フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 大阪市廃止反対上回る | トップページ | 45人コロナ感染32人外国籍 »

2020年10月26日 (月)

家畜盗難はベトナム人

『今年夏から秋にかけて群馬県などの北関東で
家畜が相次ぎ盗まれた事件で、
同県太田市に住むベトナム人ら19人が
関与した疑いがあることがわかり、
群馬県警は26日、入管難民法違反などの容疑で、
このうち2人を逮捕し、
太田市新田上中町の貸家2棟を家宅捜索した。
県警は、この2棟を家畜盗難事件の関連先とみて、
家畜を盗んだ疑いでも調べる。(後略)』
(SANKEI NEWS 2020.10.26 12:31)
https://www.sankei.com/affairs/news/201026/afr2010260006-n1.html

生活習慣も倫理観も全く異なる外国人を
無制限に受け入れていれば、
妙な事件が頻発するのは避けられない。

ヨーロッパ諸国で起こっている国家破壊が、
この日本でも本格的に起きつつあり、
今が後戻りをする最後のチャンスではないかと思うが
政府や経団連にその気はなさそうだ。

すでにお隣の韓国やチャイナからは
大量の移民が流入し、
アジア各国や南米、アフリカなど多様な地域からの
移民労働者も増えつつある。

国ごとに犯罪の傾向は異なり、
地域住民への迷惑のかけ方も異なるだろうが、
毅然とした態度を取りにくい日本人の性格からいって、
問題解決は困難だろう。

このままいけば数十年後の日本は
どうなっているだろうと想像すると
暗澹たる気分になる。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 大阪市廃止反対上回る | トップページ | 45人コロナ感染32人外国籍 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大阪市廃止反対上回る | トップページ | 45人コロナ感染32人外国籍 »