フォト

おすすめ本

  • 月刊will9月号
  • 月刊hanada9月号
  • 月刊正論9月号
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020
  • 地上最強の男
  • 習近平が隠蔽したコロナの正体

« 2020年7月 | トップページ

2020年8月

2020年8月 5日 (水)

イソジン吉村の嘘八百

『大阪府の吉村洋文知事は5日の記者会見で、
新型コロナウイルス対策で「ポビドンヨード」成分を含む
うがい薬の使用を呼び掛けた結果、全国で品切れが相次いだ
ことについて「予防効果があるということは一切ないし、
そういうことも言ってない」と釈明した。
吉村氏は4日、同成分の入ったうがい薬を使うことにより、
感染者の唾液からウイルスの陽性反応が出る頻度が低下したとする
研究成果を紹介。府民にうがい薬の使用も呼び掛けた。  
専門家からは効果に対して疑問の声も上がっているが、
吉村氏は「感染拡大防止にはかなり寄与する可能性がある。
うつすリスクが高い人はぜひ参考にしてほしい」と
使用の呼び掛けは撤回しなかった。』
(JIJI.COM 8/5(水) 17:24配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/10328f2c9034b0aa8c671d86098256b5e34785a9

今回のイソジンによるコロナウイルス減少効果は、
「イソジンでうがいをした人」と
「うがいをしない人」との比較だけで、
「水でうがいをした人」や「他の殺菌成分でうがいをした人」
との比較はしていないのだという。

「なんでイソジンだけやねん」という話。

しかも、今回の情報で確実に役立つのは、
「どうしてもPCR検査を受ける必要があって、
絶対に陽性になりたくない人」が、
検査の直前にイソジンでうがいをする
という方法が使えることだ。

また、今回のイソジン等の品薄の件で
イソジン吉村は、「国としてもこれを支援するという
回答を受けています」という嘘をついて
その場を取り繕おうとしたが、
西村大臣からは「承知していない」
と返されたという。

よくこれほどいい加減な人間に
知事の重責が務まるものだ。
https://sn-jp.com/archives/6508

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年8月 4日 (火)

イソジンでコロナ対策?

『大阪府と大阪市、府立病院機構大阪はびきの医療センター
(大阪府羽曳野市)は4日、新型コロナウイルスの感染者に
殺ウイルス効果のあるうがい薬でうがいをしてもらったところ、
唾液(だえき)の検査で陽性となる確率が
減ったとの研究結果を発表した。
肺炎などの重症化の予防につながる可能性があるとみて、
本格的な研究を始める。(後略)』
(朝日新聞DIGITAL 8/4(火) 19:10配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/80822ca17c9f95093835aaf594ac0488828996f4

ウイルスを消毒する効果のある
「イソジン」でうがいをすると、
唾液中のウイルス量が減少するのは
当たり前ではないか?

「イソジン」でうがいをした後、
PCR検査をして陽性率が下がるのは、
解熱剤を飲んで空港の検疫を
すり抜けるのとよく似ている。

要するに、どちらも根本的な
解決にはなっていない。

コロナウイルスは、
口・鼻・眼などから侵入する。

ウイルスは口の中、ノド、
さらにノドの奥、肺、鼻の奥、目などに
存在している。

その中の口とノドの表面を消毒したら、
唾液によるPCR検査では陰性になるかもしれないが、
ノドの奥や鼻の奥の検体を取って検査すれば、
陽性になる可能性が高いのではないか?

「イソジン」によるうがいを
無意味だとは言わないが、
「手洗い・うがい・マスクの使用」などは、
これまでも推奨されてきたわけで、
いま「イソジン」によるうがいを
とりたてて強調するのは
いかがなものか?

これも大阪モデルなんでしょうか?(笑)

 

応援のクリックをお願いします。

 

厚労省医官トップ交代

『厚生労働省は31日、
医系技官トップの鈴木康裕医務技監が退任し、
後任に福島靖正国立保健医療科学院長を充てる人事を発表した。
新型コロナウイルスへの対応に当たるさなか、
治療薬や検査体制への対応などで中心的存在を担ってきた
鈴木氏の交代には、治療薬候補「アビガン」の承認などをめぐる
首相官邸側の不満が背景にあるとの見方がくすぶる。
アビガンをめぐっては、安倍晋三首相が当初、
「5月中の承認を目指したい」と表明。
しかし、企業治験や臨床研究で有効性が確認されない中、
鈴木氏は「あくまで科学的に判断すべきだ」として、
早期承認に一貫して慎重姿勢を示してきた。
厚労省には薬害をめぐり強い批判にさらされた過去があり、
こうした苦い経験を踏まえたものだ。
(後略)』
(JIJI.COM 2020年07月31日16時33分)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020073101039&g=pol

ウソ情報を垂れ流す時事通信の記事だけに、
どこに真実があるのかはよく分からないが、
確実に間違っているのが下線部だ。

厚労省の過去の薬害事件は、
科学的知見を完全に無視し、
世界が薬害を防ぐために迅速に対応したのに、
厚労省は対応が大きく遅れたという不作為が
問題視されたのである。

1980年代の薬害エイズ事件は、
非加熱製剤によるHIV感染の被害が確認されてからも、
厚生省は加熱血液製剤を承認しようとせず、
その承認の遅延により血友病患者のHIV感染
という薬害を拡大させた。

また、妊婦が使用することで多数の奇形児を生み出した
1950-60年代のサリドマイド事件では、
厚生省の対応はさらにいい加減だった。

当時、海外で使用されている有名医薬品は
簡易な審査で良いという習慣があったが、
開発した西ドイツでも発売前であったにもかかわらず、
わずか1時間半の簡単な審査で承認したという。

そして1961年にレンツ博士によって
サリドマイドによる催奇形性の警告がなされ、
西欧諸国が販売停止・回収に奔走したにもかかわらず、
厚生省は「レンツ警告には科学的根拠がない」として、
新たに別の1社に製造承認を与えたのである。

1962年に日本でもサリドマイド児の症例が発表され、
西欧諸国から遅れること10カ月、
厚生省はようやく販売停止・回収を発表した。

この販売停止の遅れにより、
日本におけるサリドマイド被害は
倍増したのである。
http://www.gaiki.net/yakugai/ykd/lib/thalidomide_sato.pdf#search='%E3%82%B5%E3%83%AA%E3%83%89%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%89%E4%BA%8B%E4%BB%B6+%E5%8E%9A%E5%8A%B4%E7%9C%81%E3%81%AE%E4%B8%8D%E4%BD%9C%E7%82%BA'

海外で認められているアビガンの効果を無視し、
「あくまで科学的に判断すべきだ」とは
どの口が言うのだろう。

またギリアド・サイエンシズが承認申請した
世界初の新型コロナ治療薬「レムデシビル」を
わずか3日で承認したのは、
どのような科学的判断によるものか?

利権や天下りにしか興味がないクズ役人のくせに、
偉そうなことを言うのはやめてもらいたい。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年8月 2日 (日)

百田尚樹氏の頭の捩れ

『大阪府がTikTokとの提携をやめなければ、
大阪都構想を応援するのは考え直すことしよう。
愛する大阪を中国の植民地にはしたくないからね。』
(百田尚樹氏のツイートより2020年8月2日)
https://hosyusokuhou.jp/archives/48883858.html

百田尚樹氏は、橋下徹氏と激しくケンカしながら、
松井大阪市長や吉村大阪府知事を支持していることに、
疑問を持たないのだろうか?

彼らの基本的考え方は
橋下徹氏=松井大阪市長=吉村大阪府知事
と見て間違いない。

彼らの都構想や地方分権などの政策は、
地方の権力を強め、政府のグリップを弱めることで、
日本をバラバラにしようとするものだ。

いま中央官庁の力が強すぎることが、
日本国にとって大きな問題であることは間違いないが、
だからといって地方分権を進めれば
日本が良くなるとはとても思えない。

それは小池東京都知事、吉村大阪府知事、大村愛知県知事、
鈴木北海道知事、中村愛媛県知事、玉城沖縄県知事など
地方の首長の顔ぶれを見てもわかる。

こんな奴らに今以上に大きな権限を与えると
日本はどうなってしまうか…。

僕は以前から、百田氏や有本香氏が
吉村知事や松井市長を異常に持ち上げるのを
苦々しい思いで見ていた。

日本維新の会の胡散臭さは、
常識的な見る目があれば分かるからだ。

今頃「TikTokがどうした」と言っているのは、
ちょっとお寒いものを感じる。

大阪市が日本で最初にヘイトスピーチ条例を成立させた時点で、
彼らが反日であることくらいわかるだろう。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年8月 1日 (土)

PCR検査陽性とは何なのか?

今日の東京での新型コロナ新規感染者は472人で、
3日連続過去最多を更新したという。

ところで新型コロナ感染者とされる
PCR検査陽性とは
何を意味しているのだろう?

たとえばインフルエンザの場合、
ふだん出ないような高熱が出て、
それが数日続くと病院へ行って検査を受け、
インフルエンザ感染者となる。

高熱はインフルエンザ以外の理由も考えられるため、
検査は治療法を確定するために行われる。

症状のない人が感染者となることは
基本的にあり得ない。

しかしながら、新型コロナでは、
感染者の大多数が無症状なのだ。

インフルエンザで無症状の人が、
インフルエンザウイルスに全く感染していないか
といえば、そんなことはないと思う。

インフルエンザの流行期には、
多くの人が体内に多少のインフルエンザウイルスを
取り込んでいるのではないだろうか?

ところが、取り込んだウイルスの量が少ない、
抵抗力(自然免疫)が強い、すでに抗体を持っている
などの理由で発症しないだけではないか?

そして、インフルエンザにおいても、
そうした無症状の人が他人に感染させるということも
起こりうるのではないだろうか?

たとえば、無症状のインフルエンザウイルス保有者が
くしゃみをしたときに飛沫が他人に取り込まれ、
その人の抵抗力が弱かった場合などに
発症するなどということは有り得るのではないか?

以上の仮説が正しいとしたら、
無症状の新型コロナウイルス保有者が
増えたとか減ったとか騒いでいることが
とても奇妙なことのように思える。

問題は重症者や死者が出ているかどうかであって、
微熱や咳が止まらない程度のことは、
普通の風邪でも起こり得るのだ。

僕が知る限り、症状がないのに検査をし、
ウイルスが見つかったら隔離をするというのは
はじめて経験することだ。

症状がないのに検査をし、
隔離まではされなかったのがHIVだ。

これは飛沫や接触では感染しないから
当然ではある。

新型コロナは、武漢から医療現場の凄惨な映像が流され、
それがイタリア、スペイン、米国など世界中に広がり、
新聞・テレビからネットメディアまで連日、
大々的に報道したことで、
我々の心に強烈な恐怖感が植え付けられた。

しかしながら、
PCR検査をきめ細かく行ったところは被害が少なく、
日本のようにPCR検査をほとんど行わなかったところで
被害が広がったということもない。

いま日本はPCR検査の能力を拡大して検査数を増やし、
それに応じて陽性者も増加したが、
重症者や死者はほとんど増えていないという状況だ。

今、我々に必要なのは正しい情報である。

専門家と呼ばれる人々の意見は、
完全に四分五裂している。

マスクが有効という人、無意味という人。

飛沫に気をつけろという人、接触に気をつけろという人。

病院がガラガラだという人、逼迫しているという人。

人との接触を避けろという人、避ける必要なしという人。

アビガンが効くという人、分からないという人。

日本はすでに集団免疫を獲得しているという人、
これから第二波が来るという人。

専門家の意見がここまで分かれてしまうと、
素人の我々はどうしていいか分からない。

日本なら厚労省が、世界ではWHOが、
情報を精査して正しい意見を発信すべきだと思うが、
こうした公的機関が最も頼りないというところが
今回の新型コロナ問題を深刻にしている。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 2020年7月 | トップページ