フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 歯科を週1回受診する暇人 | トップページ | 詐欺や泥棒の犯罪天国 »

2020年9月 4日 (金)

安倍政権を評価する71%

『朝日新聞社が2、3日に実施した世論調査(電話)で、
第2次安倍政権の7年8カ月の実績評価を聞くと、
「大いに」17%、「ある程度」54%を合わせて、
71%が「評価する」と答えた。
「評価しない」は、「あまり」19%、「全く」9%
を合わせて28%だった。(中略)
安倍首相の政策の中で、評価する政策を選んでもらうと、
「外交・安全保障」の30%が最も多かった。
「経済」24%、「社会保障」14%、「憲法改正」は5%だった。
「評価する政策はない」は22%だった。』
(朝日新聞デジタル 2020年9月3日 22時30分)
https://www.asahi.com/articles/ASN937F3RN92UZPS005.html

安倍政権が国内問題に比べて、
外交で大きな成果を挙げることができたのは、
反日野党や反日メディアによって邪魔されることが
比較的少なかったからだと思う。

あれほどの大政治家をもってしても、
野党の審議拒否には勝てないのだ。

今後、国内問題を前に進めていくためには、
反日野党や反日メディアに対して
毅然とした対応をとっていくことが必要だろう。

偏向報道には注文を付け、
ネットや右派メディアを使って
正しい情報発信を強力に展開する。

野党に8割の質問機会を与えるなど
無能集団に対する馬鹿げた気遣いはやめ、
審議拒否などは無視し、
参加政党のみで粛々と審議を進める。

「野党に審議に応じてもらっている」
というような卑屈な態度を改め、
異常な国会を正常化する。

とにかく日本の国会は、
幼稚な反日野党のやり放題で、
国権の最高機関があのレベルでは、
子供の教育にも極めて大きな
悪影響を及ぼす。

まずは国民に選ばれた議員で構成する
国会を正常化し、
次に利権集団に堕ちた官僚機構を正し、
まともな判断力をなくした裁判官を
根本から立て直す。

立法・行政・司法がまともに機能しないと、
民主主義社会はいずれ崩壊する。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 歯科を週1回受診する暇人 | トップページ | 詐欺や泥棒の犯罪天国 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歯科を週1回受診する暇人 | トップページ | 詐欺や泥棒の犯罪天国 »