フォト

おすすめ本

  • ここまでわかった新型コロナ
  • 天皇家百五十年の戦い
  • 2021年世界の真実
  • 天皇の国史

« 初の日中首脳電話会談は25日に | トップページ | WHOはチャイナの宣伝機関 »

2020年9月23日 (水)

全世界からの入国一部解禁?

『政府は来月初めにも、全世界からの新規入国の受け入れを
一部再開する方向で検討に入った。
ビジネス関係者に限らず、3カ月以上の中長期の滞在者を
主な対象とし、観光客は除外する。
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、2週間待機などの
条件を課し、入国枠も最大「1日1千人」程度に絞る。
そのなかで外国人留学生の入国も全面解禁する。
複数の政府関係者への取材でわかった。(後略)』
(朝日新聞デジタル 9/23(水) 5:00配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/fd8e3380eb97c55efab68a6d34e71dff5084818c

早朝配信の記事だったので、
朝日新聞のフェイクニュースかと思ったのだが、
夕方にはNHKも報道していたし、
官房長官も会見で触れていたようだった。

新規陽性者約200名、現在重症者約20数名、
一日の死者数はゼロの日もある東京からの移動、
および東京への移動をつい数日前まで制限していたのに、
いまだ新型コロナの嵐が吹き荒れている世界から
なぜ入国を解禁するのだろう。

このままいくと、年内は日本人観光客で
国内の観光地が賑わうだろうに、
外国人を入れるとまた新規陽性者が
増えかねない。

新規陽性者が増えれば、
それが日本国民であろうと、外国人であろうと、
一緒にして合計し、
「感染者が増えたから自粛強化」
ということになってしまう。

さらには外国から変異ウイルスがもたらされ、
日本でコロナ患者が爆増する可能性も
ないではない。

「2週間待機などの条件」は
単なる要請に過ぎないし、
「最大1日1千人」の入国枠など
守られるとは思えない。

なぜ、いま「全世界からの入国解禁」なのか?
まったく理由が分からない。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 初の日中首脳電話会談は25日に | トップページ | WHOはチャイナの宣伝機関 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初の日中首脳電話会談は25日に | トップページ | WHOはチャイナの宣伝機関 »