フォト

おすすめ本

  • ここまでわかった新型コロナ
  • 天皇家百五十年の戦い
  • 2021年世界の真実
  • 天皇の国史

« 栃木コロナ感染者60%超外国人 | トップページ | 初の日中首脳電話会談は25日に »

2020年9月21日 (月)

東京の新規コロナ感染者98人

『東京都は21日、新型コロナウイルスの感染者が
新たに98人報告されたと明らかにした。
累計は2万4306人となった。20日は162人だった。  
都内の感染者は8月上旬のピーク時に400人台に達した。
中旬以降は緩やかな減少傾向から横ばいとなっている。』
(SANKEI NEWS 9/21(月) 15:20配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/1ca7a2e89140b7ccf62d14bc31f500a0d683ab26

今日のテレビでコロナ感染者の速報は
流れたのだろうか?

つい最近も、緊急速報のチャイム音がして、
「何事か」とテレビを見たら、東京の新規感染者が百数十人
というテロップが流れただけだった。

ポストコロナとか、ウィズコロナとか、
テレビでは相変わらずコロナ禍が
永遠に続くかのように報じているが、
欧米で起こっていることと、
日本をはじめとする東アジアで起こっていることの
相違については誰も説明しようとしない。

唯一、京都大学大学院特定教授の上久保靖彦氏が、
「日本人はすでに集団免疫を獲得している」
という説を唱えておられるが、
そうしたことは地上波等ではほとんど報道されない。

いつまでも「新規感染者数」ばかりが報じられ、
死者や重症者が増えたとか、海外での再流行など
恐怖を煽る報道が続いている。

ここ数日のブログで書いた通り、
日本国内における外国人感染者の割合も
テレビでは報じられないし、
我々が本当に知りたい事実は
知ることができないのである。

現在日本で起こっていることを冷静に見れば、
手洗い・うがい・マスクなどの基本的な衛生習慣を守れば、
過度な自粛など全く不要であることが分かるはずだ。

それを初期に武漢で起こったことや、
欧米での感染爆発を繰り返し見せることで
ただ恐怖心を煽り、日本国民に無用な自粛を
強いているように感じる。

この4連休の後、少しでも感染者数が増えたら、
メディアは大喜びで感染拡大を報じ、
気の緩みがどーの、若者の行動がどーの、
と大騒ぎを始めるだろう。

しかしながら2~3日で感染者が
倍増していくオーバーシュートや
重症者の増加による医療崩壊が起きない限り、
過度に恐れる必要はない。

新型コロナ騒動が起こってから半年以上が経ち、
コロナ患者の事例も多数に上っているのだから、
政府は日本国民を脅し、自粛を強いるだけではなくて、
日本人の重症患者や死者が欧米に比べてなぜ極端に少ないのか、
日本国民はどういう対策をとればいいのかなど
政府としての公式見解を示すべきだろう。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 栃木コロナ感染者60%超外国人 | トップページ | 初の日中首脳電話会談は25日に »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 栃木コロナ感染者60%超外国人 | トップページ | 初の日中首脳電話会談は25日に »