠されてしまうのか。

PCR陽性者、軽症者、重症者、死亡者の
外国籍比率が明らかになれば、
日本国内におけるコロナ対策にも
大きな影響を与えるだろう。

事実を正確に把握しないで
正しい対策は立てられない。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年8月21日 (金)

詐欺天国「日本」

『80人以上のクレジットカードの会員情報を不正に書き換えカードを入手し、
2250万円以上をだまし取ったとみられるグループの実行役の中国人男女
2人が警視庁に逮捕されました。  
逮捕されたのは中国籍で、東京海洋大学大学院留学生の閔睿容疑者(26)と、
早稲田大学大学院留学生の韓朋ゼイ容疑者(24)です。
2人は今年5月、東京・西東京市の70歳の女性の住所など不正に書き換えた
クレジットカードを使用し、加熱式タバコカートリッジ120箱、
6万円相当をだまし取った疑いなどがもたれています。(後略)』
(TBS NEWS 8/20(木) 12:55配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/2eae2d70a4728673758d5f66c8943e0edfe6e71e

「オレオレ詐欺」や「母さん助けて詐欺」など
多くの詐欺被害が出ているにもかかわらず、
日本国内の詐欺事件は一向に減らないようだ。

僕のパソコンやスマホにも
時々詐欺メールが送られてくる。

最近は「アマゾン」や「楽天」「ライン」などを語った
巧妙な詐欺メールが増えている。

先日は「アマゾン」から「○○の注文があったので、
〇日に発送します」というようなメールが届いた。

発送先は僕のところとは違う住所で、
注文してもいなかったので
無視しようかと思ったのだが
請求だけがこちらに来たら困ると思い
少し思い悩んだ。
(高額商品だったのだ)

結局「注文履歴」を確認すればいいと思い、
調べてみたら、
やはりそのような注文はなかった。

しかしながら、敵は大量のメールを
送信しているだろうから、
中には問い合わせ先に連絡してしまう人も
いるのではないか?

もし詐欺メールなどの迷惑メールを受け取ったら、
総務省の「迷惑メール相談センター」へ
報告しましょう。
https://www.dekyo.or.jp/soudan/contents/ihan/

詐欺を減らすには、
詐欺に引っかからない人が増えることと、
詐欺グループが逮捕され、
詐欺が割に合わないことを
思い知らせるしか方法がない。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年8月20日 (木)

ワクチン賠償を国が肩代わり?

『新型コロナウイルスのワクチンで健康被害が生じた場合に、
製薬会社にかわって国が賠償する仕組みを政府が作る方針で
あることがわかった。
政府関係者によると、海外の製薬会社はワクチンを短期間で
開発しているため、「万一健康被害が生じた場合の損害賠償を国に
肩代わりしてもらいたい」と求めているという。
国が賠償することで、世界中で争奪戦が激化しているワクチン
を日本に供給しやすくするのが狙い。
日本では、2009年に新型インフルエンザのワクチンを輸入する
際にも同様の措置を取っていて、政府は秋の臨時国会に法案を出し、
早期成立を図る考え。』
(FNN PRIME ONLINE 2020年8月20日)
https://www.fnn.jp/articles/-/75838

海外の製薬会社が開発したコロナワクチンで
健康被害が生じた場合の賠償請求を
日本政府が肩代わりするとはいかなることか?

そもそも薬害は高くつくから、
製薬会社は慎重の上にも慎重に、
製品を開発するのだろう。

ただでさえ異様なスピードで開発競争が
繰り広げられるコロナワクチンは、
健康被害の危険性が高く、
なぜそんなものを日本が先んじて
手に入れる必要があるのか?

日本は世界でも特異的にコロナ被害が少なく、
慌ててワクチンを手に入れる必要性はない。

しかもコロナウイルスは変異のスピードが速く、
ワクチンがどれだけの効果を発揮するかもわからない。

「政府関係者によると」とあるので、
マスメディアお得意のフェイクニュースで
あることを祈りたい。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年8月19日 (水)

10代女性に集団性暴行で不起訴

『埼玉県さいたま市大宮区のカラオケ店で女性に
性的暴行を加えたとして逮捕された、
いずれも県内の消防署に勤務する23~25歳の男性消防士
4人について、さいたま地検は18日、不起訴処分とした。
裁定主文や処分理由は明らかにしていない。
男性らは昨年11月2日、同区宮町1丁目のカラオケ店で、
10代少女に集団で性的暴行を加えたとして、
準強制性交容疑で、大宮署に逮捕されていた。』
(埼玉新聞 8/19(水) 9:24配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/906fef576125183b669c81205e9c92a2f37dfc16

10代女性に4人の男性消防士が集団で性的暴行を加えた
というセンセーショナルな事件を、何の説明もなく不起訴にして、
マスメディアもそれについて何ら批判をしないというのは
おかしくないか?

日本という国は、女性に対する集団性暴行を許す国なのか、
それとも女性の側に大きな落ち度でもあったのか、
示談が成立したのかなど、その理由を明確にしないと、
世間の不安や疑惑は消えない。

検察のNO2が朝日新聞の幹部社員や産経記者と
接待賭けマージャンをしていたことが明らかになり、
検察に対する不信感はこの上なく深まっている。

検察の不正をマスメディアが見過ごせば、
検察は不正をやり放題になる。

今回のケースにしても、
不起訴理由を明らかにしていないのだから、
その裏にどのような不正が隠されているのか
誰にも分からない。

こんなことを放置しておいて、
いいのだろうか?

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年8月18日 (火)

フサン・アビガン併用療法

『(前略)東大病院の観察研究では、肺炎を発症し集中治療室(ICU)
での治療を必要とした重症のCOVID-19患者11例
(4月6~21日に入院、男性10例・女性1例、中央値68歳)を対象に、
フサンとアビガンの併用療法を実施。
臨床症状の軽快が見られた10例は、人工呼吸器使用が7例、
うち3例はECMOを必要としていたが、平均16日で人工呼吸器が
不要になったという。(後略)』
(日本医事新報社 2020年07月18日発行)
https://www.jmedj.co.jp/journal/paper/detail.php?id=15071

肺炎を発症した重症の新型コロナウイルス感染症を対象に
「フサン」と「アビガン」の併用療法を行ったところ、
患者11例中10例で臨床症状の軽快が見られたという。

10例のうち人工呼吸器使用が7例、3例はECMOを必要と
していたが、平均16日で人工呼吸器が不要になった。

マスメディアは、毎日PCR陽性者の数ばかり報じていないで、
なぜこのビッグニュースを取り上げないのだろう?

新型コロナ陽性者は、その大部分が症状なしか軽症者で、
重症の人工呼吸器使用者でさえ治療法が確立されたとなれば、
新型コロナを恐れる必要はほぼなくなる。

当初、新型コロナはその正体が分からないことが、
人々に恐怖心を植え付けていたが、
もはや必要以上に恐れる必要はない。

いま恐れるべきは、過度な自粛による景気悪化で、
日本国民が困窮することであって、
無知によるコロナへの恐怖心と過剰な自粛をこそ
見直すべきだろう。

 

応援のクリックをお願いします。

 

消費税減税なぜやらぬ?

『内閣府が17日発表した令和2年4~6月期の国内総生産
(GDP、季節調整値)速報値は、物価変動を除く実質で前期比7.8%減、
このペースが1年間続くと仮定した年率換算では27.8%減だった。
新型コロナウイルスの感染拡大で年率換算額では485兆円と前期から
41兆円低下し、第2次安倍晋三政権が発足した
平成24年10~12月期以降では初めて500兆円を下回った。
悪化は3四半期連続。減少幅はリーマン・ショック後の平成21年
1~3月期(年率17.8%減)を上回り戦後最悪だった。(後略)』
(SANKEI NEWS 2020.8.17 10:53)
https://www.sankei.com/economy/news/200817/ecn2008170002-n1.html

10%への消費税増税のとき、
リーマン・ショック級の経済危機が起これば
増税しないと言っていたのだから、
増税後ではあるがリーマン・ショックを上回る
経済危機に見舞われている今、
当然、消費税減税を行なわなければならない。

もちろん欧米では多くの国が消費税減税に
手を付けている。

「税率を上げるのにどれだけ苦労したと
思っているのだ!」などと馬鹿な発言をする人がいるが、
経済恐慌時には減税して経済を立て直し、
増税は経済が成長軌道に乗ってからやればいい。

最低でも8%に戻すことが必要だが、
景気悪化はリーマン・ショックをはるかに上回っており、
当分の間、消費税をゼロにした方がいいだろう。

本来なら、4月からの「緊急事態宣言」でコロナを収束させ、
その後は経済を回復させる予定だったが、
ホストクラブに端を発するコロナ陽性者の拡大に何の手も打たず、
PCR検査数を増やすことで陽性者をさらに拡大し、
景気後退は底なしの様相を呈している。

このまま手をこまねいていれば、
経済の急速な悪化により、
不況による死者はコロナによる死者を
遥かに上回ることになるだろう。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年8月16日 (日)

日本のコロナ対応の異常

『いつもの年ならお盆休みのUターンラッシュとなる16日、
東京駅や羽田空港などでは、新型コロナウイルスの影響で混雑が
ほとんど見られなくなっています。(後略)』
(NHK NEWS WEB 2020年8月16日 12時21分)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200816/k10012569261000.html

スウェーデン在住の日本人が発信しておられる
YouTube動画を見ていたら、
「日本の人口当たりの新型コロナによる死者数は
スウェーデンの70分の1くらいなのに、
何をそんなに騒いでいるのだろう」
という感じらしい。
(対話形式の動画で一人は医師です)
https://www.youtube.com/watch?v=2VAQGJCvKVo

「日本は政策に関しては、スウェーデンと大差はなく、
死者数が少ないのは、コロナ感染に有利な何らかの資質を
日本人が持っているとしか考えられない」

「にもかかわらず、日本人が新型コロナに対して
スウェーデン国民よりも強い不安を感じ、
騒いでいるのが可哀そうに感じる」
ということのようだ。

スウェーデンでは、マスクをしている人はほとんどおらず、
新型コロナに感染しても「オレ、かかっちゃったよ~」
というようなノリで、世間から白い目で見られることは
全くないらしい。

国にはそれぞれ特徴があって、
どこが良くて、どこが悪いというのは一概には言えないが、
やはり今の日本は一種のヒステリー状態のように思える。

もし欧米の国が日本のような被害状況であれば、
ほとんど何の対策も採っていないのではないか?

メディアの伝え方も、
日本国民の不安と恐怖を煽りたてており、
ほとんど重症化することも、死ぬ危険性もない
60代以下の人までが厳しい自粛生活をしているのは
やはり異常である。

何度も書いているが、
日本ではリスクの高い高齢者や基礎疾患のある人に
感染させないような対策を徹底すれば
いいのではないだろうか。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年8月15日 (土)

東京都の感染者数をテレビで速報

『東京都によると、きょう都が確認した新型コロナウイルスの
新たな感染者は385人だった。2日連続で300人を超えた。』
(ANNニュース8/15(土) 15:01配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/87f174be181c01538d14821e0b9fd4c0d934a6be

今日の2時頃だっただろうか、
テレビを見ていたらニュース速報が出て、
「何事か?」と思って見てみると、
「東京都の新たな感染者が385人」
という内容だった。

昨日の倍くらいの感染者が出たなら分かるが、
速報を流すようなニュースだろうか?

マスコミはとにかくコロナ危機を煽りたくて
仕方がないようだ。

いま新型コロナウイルスは、
日本に広く蔓延している状態だが、
重症化したり、死亡したりするのは、
70代以上の高齢者か、基礎疾患のある人だけで、
それ以外の人は普通に生活して
問題がないようである。

ところがマスコミに煽られて、
極端な自粛を続ける人が
増えているようだ。

必要なことは、
国民の行動を制限するのではなくて、
高齢者や基礎疾患のある人を
いかにして守るかということだろう。

このままいくと、
「できるだけ感染しない、感染させない」
という日本国民の道徳性の高い行動が裏目に出て、
経済へのダメージがより大きくなる恐れがある。

新型コロナで死ぬ人よりも、
経済恐慌で死ぬ人の割合が遥かに高くなることが
心配されるのである。

 

応援のクリックをお願いします。

 

モーリシャス沖事故のお粗末

『インド洋のモーリシャス島沖で発生した
日本の貨物船の重油流出で、地元紙は14日までに、
複数の乗組員が地元警察の調べに対し「座礁前、Wi‐Fi
(ワイファイ)に接続しインターネットを利用するため
島の近くを航行した」と話していると報じた。
警察関係者が明らかにしたという。(中略)
地元紙によると、事故直前、乗組員の誕生日会を
開いていたとの供述もあるという。
貨物船を保有する長鋪汽船(岡山県)が
乗組員20人全員を手配していた。
出身国はインド3人、スリランカ1人、
フィリピン16人で船長はインド人。
全員救助され無事だった。(共同)』
(SANKEI NEWS 2020.8.14 23:19)
https://www.sankei.com/world/news/200814/wor2008140018-n1.html

大量の重油流出という重大事故が、
Wi-Fi接続という子供じみた理由で
引き起こされたことに驚く。

事故直前の乗組員の誕生日会といい、
仕事をしているという緊張感が
うかがえない。

海運業というのは分業化が著しく、
非常に複雑になっているという。

今回は商船三井の名が大きく出ているが、
上記の記事にもあるように船主は長鋪汽船、
船籍はパナマ、荷主から荷物の運送を受託したのが
商船三井という関係にあるようだ。

乗組員は長鋪汽船が手配し、
船長をはじめ日本人は一人も乗って
いなかった。

グローバル化という分業体制のなか、
責任感も分散化した状態で重大事故を起こし、
現場は湿地や浅瀬の国際保全条約である
「ラムサール条約」の指定地域でもあり、
問題の解決は困難を極めそうだ。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年8月14日 (金)

感染者情報漏洩賠償4万円?

『愛知県のウェブサイトに新型コロナウイルス感染者490人分の個人情報を一時誤って掲載した問題で、県は13日、損害賠償金の受け取りを承諾した23人に計88万円を支払うと発表した。大村秀章知事が同日、専決処分した。氏名が載った21人に1人当たり4万円、載らなかった2人には同2万円を支払う。
県は5月末からおわびの文書と賠償に関する承諾書を送付。今回の23人の他に、既に395人から承諾を得て、賠償を決めている。
賠償金額や県の姿勢に納得がいかないなどの理由で未承諾となっている72人とは、引き続き話し合いを進める。
ウェブサイトでは、5月4日までの感染者全員の個人情報が、同月5日午前9時半ごろから約45分間、閲覧できる状態になっていた。氏名や入院先に加え、感染者同士の関係性を「恋人」「愛人?」などと記述した内容も含まれていた。』
(産経WEST 2020.8.13 21:06)
https://www.sankei.com/west/news/200813/wst2008130037-n1.html

ネットでザっと調べてみたところ、
「個人情報漏洩の際の賠償金」の相場は、
漏洩した情報が基本的なもの(住所・氏名・年齢・性別など)
である場合、5,000円~15,000円だという。
https://topcourt-law.com/internet_security/leakage-compensation-for-damages

「個人情報の漏洩」は多人数に上る場合が多いので
仕方がないのかもしれないが
ちょっと安過ぎる気がしないでもない。

僕は上記の愛知県の記事を見て、
思わずタイトルに「安いっ!」と入れようかと思ったほどだが、
病気に関する特別な情報ということで
基本情報の相場に多少の上乗せをした額であったようだ。

すでに490人中418人が承諾したというが、
問題は残る72人だろう。

漏洩した情報には、『氏名や入院先に加え、
感染者同士の関係性を「恋人」「愛人?」などと記述した内容も
含まれていた』というから、
こうしたケースでは、実害に応じた賠償が必要となるだろう。

「感染者の国籍」というような重要情報は調べもしないくせに、
「恋人」「愛人?」などという、どうでもいいことは
なぜこんなに詳しく調べるんだろう?

「友人・知人」で充分だと思うのだが…。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年8月13日 (木)

教科書調査官スパイ報道に反論

『文部科学省は2020年8月6日、
週刊アサヒ芸能(7月30日号/徳間書店出版)記事で、
文部科学省の教科書調査官が北朝鮮のスパイであるかのような
表現がなされていることについて、事実は確認されなかったとし、
徳間書店に対し記事の撤回を求めた。
文部科学省では教科書調査官の選考に際して、
高度な専門性を有する適切な人材を確保するよう、
関係学会に属する者や教科において高度な学識経験者または
当該教科の指導経験を有する者などから、幅広く複数の候補者を人選。
書類審査、面接審査の後、省内の教科書調査官選考検討委員会
における候補者の評価・検討を経て、
慎重に採用の決定を行っている。(後略)』
(リセマム 8/11(火) 11:45配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/e569ab24a39235d80d5075d1dc3fa0d00ff21bc3

文科省は、7月30日号週刊アサヒ芸能記事
「『北朝鮮スパイ』リストに『文科省調査官』の衝撃の真相」
の記事に敏感に反応し、反論している。

文科省は、スパイという疑惑に関して、「そのような事実は確認
されなかった」と述べているだけだ。

教科書調査官になるには、「教授または准教授の経歴が
ある者またはこれらに準じる高度に専門的な学識及び経験を
有すると認められる者」ということを含め、
4つの条件があるらしいのだが、
この調査官は教授・准教授の経歴がなく、
その他の条件にも当てはまらない点が多いといった
他の具体的な指摘に関しては何ら答えていない。

教科書調査官に関しては、その選考がルールに則って
適正に行われているのだから、
選ばれた教科書調査官は適正な人材であるはずだ
と述べているに過ぎないのである。

では、適正に選ばれた教科書調査官によって、
なぜこれまで検定に通ってきた「新しい歴史教科書をつくる会」
の教科書がどう考えても異様な手法で一発不合格になったり、
「従軍慰安婦」という誤った用語が中学教科書に復活する
などといったことが起こったのだろう?

結果から類推すると、
今回検定に参加していた教科書調査官に
極めて重大な問題があったといわざるを得ず、
文科省はそのことをこそ
明らかにすべきなのである。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年8月11日 (火)

吉村知事インサイダー疑惑否定

『大阪府の吉村洋文知事(45)は11日、府庁で取材に応じ、
殺菌効果のあるポビドンヨード配合のうがい薬をめぐり、
会員制交流サイト(SNS)などで批判の声が続出している
“インサイダー取引疑惑”について反論した。
インサイダー取引は不当に株を売買することだが、吉村知事は
「まずインサイダー取引というのは犯罪です。
ネット上で匿名とは言え、『インサイダー疑惑がある』とか
軽々には言わないほうがいい。注意されたほうがいい。
もちろん、インサイダー取引にはいっさい、関わりはない。
そんな事実はありえない。そもそも経済的な利益を得ようとして
知事をやっているわけではない」と、ぴしゃりと言い放った。(後略)』
(日刊スポーツ 2020年8月11日17時22分)
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202008110000598.html

今回のインサイダー疑惑については、
発表前の株価の動きなどを調べれば判ることなので
特に語ることはないのだが、
とにかく吉村知事は安易な企業連携が多い。

たとえば、ソフトバンクからの抗体検査キット
をはじめとする医療物資調達の話。

大阪大学等との連携による新型コロナワクチンの
治験に関する前のめりの政治主導。

新型コロナ第2波に備えて、「ぐるなび」を
はじめとしたICT企業との事業連携。

いずれにしても企業名が出るということは
企業にとって大きなPRのチャンスとなるだけに、
痛くもない腹を探られないように
公的な役職についておられる方ならば、
慎重の上にも慎重に取り組まれた方がいいだろう。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年8月10日 (月)

東京都の新規感染者197人

◆東京都で197人が感染 入院者数1682人は過去最多
(朝日新聞デジタル 8/10(月) 15:28配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/146ca0d9d6ec103e0f4accffad09fa5bc0e8b365

◆【速報】新型コロナ、国内での感染者は5万人超
(TBS NEWS 8/10(月) 16:32配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/d563dae1b8a436b745205d1ca861339b99ae5f0c

◆国内のコロナ感染、5万人超え 1週間で1万人増加
(KYODO 8/10(月) 18:31配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/8b89b0f9f09a601a82f901b4729e77d696b36909

これまで新型コロナの「新規感染者数」のみを
見出しに立てていたマスコミ各社が、
新規感染者数がピーク時から半減したら
「入院者数」や「感染者の国内累計」、
「1週間の増加数」などを見出しにして、
危機感を煽っている。

彼らは、「新型コロナで大変だ」と騒ぐことで、
国民にコロナ自粛を続けさせ、
日本経済を破滅させたいようだ。

それに協力するかのように
お盆の帰省を自粛させようとする都府県の知事や
消費税減税をつぶしたい財務省のために
逆に増税を叫ぶ政府税調。

日本には、日本を破壊したい日本人や
在日外国人が大勢いて
五月蠅く騒ぎ立てるために、
「いま日本にとって何が大切なのか」
が聞こえてこない。

できるだけ新型コロナウイルスに
感染しないように気をつけながら
普通の生活をし、
政府は損失が激しい企業への援助を厚くし、
消費税を当面の間ゼロにすればいい。

現在の状況がもう少し続くと、
企業はバタバタ倒産し始め、
それによる国家のダメージは
回復困難となる。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年8月 9日 (日)

PCR陽性者とコロナ患者

新型コロナに関して毎日発表される数字が、
「PCR陽性者(=感染者?)」と「コロナ患者(入院者)」の
どちらを示しているのかがよくわからない。

たとえば8月8日23時55分更新の
国内の「新型コロナ感染者の発生状況」は以下の通りである。

◆現在感染者数14,240(前日比+685)
◆新規感染者数 1,568(前日比− 37)
◆累計感染者数47,463
(データ提供:JX通信社/FASTALERT)
https://hazard.yahoo.co.jp/article/20200207

「現在感染者数」が何を示しているのかというと、
「累計感染者数から退院者数と死亡者数を減じた数値です」
とある。

ということは、ここでいう「感染者」というのは
病院に入院した「コロナ患者」のことになるだろう。

もし、症状のない「PCR陽性者」を含んでいたら、
「退院者数と死亡者数を減じた」だけでは、
「現在感染者数」はどんどん増えていってしまう。

しかし、ニュースなどで報じられる「感染者」は、
PCR陽性者のことを示していることが多い。

例えば、本日発表の
「大阪で195人感染」
https://news.yahoo.co.jp/articles/ba21dfb62e6beb1f0fea3b936abf9acca7490a12
「福岡県で8日 150人の感染を確認 新クラスターも(福岡県)」
https://news.yahoo.co.jp/articles/6e63c9798e8d5a11b24bff6228a44ab03262a1a7
「【速報】兵庫県で新たに48人の感染を確認 神戸市18人、尼崎市17人など」
https://news.yahoo.co.jp/articles/18e227027d4cd10f8ee5c4b06d32bc2989f1e1a4
という記事では、「感染者=PCR陽性者」
として扱われているはずだ。

「PCR陽性者」と「感染者」と「コロナ患者」は
厳密に使い分ける必要があると思うのだが、
数字を見ていたら混乱してきた。

何かひどい勘違いをしてたりして…。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年8月 8日 (土)

無症状者からの感染は本当か?

新型コロナがここまで厄介な病気と
認識されるようになったのは、
「無症状者からも感染する」ということが
当たり前のように言われてきたからだ。

僕も「本当なのかな?」
と疑問に思うことはあったが、
新型コロナはそれを前提として
拡大していったのである。

たとえば今日の「カラオケ大会で集団感染 石川」
という石川テレビの記事を見ても、
「カラオケ大会でクラスター、濃厚接触者39人」
と書かれているだけで、
そこに「熱のある人はいたのか?」とか、
「咳やくしゃみをしている人はいなかったのか?」
などにはまったく触れていない。

ところが、今日YouTubeを見ていて、
科学者の武田邦彦先生が、
「発症しなくても感染する」ことに
疑問を呈しておられた。
https://www.youtube.com/watch?v=z6bjFI4BjjM

一般的な風邪やインフルエンザでは、
ウイルスが体内に入って増殖すると、
発熱で免疫機能を高め、咳やくしゃみで
ウイルスを外に出そうとするが、
その段階で他人に感染させるようになる。

ところが、新型コロナでは発症していなくても
他人に感染させるということになっているが、
それは事実なのか、というわけだ。

そこで武田先生が、それについて書かれた
ドイツとイスラエルの論文を読んでみたら、
二つの問題があったという。

一つは「発症しなくても感染する」ということを
結論づけるようなものではなく、
この場合「発症していないときに感染したともいえる」
というような微妙な内容だったという。

もう一つは、それを証明する症例が1~2例しかなく、
武田先生に言わせれば、それは例外的なものであって、
「発症しなくても感染する」というような
これまでの常識を覆す内容にはなっていないというのだ。
https://www.youtube.com/watch?v=z6bjFI4BjjM

詳しくは動画で確認していただきたいが、
そこで武田先生が、「発症しなくても感染する」
と主張している他の専門家に確認したところ、
その専門家は論文を読んでいないという。

要するに、「発症しなくても感染する」
ということが、いつの間にか既成事実化され、
専門家でさえがそれに関する論文も読まずに、
他の人が言っているからというだけで
そう主張しているというのだ。

武田先生の言われていることを
全面的に信用するわけではないが、
最近の専門家と称する人たちの話を聞いていると、
そんなものなのかな、という気もする。

とにかく重大な問題なので、
事実を明確にしてもらいたいものだ。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年8月 7日 (金)

新型コロナはカゼという視点

『(前略)東京都が公開している情報を素直にみると
私にはメディアが報道しているような感染拡大には感じられません。
そうではなく「全国的に既に症状も出さずに人々に薄く広がって
蔓延している状況」だとすると一番スッキリします。
理由は、陽性率が低く一定で、重症者が増えていないことです。
発症していないウイルス保有者が一定数すでに存在するだけであれば、
PCRをやればやるほど一時的に粘膜に付着している
だけの人も含め、陽性者は増加します。
人知れず少数の陽性者が、日本中で再生産されては治癒して
消滅していると考えると辻褄が合います。(後略)』
(PRESIDENT ONLINE 2020.08.06)
https://president.jp/articles/-/37686?page=4

新型コロナの現在の状況を、
非常に分かりやすく説明されているので、
ぜひ全文読まれることをお勧めする。

いま日本では、全体の中の一部の現象である
「PCR陽性者の増加」のみを取り出して、
「大変だ!」と騒いでいるのだが、
陽性率は低く一定であり、
重症者も死者も増えていない。

要するにPCR陽性というウイルス保有者が、
生まれては自然に治癒して消えて行っている
というのが現在の状況なのだという。

筆者の大和田先生は、『新型コロナウイルスを
「日本では常在カゼウイルスの側面も持ち始めた」
と割り切る視点が必要になってくる』
と述べておられる。

そもそも「特に症状がなく、ウイルスがノドに
付着しているだけの人」を感染者としてカウントし、
その増減に一喜一憂していることに、
問題があるように思われる。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年8月 6日 (木)

イソジン流通から消える?

『いま医者仲間から急報。
僕らが手術に使うイソジンの消毒薬が全ての流通経路から失くなっている❗
買い占めて薄めてうがい薬に転用するつもりか。
イソジンは一番信頼できる一般的な消毒薬なんだ
買い占めを止めて速やかに供給しないと全国の手術現場の崩壊が起きる。
すぐに買い占めを止めなさい。』
(高須克弥氏のツイートより)
https://twitter.com/katsuyatakasu/status/1291342036205883393

店頭から商品が消えるのは分かるが、
なぜ流通ルートからも消えてしまうのだろう。

マスクも店頭から消えただけでなく、
病院関係の流通ルートからも無くなって
しまったのが不思議だった。

ある日突然、特定の商品が市場から消え、
手に入らなくなる。

日本の流通は、
日本人ではないどこかの誰かに
牛耳られてでもいるのだろうか?

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年8月 5日 (水)

イソジン吉村の嘘八百

『大阪府の吉村洋文知事は5日の記者会見で、
新型コロナウイルス対策で「ポビドンヨード」成分を含む
うがい薬の使用を呼び掛けた結果、全国で品切れが相次いだ
ことについて「予防効果があるということは一切ないし、
そういうことも言ってない」と釈明した。
吉村氏は4日、同成分の入ったうがい薬を使うことにより、
感染者の唾液からウイルスの陽性反応が出る頻度が低下したとする
研究成果を紹介。府民にうがい薬の使用も呼び掛けた。  
専門家からは効果に対して疑問の声も上がっているが、
吉村氏は「感染拡大防止にはかなり寄与する可能性がある。
うつすリスクが高い人はぜひ参考にしてほしい」と
使用の呼び掛けは撤回しなかった。』
(JIJI.COM 8/5(水) 17:24配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/10328f2c9034b0aa8c671d86098256b5e34785a9

今回のイソジンによるコロナウイルス減少効果は、
「イソジンでうがいをした人」と
「うがいをしない人」との比較だけで、
「水でうがいをした人」や「他の殺菌成分でうがいをした人」
との比較はしていないのだという。

「なんでイソジンだけやねん」という話。

しかも、今回の情報で確実に役立つのは、
「どうしてもPCR検査を受ける必要があって、
絶対に陽性になりたくない人」が、
検査の直前にイソジンでうがいをする
という方法が使えることだ。

また、今回のイソジン等の品薄の件で
イソジン吉村は、「国としてもこれを支援するという
回答を受けています」という嘘をついて
その場を取り繕おうとしたが、
西村大臣からは「承知していない」
と返されたという。

よくこれほどいい加減な人間に
知事の重責が務まるものだ。
https://sn-jp.com/archives/6508

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年8月 4日 (火)

イソジンでコロナ対策?

『大阪府と大阪市、府立病院機構大阪はびきの医療センター
(大阪府羽曳野市)は4日、新型コロナウイルスの感染者に
殺ウイルス効果のあるうがい薬でうがいをしてもらったところ、
唾液(だえき)の検査で陽性となる確率が
減ったとの研究結果を発表した。
肺炎などの重症化の予防につながる可能性があるとみて、
本格的な研究を始める。(後略)』
(朝日新聞DIGITAL 8/4(火) 19:10配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/80822ca17c9f95093835aaf594ac0488828996f4

ウイルスを消毒する効果のある
「イソジン」でうがいをすると、
唾液中のウイルス量が減少するのは
当たり前ではないか?

「イソジン」でうがいをした後、
PCR検査をして陽性率が下がるのは、
解熱剤を飲んで空港の検疫を
すり抜けるのとよく似ている。

要するに、どちらも根本的な
解決にはなっていない。

コロナウイルスは、
口・鼻・眼などから侵入する。

ウイルスは口の中、ノド、
さらにノドの奥、肺、鼻の奥、目などに
存在している。

その中の口とノドの表面を消毒したら、
唾液によるPCR検査では陰性になるかもしれないが、
ノドの奥や鼻の奥の検体を取って検査すれば、
陽性になる可能性が高いのではないか?

「イソジン」によるうがいを
無意味だとは言わないが、
「手洗い・うがい・マスクの使用」などは、
これまでも推奨されてきたわけで、
いま「イソジン」によるうがいを
とりたてて強調するのは
いかがなものか?

これも大阪モデルなんでしょうか?(笑)

 

応援のクリックをお願いします。

 

厚労省医官トップ交代

『厚生労働省は31日、
医系技官トップの鈴木康裕医務技監が退任し、
後任に福島靖正国立保健医療科学院長を充てる人事を発表した。
新型コロナウイルスへの対応に当たるさなか、
治療薬や検査体制への対応などで中心的存在を担ってきた
鈴木氏の交代には、治療薬候補「アビガン」の承認などをめぐる
首相官邸側の不満が背景にあるとの見方がくすぶる。
アビガンをめぐっては、安倍晋三首相が当初、
「5月中の承認を目指したい」と表明。
しかし、企業治験や臨床研究で有効性が確認されない中、
鈴木氏は「あくまで科学的に判断すべきだ」として、
早期承認に一貫して慎重姿勢を示してきた。
厚労省には薬害をめぐり強い批判にさらされた過去があり、
こうした苦い経験を踏まえたものだ。
(後略)』
(JIJI.COM 2020年07月31日16時33分)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020073101039&g=pol

ウソ情報を垂れ流す時事通信の記事だけに、
どこに真実があるのかはよく分からないが、
確実に間違っているのが下線部だ。

厚労省の過去の薬害事件は、
科学的知見を完全に無視し、
世界が薬害を防ぐために迅速に対応したのに、
厚労省は対応が大きく遅れたという不作為が
問題視されたのである。

1980年代の薬害エイズ事件は、
非加熱製剤によるHIV感染の被害が確認されてからも、
厚生省は加熱血液製剤を承認しようとせず、
その承認の遅延により血友病患者のHIV感染
という薬害を拡大させた。

また、妊婦が使用することで多数の奇形児を生み出した
1950-60年代のサリドマイド事件では、
厚生省の対応はさらにいい加減だった。

当時、海外で使用されている有名医薬品は
簡易な審査で良いという習慣があったが、
開発した西ドイツでも発売前であったにもかかわらず、
わずか1時間半の簡単な審査で承認したという。

そして1961年にレンツ博士によって
サリドマイドによる催奇形性の警告がなされ、
西欧諸国が販売停止・回収に奔走したにもかかわらず、
厚生省は「レンツ警告には科学的根拠がない」として、
新たに別の1社に製造承認を与えたのである。

1962年に日本でもサリドマイド児の症例が発表され、
西欧諸国から遅れること10カ月、
厚生省はようやく販売停止・回収を発表した。

この販売停止の遅れにより、
日本におけるサリドマイド被害は
倍増したのである。
http://www.gaiki.net/yakugai/ykd/lib/thalidomide_sato.pdf#search='%E3%82%B5%E3%83%AA%E3%83%89%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%89%E4%BA%8B%E4%BB%B6+%E5%8E%9A%E5%8A%B4%E7%9C%81%E3%81%AE%E4%B8%8D%E4%BD%9C%E7%82%BA'

海外で認められているアビガンの効果を無視し、
「あくまで科学的に判断すべきだ」とは
どの口が言うのだろう。

またギリアド・サイエンシズが承認申請した
世界初の新型コロナ治療薬「レムデシビル」を
わずか3日で承認したのは、
どのような科学的判断によるものか?

利権や天下りにしか興味がないクズ役人のくせに、
偉そうなことを言うのはやめてもらいたい。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年8月 2日 (日)

百田尚樹氏の頭の捩れ

『大阪府がTikTokとの提携をやめなければ、
大阪都構想を応援するのは考え直すことしよう。
愛する大阪を中国の植民地にはしたくないからね。』
(百田尚樹氏のツイートより2020年8月2日)
https://hosyusokuhou.jp/archives/48883858.html

百田尚樹氏は、橋下徹氏と激しくケンカしながら、
松井大阪市長や吉村大阪府知事を支持していることに、
疑問を持たないのだろうか?

彼らの基本的考え方は
橋下徹氏=松井大阪市長=吉村大阪府知事
と見て間違いない。

彼らの都構想や地方分権などの政策は、
地方の権力を強め、政府のグリップを弱めることで、
日本をバラバラにしようとするものだ。

いま中央官庁の力が強すぎることが、
日本国にとって大きな問題であることは間違いないが、
だからといって地方分権を進めれば
日本が良くなるとはとても思えない。

それは小池東京都知事、吉村大阪府知事、大村愛知県知事、
鈴木北海道知事、中村愛媛県知事、玉城沖縄県知事など
地方の首長の顔ぶれを見てもわかる。

こんな奴らに今以上に大きな権限を与えると
日本はどうなってしまうか…。

僕は以前から、百田氏や有本香氏が
吉村知事や松井市長を異常に持ち上げるのを
苦々しい思いで見ていた。

日本維新の会の胡散臭さは、
常識的な見る目があれば分かるからだ。

今頃「TikTokがどうした」と言っているのは、
ちょっとお寒いものを感じる。

大阪市が日本で最初にヘイトスピーチ条例を成立させた時点で、
彼らが反日であることくらいわかるだろう。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年8月 1日 (土)

PCR検査陽性とは何なのか?

今日の東京での新型コロナ新規感染者は472人で、
3日連続過去最多を更新したという。

ところで新型コロナ感染者とされる
PCR検査陽性とは
何を意味しているのだろう?

たとえばインフルエンザの場合、
ふだん出ないような高熱が出て、
それが数日続くと病院へ行って検査を受け、
インフルエンザ感染者となる。

高熱はインフルエンザ以外の理由も考えられるため、
検査は治療法を確定するために行われる。

症状のない人が感染者となることは
基本的にあり得ない。

しかしながら、新型コロナでは、
感染者の大多数が無症状なのだ。

インフルエンザで無症状の人が、
インフルエンザウイルスに全く感染していないか
といえば、そんなことはないと思う。

インフルエンザの流行期には、
多くの人が体内に多少のインフルエンザウイルスを
取り込んでいるのではないだろうか?

ところが、取り込んだウイルスの量が少ない、
抵抗力(自然免疫)が強い、すでに抗体を持っている
などの理由で発症しないだけではないか?

そして、インフルエンザにおいても、
そうした無症状の人が他人に感染させるということも
起こりうるのではないだろうか?

たとえば、無症状のインフルエンザウイルス保有者が
くしゃみをしたときに飛沫が他人に取り込まれ、
その人の抵抗力が弱かった場合などに
発症するなどということは有り得るのではないか?

以上の仮説が正しいとしたら、
無症状の新型コロナウイルス保有者が
増えたとか減ったとか騒いでいることが
とても奇妙なことのように思える。

問題は重症者や死者が出ているかどうかであって、
微熱や咳が止まらない程度のことは、
普通の風邪でも起こり得るのだ。

僕が知る限り、症状がないのに検査をし、
ウイルスが見つかったら隔離をするというのは
はじめて経験することだ。

症状がないのに検査をし、
隔離まではされなかったのがHIVだ。

これは飛沫や接触では感染しないから
当然ではある。

新型コロナは、武漢から医療現場の凄惨な映像が流され、
それがイタリア、スペイン、米国など世界中に広がり、
新聞・テレビからネットメディアまで連日、
大々的に報道したことで、
我々の心に強烈な恐怖感が植え付けられた。

しかしながら、
PCR検査をきめ細かく行ったところは被害が少なく、
日本のようにPCR検査をほとんど行わなかったところで
被害が広がったということもない。

いま日本はPCR検査の能力を拡大して検査数を増やし、
それに応じて陽性者も増加したが、
重症者や死者はほとんど増えていないという状況だ。

今、我々に必要なのは正しい情報である。

専門家と呼ばれる人々の意見は、
完全に四分五裂している。

マスクが有効という人、無意味という人。

飛沫に気をつけろという人、接触に気をつけろという人。

病院がガラガラだという人、逼迫しているという人。

人との接触を避けろという人、避ける必要なしという人。

アビガンが効くという人、分からないという人。

日本はすでに集団免疫を獲得しているという人、
これから第二波が来るという人。

専門家の意見がここまで分かれてしまうと、
素人の我々はどうしていいか分からない。

日本なら厚労省が、世界ではWHOが、
情報を精査して正しい意見を発信すべきだと思うが、
こうした公的機関が最も頼りないというところが
今回の新型コロナ問題を深刻にしている。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »