フォト

おすすめ本

  • ここまでわかった新型コロナ
  • 天皇家百五十年の戦い
  • 2021年世界の真実
  • 天皇の国史

« 学問の自由は守られてきたか? | トップページ | 無職の外国人がなぜ日本にいるのか? »

2020年10月11日 (日)

不法残留者が強盗致傷

『中国籍の女性(32)に暴行し、現金300万円などを奪ったとして、
警視庁組織犯罪対策2課は、強盗致傷などの疑いで、中国籍の無職、
程進発(てい・しんはつ)容疑者(31)=葛飾区東新小岩、
入管難民法違反(不法残留)容疑で逮捕=を再逮捕した。
程容疑者は「お金がほしくてやった」などと容疑を認めている。(後略)』
(SANKEI NEWS 2020.10.8 15:35)
https://www.sankei.com/affairs/news/201008/afr2010080021-n1.html

入管難民法違反の不法残留者が、
日本で普通に生活できることが
恐ろしい。

即座に強制退去させるか、
どこかに留置しておけないのだろうか?

そうしておけば、
少なくとも今回の犯罪は
避けられた。

『仲間と共謀して
ハンマーで女性の後頭部を殴り、
銀金300万円を奪う』など
犯行は荒っぽく、悪質だ。

こんな外国人が、今の日本に
大量に生息しているかと思うと
暗澹たる気分になる。

菅総理は就任早々
2030年インバウンド6,000万人を
掲げていたし、こうした状況は
今後さらに酷くなるんでしょうね。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 学問の自由は守られてきたか? | トップページ | 無職の外国人がなぜ日本にいるのか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 学問の自由は守られてきたか? | トップページ | 無職の外国人がなぜ日本にいるのか? »