フォト

おすすめ本

  • ここまでわかった新型コロナ
  • 天皇家百五十年の戦い
  • 2021年世界の真実
  • 天皇の国史

« 全世界からの入国一部解禁? | トップページ | 菅政権への疑念 »

2020年9月25日 (金)

WHOはチャイナの宣伝機関

『世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は、
「新型コロナウイルスの大流行を収束させ、
世界経済の再生加速を実現させる最もスピーディな方法は、
新型コロナウイルスのワクチン接種を
確実に保証することに他ならない」としている。
また、WHO主任科学者のソーミャ・スワミネイサン
(Soumya Swaminathan)氏は、
「中国の新型コロナワクチンの研究開発プロジェクトは
非常に活発で、一部のワクチンは現在臨床試験段階にあり、
すでにその有効性が証明されている」と発言している。
新華網アプリが伝えた。』
(人民網日本語版 2020年9月24日)
http://j.people.com.cn/n3/2020/0924/c94638-9763908.html

自民党の二階幹事長にしてもそうだけど、
チャイナに取り込まれた人たちって、
自分たちの発言がどう受け取られるかということを
全く考えない特徴がある。

いまWHOがこうした発言をして、
「ではチャイナのワクチンを接種しよう」
という人がどれだけいるだろう?

「WHOはチャイナの宣伝機関」
「国際的な公的機関として問題がある」
というような批判が起こることは
気にならないのだろうか?

とりあえず7,000人を超えるという
WHOの職員全員がチャイナのコロナワクチンを接種し、
自ら範を示してもらいたい。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 全世界からの入国一部解禁? | トップページ | 菅政権への疑念 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 全世界からの入国一部解禁? | トップページ | 菅政権への疑念 »